« 2023年 北九州旅行 その17 ED76やEF81に代わって九州地区の貨物輸送を担うはずのEF510-300番台 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その19 日豊本線貨物4075レを牽引する国鉄型電機 part2 ED76 1020号機 »

2023年7月11日 (火)

2023年 北九州旅行 その18 日豊本線貨物4075レを牽引する国鉄型電機 part1 EF81 303号機

朝6:47に北九州貨物ターミナルを出発し、西大分で入換に従事、12:56に延岡まで走る日豊本線貨物列車4075レは連日とは行かないまでも隔日には門司区の新鋭EF510-301号機が投入されていた筈ですが、昨日の記事にあるように2023年2月の投入以来、トラブルの発生で門司区の歴代の強者たち、EF81, ED76の代走が続いています。

ある意味、EF510-301号機のトラブルがEF81やED76の活躍の機会延長に貢献したともいえる皮肉な現状かもしれませんが、私も今回の北九州旅行で、6月2日、3日朝、今日は一体どんな機関車が4075レの先頭に立って現れるかと待ったものでした。

Ef81-303-4075-230602 2023/6/2 小倉

この日、4075レを牽引したのは4両のEF81 300番台のなかで2022年3月31日、唯一全般検査を通過し、生き残った機関車で、次の全検は2028年3月に予定されるため、まだ当分、活躍を見ることが出来る機関車となりました。といっても同機は全検通過後、2023年2月までは運用に入っていましたが、この3月からは運用を外れ、門司機関区に留置される姿が目撃されていました。5月24日に久々に運用に復帰したところでした。6月14日以降の同機の運用、回送に関してはこちらのサイトに情報がありますが、まさにEF510-301の不在をカバーするかの如く、日豊本線、鹿児島本線の貨物運用にほぼ連日のように就いていることが分かります。

同機は昭和48年度第一次債務で発注され、1974年4月25日、日立製作所にて竣工しました。EF81 300番台は関門区間専用として製造されたため、EF81基本番台が搭載する電気暖房装置(EG)を搭載しておらず、その代わりに死重を搭載しているのが特徴です。

過去に撮影したEF81 303号機の写真を載せます。

国鉄時代

Ef81-303-850418
Ef81-303-_2
1985/4/18 門司 関門間の寝台特急「あさかぜ」の牽引機として

Ef81-303
Ef81-303-_2_20230710163201
Ef81-303-_3
Ef81-303-_4

1985/4/18 門司 関門間の寝台特急「富士」の牽引機として

JR貨物時代

Ef81-303-020315-2
2002/3/15 小倉 EF81 450番台と重連で福岡ターミナルまでのコンテナ貨物を牽引

Ef81-303-100319

2010/3/19 香椎

Ef81-303-100319_20230710163901

2010/3/19 海老津

Ef81-303304-100827

2010/8/27 千早~福岡貨物ターミナル EF81 304号機と重連でコンテナ貨物を牽引

Ef81-303-121222

2012/12/22 西小倉 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年 北九州旅行 その17 ED76やEF81に代わって九州地区の貨物輸送を担うはずのEF510-300番台 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その19 日豊本線貨物4075レを牽引する国鉄型電機 part2 ED76 1020号機 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電機EF81」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 北九州旅行 その17 ED76やEF81に代わって九州地区の貨物輸送を担うはずのEF510-300番台 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その19 日豊本線貨物4075レを牽引する国鉄型電機 part2 ED76 1020号機 »

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村