« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その19 JA8142と同時期に導入されたものの地味な生涯を送った JA8143 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その8 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区第Ⅱ期新製配置組 part1 67号機  »

2023年6月19日 (月)

2023年 北九州旅行 その7 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区新製配置組 part6 50号機 etc

EH500-50号機2006年12に東芝府中工場で竣工し、門司機関区に新製配置されました。2006年度竣工組のラストとして門司機関区に配属された機関車です。今回の北九州旅行では遭遇しませんでした。

Eh50050-081207

2008/12/7 下関

Eh50050-081208 2008/12/8 門司

Eh50050-100807-3 2010/8/7 門司

Eh50050-171014 2017/10/14 黒崎

2006年度中にEH500形が門司機関区に6両新製配置された時点で同機関区の交直両用機は
EF81 76
EF81 301 302 303 304
EF81 401 402 403 404 405 406 407 408
EF81 451 452 453 454 455          といった体制で

2007年度は
EH500が22仕業 走行範囲は幡生操~北九タ
EF81が15仕業 うち関門間を走行するのは6仕業でした。 

2008年度は
EF81 404 406 453 454 455が冨山区に転属
EH500の仕業数は変わらず
EF81の仕業数は14仕業に

2009年度は
EF81 76、富山区に転属、同機は昭和48年度民有予算で製造、酒田機関区に配置されたもので民営化でJR東日本に承継されましたが、2005年JR貨物に売却され門司区に配置されました。重連総括制御装置は搭載していないためED76などと同じ運用に入ることが多くありましたが、2007年3月に運用離脱、2008年4月に富山区に転属となりました。

Ef81-76-051209 2005/12/9 香椎 門司区時代の76号機

Ef81-76-080906 2008/9/6 敦賀 富山区に転属し、北陸本線で活躍中の76号機


EH500の仕業数は変わらず
EF81の仕業数は16仕業に 

2010年度は
配置は前年度と変わらず
EH500の仕業数は変わらず
EF81の仕業数は19仕業に うち関門間を走行するのは5仕業でした。 

この間、交流専用のED76形の配置は24両(基本番台8両、1000番台16両)で変化がありませんでした。

2010年度中にEH500-67~72の6両が門司区に新製配置されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その19 JA8142と同時期に導入されたものの地味な生涯を送った JA8143 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その8 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区第Ⅱ期新製配置組 part1 67号機  »

旅行・地域」カテゴリの記事

電機EH500」カテゴリの記事

電機EF81」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その19 JA8142と同時期に導入されたものの地味な生涯を送った JA8143 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その8 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区第Ⅱ期新製配置組 part1 67号機  »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村