« 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 61 車両編 パノラマカーシリーズ その4 5700・5300系の登場と7000系一族の終焉 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 62 車両編 6500系の後継者、3500系 その1 »

2023年2月24日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その4 JA8112・JA8115・JA8116

日本航空がかつて運航したクラッシックジャンボジェットのシリーズ、今回は-146Aの5~7号機目にあたるJA8112/JA8115/JA8116、3機の話題です。

Ja8112-jal-b747146a-cn20528-ln-191-92061 1992/6/14 cn20528/ln191 JA8112  国内線運用に入り羽田B滑走路に着陸するJA8112 (京浜島から)

JA8112 cn20528 ln1911972年6月14日に登録され、1993年6月22日までJALで活躍しました。この機体は1980年代のチートラインの入った塗装でリタイアしており、ホワイトベースの塗装にはならなかったのかと思います。1991年頃はJAAに貸し出され、垂直尾翼の鶴丸塗装をJAAと斜め書きした塗装で飛んでいました。

1974年5月31日、同機がJL61便としてハワイ・ホノルル国際空港から東京国際空港に向けて運航中の現地時間13時43分頃、乗客1名が心筋梗塞で死亡する事故がありました。

抹消後はN704CKとなり、アメリカン・インターナショナル・エアウエイズを経て、同じレジのままサウジアラビア航空に1994年1月から3月までリース、一旦、アメリカン・インターナショナル・エアウエイズに戻り、再びサウジアラビア航空で1996年3月まで活躍、1999年2月まではアメリカン・インターナショナル・エアウエイズに戻り、1999年2月からキティ・ホーク・インターナショナルで同じレジで2003年8月まで活躍、その後はN40489のレジで保管されているようです。

Ja8115-jal-b747146a-cn20531-ln-197-98112
Ja8115-jal-b747146a-cn20531-ln-980429-19 JA8115 cn20531/ln197 NRT

JA8115 cn20531 ln1971972年10月4日に登録され、1999年4月27日までJALで活躍しました。

1988年10月22日、新東京国際空港からハワイ・ホノルル国際空港に向けてJL72便として運航中、北緯32度・東経178度付近の公海上(高度39,000ft)、日本時間午前3時15分頃、就寝中の乗客男性69歳が冠動脈硬化症で死亡する事故がありました。

抹消後は1999年9月までN557SW、2003年1月まではTF-ATEでエアアトランタアイスランド、2003年1月から3月まではナイジェリアのアルパルカ・エアーにリース、その後、エアアトランタアイスランドに戻され、保管中です。

Ja8116-b747146a-cn-20532-ln-199-961223-n
Ja8116-b747146a-cn-20532-ln-199-980429-n JA8116 cn20532/ln199 NRT

JA8116 cn20532 ln1991972年12月8日に登録され、2002年2月1日まで活躍しました。1992年7月から1993年5月までは日本アジア航空に籍を置き、1993年5月にJALに復帰、2002年2月に抹消となっています。リタイア後はHS-UTHのレジでオリエント・タイ航空の機体として活躍しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 61 車両編 パノラマカーシリーズ その4 5700・5300系の登場と7000系一族の終焉 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 62 車両編 6500系の後継者、3500系 その1 »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

B767ー281様 お早うございます。−146懐かしいですね。この頃私も盛んに成田に行っていたので、この2機撮っているかもしれません。747は−400でさえグランドになってしまっている機体が少なくない状況で、もう−100や−200の保管機は飛ぶことは無さそうです。最近思ったのですが、広告やイラストの類の飛行機もみな双発になっています。ちょっと前は機体の前が膨らんでいて、4発のジャンボと思われるものが普通だったのですが。時代の変化ですね。

細井忠邦さま、おはようございます。

旅客機もレシプロ機から、ターボプロップ、ピュアジェット、そして747、三発機と来て、今は双発ジェット機の時代になりましたが。これから先は似たような双発機の時代が続くのでしょうね。何か多様性がどんどん無くなってゆくようで寂しいですね。
747の歴史を振り返っても‐100、-200B、そして-100からSP,SR、さらに-300になり、-100や-200のSUDが登場し、-400へ、さらに-8とハリエーションの歴史がありましたが、それらも実機がいなくなることで消えてゆくのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 61 車両編 パノラマカーシリーズ その4 5700・5300系の登場と7000系一族の終焉 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 62 車両編 6500系の後継者、3500系 その1 »

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村