« 西武鉄道 6000系 6103Fと6108Fの新宿線転属 | トップページ | 4月6日木曜日 臨8097レにて全検明け、新塗装のEF210-125を撮影、901号機 5082レの撮影は失敗 »

2023年4月 7日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その10 SR-46と並行して発注された国際線用747、JA8127

cn21031/ln255JA81271975年5月16日に登録されました。JT9D-7AWを装備した-246Bで1990年10月までJALのフリートでしたが、その後、1993年10月まではジャパン・エア・チャーター(JAZ)籍となっています。この間の1991年10月30日、成田発アンカレッジ経由、北回りヨーロッパ線の最終、デュッセルドルフ経由パリ行きJL473便として運航されたのがこの機体でした。1993年5月2日から2003年1月15日まではJAL籍となり、抹消後はオリエント・タイ航空に売却、HS-UTIとなり、2005年10月にはバンコクでストア状態に、2009年4月に解体されました。

ネットに残る事故報告書としては1975年9月22日、JL72便(乗客338名、乗員21名)として東京国際空港を22時58分に離陸後、巡航高度35000ftで飛行中、9月23日午前3時50分頃、9か月の幼児の容体が急変し、機内で亡くなる事故がありました。死亡原因は慢性腎臓病による尿毒症でした。さらにもう一件、1976年10月10日、JL11便(乗客174名、乗員23名)としてバンクーバー国際空港から東京国際空港に向かっている際に、アラスカ西方の公海上空の高度35000ftを飛行中、58歳男性が心筋梗塞で亡くなる事故がありました。

Ja8127-jal-b747246b-cn21031-ln255-961116 1996/11/16 NRT

Ja8127-jal-b747246b-cn21031-ln255-970920 1997/9/20 NRT

Ja8127-jal-b747246b-cn21031-ln255-960813 1996/8/13 HND ドメス運用

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武鉄道 6000系 6103Fと6108Fの新宿線転属 | トップページ | 4月6日木曜日 臨8097レにて全検明け、新塗装のEF210-125を撮影、901号機 5082レの撮影は失敗 »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武鉄道 6000系 6103Fと6108Fの新宿線転属 | トップページ | 4月6日木曜日 臨8097レにて全検明け、新塗装のEF210-125を撮影、901号機 5082レの撮影は失敗 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村