« 2022年夏 名古屋遠征 小田原駅で伊豆箱根鉄道大雄山線車両撮影 他 | トップページ | 大川端・佃島周辺を散策する part11 築地場外市場から、浜離宮恩賜庭園へ »

2022年8月18日 (木)

2022年夏 名古屋遠征 沼津にて313系8500番台と遭遇

小田原から熱海へ、熱海では4分の接続ですが、到着ホームの向かい側に停車している221系に乗車。この電車1435Mは沼津で三島を8:27に発車し、沼津で10分停車している945M豊橋行に乗り継ぐことができます。ただ沼津の1435Mの到着ホームは3番線(折り返し上りホーム)、945Mは2番線に停車しているので、跨線橋もしくは地下道を通っての乗り換えとなります(沼津駅の線路構成図)。

3138000-s5-220802-2 2022/8/2 沼津 御殿場線ホームに入線していた313系8500番台 S5編成

ちょうどこの乗り換えの際に御殿場線が発着する5番線に3月のダイヤ改正で中央西線からコンバートされた313系8500番台S5編成が入線しており、撮影することができました。313系8500番台は6編成ありますが、東海道線で今回の旅で見かけた編成はこのS5編成と豊橋に到着直前にすれ違った編成だけでした。

2115000-ll14-220802 静岡に到着した945M

373-f9-220802 静岡 上り線ホームには9:45発4003M 特急「ふじかわ5号」 373系F9編成

これまでも東海道線を18切符で旅することはありましたが、沼津から豊橋まで1本の列車というのは初めての経験でした。この列車、211系5000番台LL14編成3連と313系2500番台T2編成3連の6連ですが、三島~浜松間は6連で運行されますが、浜松で313系は切り落とされ211系3連のみが豊橋まで運行されます。途中、長時間停車するのは沼津の10分、静岡の4分、浜松の10分です。

2115000-ll14-220802_20220817123701 浜松では切り離し作業の関係で10分停車となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

 

« 2022年夏 名古屋遠征 小田原駅で伊豆箱根鉄道大雄山線車両撮影 他 | トップページ | 大川端・佃島周辺を散策する part11 築地場外市場から、浜離宮恩賜庭園へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車313系」カテゴリの記事

電車211系」カテゴリの記事

電車373系」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 お早うございます。各駅停車の旅良いですね。最近はすぐ新幹線に頼ってしまい情けない私です。沼津は三島から伊豆箱根で入っていく畑毛温泉に時々行くので、宿泊の前に沼津漁港で魚を食べるために降りる駅です。その昔は特急こだまも停車していたので長いホームですね。今は3両から6両位の電車が普通になってしまい鄙びた雰囲気ですが、それも「強者どもの夢の跡」で好きです。さて313系8000番台が静岡地区にやってきて地元では大歓迎らしいです。今まではトイレもなくロングシートの車だらけだったところにまさに救世主です。私はスタイル的には311系が好きです。恐らくご紹介なされると思います。期待しています。今夜から高知での集会に参加のためまずはサンライズに乗ります。久しぶりで楽しみです。

細井忠邦さま、おはようございます。

沼津は昨年の暮れにも18切符の旅で訪問し、港まで行ってきました。新鮮な海の幸を味わうには良いところですし、浜を歩いて富士を眺めるのも良いですね。

サンライズで四国、高知ですか。うらやましいです。指定券は問題なく入手できましたか?

B767-281様こんにちは。サンライズ大変な人気ですね。丁度ひと月前10時ジャストで取ることができました。満席でした。同じ集会に出る仲間もこれに乗ってきた人が、何人かいてビックリしました。

細井忠邦さま、おはようございます。

早速情報ありがとうございます。今でも、そしてコロナの第7波と言われる状況でもサンライズ瀬戸の指定券はあっという間に満席という状況なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年夏 名古屋遠征 小田原駅で伊豆箱根鉄道大雄山線車両撮影 他 | トップページ | 大川端・佃島周辺を散策する part11 築地場外市場から、浜離宮恩賜庭園へ »

カテゴリー

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村