« だいぶ時間が経ってしまいましたが、西武鉄道2000系6連 2027Fが廃車されました。 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 4 弥富~津島 »

2022年11月15日 (火)

2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 3 須ヶ口~津島~弥富

名鉄線、ほぼ乗りつくしの旅、須ヶ口からは津島線・尾西線方面、6:08発の普通電車で弥富に向かいました。

Dsc005202022/8/3 須ヶ口 車両は3150系2連3171Fと3500系4連3511Fの併結による6連でした。

津島線は須ヶ口から津島まで11.8km、駅数8駅(起終点駅を含め)の路線で全線複線です。1914年1月23日名古屋電気鉄道により開業しました。当初は一ノ宮~弥富間を開業していた尾西鉄道の津島駅とは別に新津島駅までの開業でした。尾西鉄道は1898年4月3日に弥富~津島間を開業し、その後、津島~森上~萩原と延伸し、1900年1月24日には一ノ宮まで開業しましたが、1925年8月1日、尾西鉄道の鉄道部門は名古屋鉄道に譲渡され、津島駅が津島線の終点となり、新津島駅は津島駅に統合されました。尾西鉄道が鉄道部門を手放さなければならなくなったのは名古屋電気鉄道により津島線が開業し、弥富から関西鉄道経由や一ノ宮から東海道経由で津島と名古屋を結んでいた尾西鉄道の路線が著しく不利になったからとされています。

Dsc00529 津島線内 前面展望 青塚~勝幡間 3300系

Dsc00530 6:24 津島線終点 津島駅到着 同列車は引き続き弥富まで運転

津島は関東の人間にはあまりなじみのない土地ですが、鎌倉時代、木曽三川を渡り、尾張と伊勢を結ぶ要衝「津島湊」として発展した土地です。戦国時代には織田信定がこの地を抑え、信長までの織田氏三代の経済的基盤はこの地で築かれました。湊は1785年の治水工事で埋め立てられ、明治期は繊維産業が発展し、東洋紡績の津島工場などがありました。

津島~弥富間は名鉄一宮方面と弥富を結ぶ尾西線になります。同区間は8.2km、駅数5駅です。名鉄としては最古の路線で開業は上記の通り1894年4月3日で、尾西鉄道により開業しました。当初はアメリカのブルックス社から購入した蒸気機関車による運転でした。

Dsc00531 日比野駅付近 6500系

Dsc00532 尾西線内 前面展望 佐屋付近 6500系後期タイプ

Dsc00533 複線は佐屋駅まで。佐屋駅を出発すると単線になりますが、その際のポイントはスプリングポイントになっています。

Dsc00535 6:35、須ヶ口駅から11駅、27分で弥富駅に到着。

津島~弥富間の列車はすべて津島線に直通運転しており、佐屋~津島間には特急、急行、準急が運行されており、西尾線吉良吉田まで直通しています。
ホームは2面、3線の構造で2番線の反対側の3番線に名鉄が乗り入れる共同使用駅となっています。

弥富駅の詳細については明日以降の記事で。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« だいぶ時間が経ってしまいましたが、西武鉄道2000系6連 2027Fが廃車されました。 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 4 弥富~津島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

路線について」カテゴリの記事

民鉄:名古屋鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« だいぶ時間が経ってしまいましたが、西武鉄道2000系6連 2027Fが廃車されました。 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 4 弥富~津島 »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村