« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その5 JA8113・JA8114 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 67 車両編 ステンレス車体で登場した3300系 その1 »

2023年3月 6日 (月)

2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 66 車両編 3700系の2連版であり、名鉄初のIGBT-VVVFとなった3100系 その2

3500系の車体サイズ変更版の3700系4連の2連版として1997年から2000年にかけ、3次に渡り製造された3100系ですが、特急用2200系なとど併結運用に入ることも多い関係から1次車を中心に車体を白く塗り替える車両も出現しました。

3100-3104-220804 2022/8/3 三柿野 3100系 3104F 1次車 塗色変更車

3100-3206-220803 2022/8/3 栄生 3100系 3106F 塗色変更車
3100-3107-220803 2022/8/3 笠松 3100系 3107F 1次車 塗色変更車

3100-3211-220803 2022/8/3 栄生 3100系 3111F 2次車 塗色変更車
2次車から前面窓の取り付け位置が80mm上がっているため顔つきが変わりました。ワイパーの軸と手摺の位置関係がズレています。

3100-3213-220803 2022/8/3 栄生 3100系 3113F 2次車 オリジナル塗色車

3100-3215-220803 2022/8/3 栄生 3100系 3115F 2次車 オリジナル塗色車

3100-3217-220803 2022/8/3 名鉄一宮 3100系 3117F 2次車 オリジナル塗色車

3100-3218-220803 2022/8/3 須ヶ口 3100系 3118F 2次車 オリジナル塗色車

3100-3220-220803 2022/8/3 栄生 3100系 3120F 3次車 オリジナル塗色車

3100系2連は、2連単独、2連併結の4連、3700系との併結で6連、ラッシュ時の2200系への増結運用と多彩な使用のされ方をしています。
2000年代に入り、3700系、3100系の後継グループは鋼鉄製車体からステンレス車体の3300系・3150系へと進化してゆきます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その5 JA8113・JA8114 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 67 車両編 ステンレス車体で登場した3300系 その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:名古屋鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その5 JA8113・JA8114 | トップページ | 2022年夏 名古屋遠征 名鉄ほぼ全線乗りつくしの旅 67 車両編 ステンレス車体で登場した3300系 その1 »

カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村