« 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その1 歴史と駅・施設 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その42 B747-346の7番機として欧州直行便、北米線で活躍したJA8178 »

2023年11月30日 (木)

伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part1 西武鉄道からの旧形国電の受け入れと1000系

伊豆箱根鉄道の車両、現在は自社製の車両が多く活躍していますが、1000系が投入される1963年以前は西武鉄道が放出した旧形国電が多く活躍していました。西武が使用した旧形国電のうち約半数以上を伊豆箱根鉄道が受け入れていたため、昭和30年代から40年代にかけては当鉄道は旧形国電の展示場と言われたほどでした。

40

表 昭和40年代以降の西武鉄道から伊豆箱根鉄道への譲渡車両
32,33は東芝製40t凸型電機です。IIは番号として二代目を意味します。  <鉄道ピクトリアル誌 No560 の記事から>

この表以外にクハ1311形 クハ1325、クハ1312 1968年廃車→伊豆箱根 車体のみ モハ51、クハ81に 1987年廃車
などもありました。

1963年から1971年にかけて17m級車体の国電や西武からの譲渡車を置き換え、ラッシュ対応の改善、観光客への乗客サービスの向上を図るべく、伊豆箱根鉄道初のオリジナル車両として導入されたのが1000系でした。

今から思えば、大学1年(1974年)の秋、クラブの合宿で西伊豆、戸田に行った際に三島から修善寺まで初めて駿豆線に乗車しましたが、三島に着いた時には日はどっぷり暮れており、修善寺でも慌ただしくバスに乗り換えたため、伊豆箱根鉄道の電車を観察する機会がありませんでしたが、その時に乗車したのが1000系だったように記憶しています。

編成は2M1Tの3両編成で、1001Fのみモハ1000+サハ2000+モハ1000、1003F以降はモハ1000+モハ1000+クハ2000、全金属製20m3扉車体、登場時は吊り掛け駆動方式でした。製造は西武所沢車輛工場が担当し、4本が製造されました。

主要諸元
最高運転速度 85 km/h
設計最高速度 100 km/h
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 488名[座席200〔188〕名] (〔〕の座席は1005Fでの人数)
車両定員 160名[座席64〔60〕名] ※Mc・Tc(クハ2002以降)168名[座席72〔68〕名] ※M・T(サハ2001)
車両重量 40t〔38t〕 (Mc・M) / 30t〔31t〕 (Tc)
編成重量 110t〔111t〕
全長 20,000 mm
全幅 2,900mm〔2,877mm〕 mm
全高 4,200mm mm
台車 DT-17・DT-10・TR-25A[2](Mc・M車)TR-11A(Tc・T車)【住友金属工業FS342】
主電動機 直巻電動機 MT-30・40
日立製作所【HS-836-Frb】
主電動機出力 128kW(第2編成のみ100kW)【120 kW】/個
駆動方式 吊り掛け駆動 【中空軸平行カルダン】
歯車比 2.87【86:15=1:5.73】
編成出力 1024kW【960kW】
制御装置 抵抗制御 三菱電機ABFM-168-15M
制動装置 電磁直通空気制動 (HSC)
保安装置 伊豆箱根式ATS
備考 〔〕は2次型車での数値 【】は2次型車の新性能化改造後の数値

外観的には当時の西武鉄道の標準形式であった551系、601系の軽量車体、両開き扉をベースにしており、前頭部の形態は701系に似ていました。電磁直通ブレーキ、MMユニット方式(1003F以降)の制御方式、補助電源の交流化など当時としては近代化された設備を採用していました。1989年に1005F,1007Fが台車、主電動機を交換してカルダン駆動方式に改造されました。
しかし非冷房であったことなどから1991年から廃車が進み、1997年3000系3011Fの導入で定期運用は消滅、1005Fが保留車として残されましたが、2005年に廃車となりました。

1000_20231129093101
伊豆箱根鉄道 1000系
1000系は自社オリジナルの4編成と西武鉄道から譲渡された元501系編成による3本を加えたトータル7本が在籍しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その1 歴史と駅・施設 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その42 B747-346の7番機として欧州直行便、北米線で活躍したJA8178 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 こんばんは。伊豆箱根実は結構乗っています。台場からバス、もしくはタクシーで10分くらいのところに畑毛温泉という鄙びた温泉街があります。そこには年に一回は行っています。車を運転しない私は大体東海道線で三島まで行ってこの伊豆箱根に乗り換えして行きます。いろいろな形式に乗っています。7000系は中でも結構豪華。何でも熱海乗り入れを想定してJR東海のATSを積んでいるとか?真偽の程は分かりませんが。さて自民党のでっかい膿が次々に出ていますね。もう政権交代しかない。

細井忠邦さま、おはようございます。

面白いことに伊豆箱根でも駿豆線と大雄山線にはヒエラルヒーがあるようで、駿豆線に新車が投入されるとお古は大雄山線に廻されるという歴史が繰り返されてきたようですね。
7000系がそういった経緯で製造されて、僅か2編成で止まっているというのは私も今回、勉強して分かりました。

それにしても自民党という政党は権力にしがみつき、その座に胡座をかいて、うまい汁を吸うことしか考えていないような政党だということがよくわかりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その1 歴史と駅・施設 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その42 B747-346の7番機として欧州直行便、北米線で活躍したJA8178 »

カテゴリー

最近のコメント

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村