« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その18 -100Bをベースに新たなSRとして登場した JA8142 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その4 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区新製配置組 part3 47号機 »

2023年6月12日 (月)

西武鉄道 2000N系 4連 2509Fが横瀬基地に廃車回送

今年3月2511Fに続き、2509Fもお役目御免となり、6月9日金曜日、横瀬基地に廃車回送されたそうです(情報はこちら)。

2509Fは2000系第7次車として2509F~2529F4連グループ11本、2453F,2455Fの2連グループ2本、2045F、2053Fの6連グループ2本、2057Fの8連1本と同時期に竣工し、4連と2連は東急車輛製、6連と8連が西武所沢工場製でした。2509Fは1988年5月26日に竣工しています。1993年1月25日に減パン工事を受けていますが、それ以外の更新修繕等は受けませんでした。パンタのシングルアーム化もなされませんでした。

7次車の4連11本のうち、前半6編成は貫通窓が小さいタイプ、後半5編成は大きいタイプになっています。

2000n-4-2509f-160423

2016/4/23 小平

2000n-4-2509f-160530 2016/5/30 井荻

 2000n-4-2509-210818

2021/8/18 萩山~小平

バブルの時代に生まれ、西武新宿線一筋に活躍した35年の車生でした。

2000N系4連の廃車に関して

2501F 2022/7廃車
2503F 2022/6廃車
2505F 2022/12廃車
2509F 2023/6廃車
2511F 2023/3廃車
2515F 2023/3廃車
2519F 2022/2廃車
2521F  2022/3廃車

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その18 -100Bをベースに新たなSRとして登場した JA8142 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その4 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区新製配置組 part3 47号機 »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 こんばんは。2000系の3M1Tのグループの廃車も進んでいますね。新宿線系統も貫通8連が主になるのでしょうか。わざわざ単M車を組んで8両とM T比を合わせたのになあ。何だか寂しいです。

細井忠邦さま、おはようございます。

仰る通り、2000N系の4連はほかの鉄道からしてみれば「少し変な編成」ですね。普通ならクハ+モハ+モハ+クハで2M2Tというとことですが、敢えて3M1Tにしたのは併結した際に8連貫通の6M2Tと一致するからだと思いますが、そもそも8連や6連貫通タイプのMT比を1:1にしなかったのが問題のようにも感じます。今だったら、0.5M車というのもありますからそうしていたと思いますが、あの時代の産物ののでしょうか?

B767-281様、おはようございます
2509F、狭山線での運用が最後でしたね!
サスティナが何なのか未だ わかりません
別件ですが、一昨日のJAL福岡行きは機材不良で夜10時までに福岡到着できず、北九州空港へ到着
JALがバスを出して博多まで行ったんですね
エバー航空とタイ航空の接触事故!驚きました!

準急豊島園様、お久しぶりです。

2509F最後は狭山線でしたか、ということは小手指配置だったのですね。新宿線一筋ではなかったのか。
サステナの話題、なかなか実態が分かりませんね。
私も最近よく羽田にスポッティングに行っているのですが、あんな事故が起こるなんてという気持ちです。福岡行きの北九州代替着陸、以前、羽田まで引き返した便がありましたがそれよりはましですが、いずれにせよ大変ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その18 -100Bをベースに新たなSRとして登場した JA8142 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その4 現在の関門のヌシ EH500 門司機関区新製配置組 part3 47号機 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村