« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その38 -246Fとしては初のJT9D-7R4G2 装備となった JA8171 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その64  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その2 遠賀川駅 »

2023年11月 6日 (月)

2023年 北九州旅行 その63  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その1 西小倉駅

5月末から6月頭にかけての九州北部旅行では鹿児島本線の各停に乗車し、門司から博多まで往復しましたが、いくつかの駅では列車から降りて、撮影をしました。まず最初は西小倉駅です。

230601_20231105082801 2023/6/1 駅名標

10月4日の小倉駅に関する記事にもありますが、1891年4月1日に九州鉄道(初代)が黒崎駅から門司駅間を延伸開業した際、開業した小倉駅は現在の西小倉駅付近に開業しました。その後、1915年4月4日に小倉駅は東に移転しました。さらに1958年3月1日、さらに700m東に移転し、現在の地に小倉民衆駅が開業となりました。1974年12月14日、当時の国鉄がこの地に西小倉駅を開設しました。但し、日豊本線所属の駅としての開業であったため、鹿児島本線のホームはありませんでした。1987年4月1日、国鉄が分割民営化され、JR九州が発足、同じ年の10月1日、鹿児島本線にもホームが設置されました。1988年7月1日にはみどりの窓口が設置され、2003年3月29日には橋上駅舎が新築され、7月7日には日豊本線、鹿児島本線の快速が停車するようになりました。

構造は単式ホーム1面1千、島式ホーム2面4線の計3面5線ホームを有する地上駅です。
1番のりば   日豊本線、日田彦山線 下り
2・3番のりば  日豊本線、日田彦山線 上り (3番線:小倉総合車両センター出入場線が接続)
4番のりば        鹿児島本線 下り
5番のりば   鹿児島本線 上り

051209-edit

2005/12/9 西小倉駅5番のりばホーム端から小倉駅方向

0812082edit

2008/12/8 西小倉駅 4番のりばホーム端から小倉駅方向

小倉駅~西小倉駅間の配線で興味深いのは2000年代初頭、貨物線が部分的に一時的に単線になっていた ことです(こちらのサイトの配線図も大変参考になります)。

Eh50047-3051-230601_20231105092301 2023/6/1 西小倉駅 4番のりばホームから小倉駅方向

現在は貨物線も複線化されています。

230601_20231105092401 2023/6/1 日豊本線側 こちらは基本的に変わりません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その38 -246Fとしては初のJT9D-7R4G2 装備となった JA8171 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その64  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その2 遠賀川駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

電機EH500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その38 -246Fとしては初のJT9D-7R4G2 装備となった JA8171 | トップページ | 2023年 北九州旅行 その64  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その2 遠賀川駅 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村