« 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その8 天竜二俣駅から新所原駅まで | トップページ | 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その10 車両編 part1 開業から、2000年代初頭にかけ活躍したTH1形式他 »

2023年12月27日 (水)

天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その9 新所原駅

天竜浜名湖線で掛川駅から39駅目、距離にして67.7㎞のところにあるのが同線の終点駅であり、JR東海にとってみると静岡県最東端、熱海駅から177.8kmになる、同県最西端の駅です。県境はホーム西端の豊橋側を通っています。


JR東海にとってみれば、東方は静岡支社、西方は東海鉄道事業本部直轄の管轄になっています。国鉄時代は二俣線の列車が同駅を越えて豊橋まで直通運転を行っていました。

1985年4月の時刻表では
Photo_20231226193701


豊橋から二俣線方面 5本、二俣線から豊橋方面 4本の列車が設定されていました。

18888年9月1日、官設鉄道の浜松駅~大府駅間が開業したときは浜松駅・馬郡駅(現在の舞阪駅)・鷲津駅・豊橋駅・御油駅(現在の愛知御津駅)・蒲郡駅・岡崎駅・刈谷駅が開業しましたが、新所原駅は跡形もなく、1936年2月13日、鷲津駅~二川駅(1896年4月7日に開業)間に新所原信号所が開設され、同年12月1日、二俣西線の新所原駅~三ケ日駅間の開業で駅に昇格、一般駅として開業となりました。ですからこの駅は二俣線の開通がきっかけで造られた駅であることが分かります。

Th2112-220827
2022/8/27 天竜浜名湖鉄道 新所原駅に停車中のTH2112
同線の駅は1面1線です。

Th2110-220827 手前の線路の奥は引き上げ線となっており、TH2110が休んでいました。分岐した線路はJR東海の線路に繋がっています。

Dsc01533_20231226200201
以前は3面5線でしたが、天浜線の経営移植で天浜線駅舎は分離新設され、JR東海のホームは単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の2面3線となり、2016年11月27日、橋上駅舎と南北自由通路が供用開始されました。

Dsc01535 改札口


東海交通事業者社員が業務を担当する業務委託駅で管理は鷲津駅が行っています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その8 天竜二俣駅から新所原駅まで | トップページ | 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その10 車両編 part1 開業から、2000年代初頭にかけ活躍したTH1形式他 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

気動車」カテゴリの記事

三セク鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その8 天竜二俣駅から新所原駅まで | トップページ | 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その10 車両編 part1 開業から、2000年代初頭にかけ活躍したTH1形式他 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村