« 2023年 北九州旅行 その48  下関にも顔を見せる123系 | トップページ | 下関の123系 青白塗装の頃 »

2023年9月15日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その31 N212JLに次いで米国籍で導入された-346の2号機 N213JL

cn23068/ln589と両番号ともN212JL(→JA812J)の続き番号となったB747-346は1983年10月26日に初飛行し、1983年12月8日N213JLとして、アメリカ国籍で納入されました。

アメリカ国籍機としてフライト可能な国際線の路線も制限があったと思いますが、N212JLとのペアで25年間活躍し、1998年6月11日JA813Jとして登録されました。晩年は最後のB747クラッシック機としての務めを果たし、2009年7月にストア状態に、2010年1月18日Southern Airに売却され、N818SAと登録されました。2011年2月にはストア状態となり、既に解体済みとのことです。

N213jl-jal-b747346-cn23068-ln589-951123- 1995/11/23 NRT

Ja813j-jal-b747346-cn23068-ln589-991030- 1999/10/30 NRT

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年 北九州旅行 その48  下関にも顔を見せる123系 | トップページ | 下関の123系 青白塗装の頃 »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 北九州旅行 その48  下関にも顔を見せる123系 | トップページ | 下関の123系 青白塗装の頃 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村