« 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その1 概要編 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その44 1992年からポリシュッド・スキンの特徴あるスタイルで活躍したJA8180 »

2023年12月14日 (木)

天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その2 掛川駅

東海道本線の掛川駅は1889年4月16日、官設鉄道静岡駅~浜松駅間が開通した際に開業しました。

140813_20231213084501 2014/8/13 駅名標

東海道本線の東京側の開業の歴史を見てみると、1872年6月12日、品川駅~横浜駅間23.69kmの旅客線仮営業に始まり、同年10月14日の新橋(汐留)駅~横浜(初代)駅間(28.87km)開業後、横浜以西に延伸したのは1887年7月11日、横浜駅(初代)~国府津駅間(49.76km)が延伸開業し、程ヶ谷駅(現在の保土ケ谷駅)・戸塚駅・藤沢駅・平塚駅・大磯駅・国府津駅が開業しています。続いて1889年2月1日、国府津駅~静岡駅間(114.81km)が延伸開業しています。もちろん、このときの箱根越えは現在の御殿場線ルートで松田駅・山北駅・小山駅(現在の駿河小山駅)・御殿場駅・佐野駅(現在の裾野駅)・沼津駅・鈴川駅(現在の吉原駅)・岩淵駅(現在の富士川駅)・興津駅・江尻駅(現在の清水駅)・静岡駅が開業しました。4月16日の静岡駅~浜松駅間開業で1874年5月11日の大阪駅~神戸駅間(32.74km)開業に始まる西からの延伸、あるいは名古屋付近の延伸と合わせて、長浜駅~大津駅間が琵琶湖の水路を用いてでしたが、関東から関西までの輸送路は一応完成となりました。静岡駅~浜松駅間には焼津駅・藤枝駅・島田駅・堀ノ内駅(現在の菊川駅)・掛川駅・袋井駅・中泉駅(現在の磐田駅)が設置されました。

140813_20231213084701 2014/8/13 改札口
新幹線の停車駅とは思えないローカルな雰囲気を持った改札口

1895年4月1日に官設鉄道は東海道線と線路名が制定され、1909年に東海道本線に改称されました。1935年4月17日に二俣線が開業しますが、このときは遠州森駅(当時は遠江森:とおとおみもり)まででした。元来、二俣線は掛川駅から遠江二俣、三河大野を経て岐阜県東濃地方の大井(現在の恵那)に至る遠美線として計画されましたが、昨日の記事にあるように軍事上の要請から、新所原に向かうように変更されました。1936年12月1日には新所原駅~三ケ日駅間が開業、二俣西線と称し、1938年4月1日には三ケ日駅~金指駅間が延伸、1940年6月1日、金指駅~遠江森駅間が開業して全通となりました。

140813-2 140813_20231213085001 2014/8/13 北口駅舎 
この木造駅舎は1940年6月に改築された二代目駅舎ですが、新幹線停車駅のように見えない雰囲気を持った駅舎です。2012年から耐震化工事が行われ、2014年1月26日に工事が完了したそうです。

140813_20231213085301 2014/8/13 天浜線連絡口 自動改札機が設置された無人の改札口のため、18切符や1日フリー切符では通行できません。

140813-2_20231213085701 2014/8/13 天竜浜名湖鉄道の掛川駅入口

JR東海、掛川駅北口を出て、線路沿いに少し西へ歩いたところにある天浜線の掛川駅、今回の旅行ではフリー切符の購入などのため4分の接続待ち時間はかなりタイトでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その1 概要編 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その44 1992年からポリシュッド・スキンの特徴あるスタイルで活躍したJA8180 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

三セク鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天竜浜名湖鉄道、日帰りの旅 その1 概要編 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その44 1992年からポリシュッド・スキンの特徴あるスタイルで活躍したJA8180 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村