« イタリアのフラッグ・キャリア いつのまにかアリタリア航空からITAエアウェイズになっていた その2 BaciとBVLGARI | トップページ | イタリアのフラッグ・キャリア いつのまにかアリタリア航空からITAエアウェイズになっていた その3 羽田にやってくるA350XWB »

2023年11月24日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その41 B747-346の6番機として欧州直行便、北米線で活躍したJA8177

cn23638/ln658として製造され、1986年9月22日に初飛行、10月2日にJALに引き渡されたのがJA8177でした。23638という契約番号は23637から23641まで続く5機の契約番号(cn)の中にあり、

Ja8176ja8180

と-400の登場を前にJALがクラッシック・ジャンボの大量導入を続けていた最後の時期に契約、導入された一群であることが推察されます。

1991年、前年10月のドイツ統一でベルリンに占領4か国以外の航空会社の乗り入れが可能となり、ベルリン線が開設された際に現地からの第一便としてフライトしたのがJA8177でした。

Ja8177-jal-b747346-cn23638-ln658-960506-
1996/5/6 NRT

Ja8177-jal-b747346-cn23638-ln658-961116-1996/11/16 NRT

Ja8177-boeing-747346-23638-658-061117-hn

2006/11/17 HND JJ塗装、且つ 国内線運用?

導入時は旧鶴丸塗装、その後、新鶴丸塗装となり、最後はJJ塗装で引退となりました。2007年1月に保管状態となり、2009年7月31日Max Air(ナイジェリアの航空会社)に売却、レジは5N-BMGとなり、2013年9月に保管状態となるまで活躍しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« イタリアのフラッグ・キャリア いつのまにかアリタリア航空からITAエアウェイズになっていた その2 BaciとBVLGARI | トップページ | イタリアのフラッグ・キャリア いつのまにかアリタリア航空からITAエアウェイズになっていた その3 羽田にやってくるA350XWB »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアのフラッグ・キャリア いつのまにかアリタリア航空からITAエアウェイズになっていた その2 BaciとBVLGARI | トップページ | イタリアのフラッグ・キャリア いつのまにかアリタリア航空からITAエアウェイズになっていた その3 羽田にやってくるA350XWB »

カテゴリー

最近のコメント

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村