« 大川端・佃島周辺を散策する part9 晴海埠頭から東京国際見本市会場跡へ | トップページ | 209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part6 »

2022年7月18日 (月)

209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part5

209系500番台、10両編成17本製造された中で、513~515編成は武蔵野線M71~M73編成になり、517編成は今もってケヨ34編成としてE233系5000番台のなかにあって孤軍奮闘しています。ラシ51~55編成として習志野電車区に配置、2003年12月に同電車区の廃止で三鷹電車区に転属となり、ミツ501~505編成として活躍してきた編成は2017年11月から2019年6月にかけ、山手線で活躍していたE231系500番台の転入により、三鷹車両センターから、川越車両センターに転属となります。

5155

川越車両センターで八高・川越線用に活躍していた205系3000番台(ハエ81~85)編成を置き換えるための転出で、10両編成から両端クハとモハ1ユニットを残し、残り6両は廃車とし、機器更新をしたうえで209系3500番台ハエ51~55編成となっての異動でした。モハユニットはそれぞれの編成から奇数・若番のユニットが廃車となりました。

2093500-51-1805212093500-51-180521-4 2018/5/21 拝島 ハエ51編成

2093500-52-180601

2093500-52-180601-2

2018/6/1 高麗川 ハエ52編成

2093500-53-220521 2022/5/21 八王子 ハエ53編成

2093500-54-210731 2021/7/31 八王子 ハエ54編成

2093500-55-210212-2 2021/2/12 八王子 ハエ55編成

51~53編成のクハ208-3501~3503には線路モニタリング装置(軌道材料・変位)モニタリング装置が搭載され、すべての編成車両に半自動ドアスイッチが取り付けられました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 大川端・佃島周辺を散策する part9 晴海埠頭から東京国際見本市会場跡へ | トップページ | 209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part6 »

電車209系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大川端・佃島周辺を散策する part9 晴海埠頭から東京国際見本市会場跡へ | トップページ | 209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part6 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村