« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その24 晩年はJAA機として活躍したJA8154 | トップページ | 西武鉄道 小平駅における拝島線の折り返し 電留線に入らず渡り線を使うやり方 »

2023年7月24日 (月)

西武鉄道 6000系 6104編成が池袋線から新宿線に配置転換

長らく池袋線で活躍していた6000系、6104編成が2023年7月14日、小手指車両基地から南入曽車両基地に配置換えとなり、翌7月15日からは新宿線で運用に入ったとのことで(情報12)、私も早速、21日に小平駅周辺で撮影して来ました。

同編成は1993年7月2日、東急車輛にて竣工、2001年12月14日には減パン工事、2007年5月1日には副都心線対応工事を受けています。

今回の異動は新宿線で活躍していた2000N系の廃止、池袋線への40000系(Longシート固定タイプ)の増備に伴う玉突き”人事”のためではないかと思われます。6000系に関してはこの3月に6108F,6103Fが新宿線に異動しており、新宿線で活躍する6000系は5編成となりました。

6000-6004-120428 2012/4/28 秋津 快速渋谷行

6000-6004-160423 2016/4/23 多摩川
6000-6004-230721-2


6000-6104-230721-2

2023/7/21 小平~萩山

6000-6004-230721 2023/7/21 小平

今年度は40000系が4編成、増備されると聞いており、7月21日から23日にかけ40162Fが甲種回送されているようですが、これに伴い、さらに6000系の新宿線転属が進むのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その24 晩年はJAA機として活躍したJA8154 | トップページ | 西武鉄道 小平駅における拝島線の折り返し 電留線に入らず渡り線を使うやり方 »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

B767-281様 お早うございます。40162F、昨日新秋津で目撃しました。40000系の増備、結構ハイペースですね。それだけ2000N系が引退していくのは寂しいです。ところで例のサスティナ車両何が来るのか未だ確定のニュースが無くて気になっております。

そうですよね、40050もはやくて12編成目ですもんね。きのう新秋津〜小手指車両基地に40162Fは池袋線の所属となりそうですよ。そうすると、6105Fが新宿線に転属回送されそうです。あ、でもその前に、おそらく2031F?が横瀬車両基地へ廃回となった場合には、すでにワンマン運転用のモニターを外してある6117Fが新宿線に転属されるかもしれません。

細井忠邦さま、おはようございます。

40000系の増備が進むのでまずは40161Fを撮影しなくてはと思い、昨日朝の通勤時間に石神井公園でトライしましたが、運用編成が現時点でL/C4、L11になっているせいかなかなかお目当ての編成が来ません。90分ほど待って、今日はダメかと帰りかけ、所沢で新木場から来る編成に賭けたら、40160Fと40161Fでした。
10連の方は40000系の増備、6000系の新宿線配置換えという流れが出来ているようなのであとは支線で活躍する4連、6連の置き換えの問題のような気がします。

ナカジマケイさま、おはようございます。

池袋線にどんどん新車が投入され、新宿線には6000系が回される、今に始まったことではありませんが、池袋線と新宿線の格差がどんどん広がる気がしますね(笑)。
40000系新車には新宿線に転属となった6000系が搭載していた地下鉄線内走行用の保安装置が搭載されているのでしょうね。
2000系6連も残すところ2031Fだけですね、最近、2連も減ってきてあの2000系の顔を見かけると懐かしいと感じるようになりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その24 晩年はJAA機として活躍したJA8154 | トップページ | 西武鉄道 小平駅における拝島線の折り返し 電留線に入らず渡り線を使うやり方 »

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村