« 2023年 北九州旅行 その62  小倉城見学の後は来た道を戻り、魚町銀天街や旦過市場をブラブラ | トップページ | 2023年 北九州旅行 その63  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その1 西小倉駅 »

2023年11月 3日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その38 -246Fとしては初のJT9D-7R4G2 装備となった JA8171

現役のときには全く気がつかなかったのですが、cn23391/ln654として製造、1986年8月19日に初飛行、8月25日JA8171としてJALに納入された-246F 貨物機は同社としては8機目の貨物型になりましたが、エンジンはJA8161, JA8162, JA8169などの-246B、そして-346と同じP&W JT9D-7R4G2となりました。燃費性能の向上で航続距離が伸びたことだけではなく、貨物型として最大離陸重量が増えたため、JT9D-7Q搭載機に較べ6tの貨物積載量が増えました。

Ja8171-b747246f-cn23391-ln-654-950807-nr 1995/8/7 NRT   尾翼にレジが描かれていた頃のJA Cargo塗装

Ja8171-b747246f-cn23391-ln-654-980214-nr 1998/2/14 NRT Super Logistics 塗装のJA Cargo

Ja8171-b747246f-cn23391-ln-654-980913-nr 1998/9/13 NRT

Ja8171-b747246f-cn23391-ln-654-020414-nr  2002/4/14 NRT JA Cargo から JAL Cargoに

2008年にJAL機としての運用を終え、2009年12月31日Kalitta Airに売却、レジはN704CKとなり、2015年11月に保管状態になるまで活躍しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年 北九州旅行 その62  小倉城見学の後は来た道を戻り、魚町銀天街や旦過市場をブラブラ | トップページ | 2023年 北九州旅行 その63  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その1 西小倉駅 »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 北九州旅行 その62  小倉城見学の後は来た道を戻り、魚町銀天街や旦過市場をブラブラ | トップページ | 2023年 北九州旅行 その63  門司から博多へ 鹿児島本線駅巡り その1 西小倉駅 »

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村