« 2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part1 G1~G5編成 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part3 G14/G15編成 »

2022年8月30日 (火)

2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part2 G6~G13編成

311系の第2次編成として1989年度後期に製造されたG6~G13編成からは先頭車前面の列車番号表示器が省略され、車外放送用スピーカーの取り付け位置が車体吹き寄せ部から屋根上冷房装置カバー内に移動となりました。そのためかカバー側面のスリットの形状が変更されました。内装の色も変更され、G5編成までは貫通扉の色はクリーム色でしたが、G6編成からはダークグリーン色に、天井中央部の色もG5編成までは灰色、G6編成からは内装の化粧板に合わせた色となりました。

311-9210211992/10/21 金山 編成番号は分かりませんがG6以降の編成 時期的に集約分散式C-AU711Dを先頭車も搭載していた頃。1996年度までに先頭車の冷房装置は能力の大きいC-AU713に変更されました。

311-g6-080904-2
2008/9/4 名古屋 G6編成 前面向かって左上の列車番号表示器が無くなりました。

311-g7-090323
2009/3/23 笠寺 G7編成

311-g8-080904 2008/9/4 名古屋電留線 G8編成 315系の投入で2022年5月に廃車となりました。

311系は車内の客席をすべてクロスシートにしており、出入口脇と車端部は固定式、それ以外は転換式でシートピッチは910mm、ドア間に6列、車端部に2列配置されています。このシートは213系5000番台のシートを基本にシートバックの高さを約30mm高くし、座り心地の改良を図ったもので、車内照明もカバー付きで客室全長に亘るよう配慮されています。

311-g9-050705-2
2005/7/5 枇杷島 G9編成 菱形パンタ時代

Dsc01331 2022/8/5 名古屋 G9編成 朝一番の大垣行編成に併結され入線、ホーム上で切り離され豊橋行に

311-g10-090323-2 2009/3/23 名古屋 G10編成

トイレはクハ310に設置され、和式でトイレの外壁側面には当時JR普通車両では初となるテレホンカード式公衆電話が設置されていました。その後、携帯電話の普及で2007年3月のダイヤ改正で使用停止となり、撤去されました。屋上のアンテナは残されました。

311-g11-050705 2005/7/5 枇杷島 G11編成

311-g12-0903252009/3/25 笠寺 G12編成 この編成もG8編成と共に315系投入で2022年5月に廃車となりました。

311-g13111225-2

2011/12/25 笠寺 G13編成

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part1 G1~G5編成 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part3 G14/G15編成 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車311系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part1 G1~G5編成 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 JR東海 廃車が始まった311系 part3 G14/G15編成 »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村