« 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part4 7000系  | トップページ | 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part5 1300系  »

2023年12月 8日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その43 B747-346の8番機として欧州直行便、北米線で活躍したJA8179

cn23640/ln668として製造、N6009Fのテストレジで1987年1月25日に初飛行、2月5日にJALに納入されたのがJA8179でした。この頃、次世代大型旅客機としてB747-400の開発が進められており、JALのB747導入ペースも-400に向け、クラッシックタイプの導入は抑制され、この年の国際線用機体はJA8179、1機のみとなっていました。

Ja8179-jal-b747346-cn23640-ln668-920323- 1992/3/23 NRT

Ja8179-jal-b747346-cn23640-ln668-96118-n 1996/11/18 NRT

Ja8179-jal-b747346-cn23640-ln668-980214- 1998/2/11 NRT

Ja8179-boeing-747346-23640-668-020414-nr 2002/4/14 NRT

導入当初はLAX,SFO、そしてヨーロッパ線の主力機でしたが、-446登場後はC12Y484のファーストクラス無しのコンフィグとなり、活躍しました。2003年からは飛行管理コンピュータ(FMC:Flight Management Computer)、オートパイロット(Auto Flight System)、各種航法機器/慣性航法装置(INS:Inertial navigation system)/GPSの技術を一体化させた装置であるFMS:Flight Management Computerの追加搭載が-346にも進められJA8179はその搭載の1番機となりました。導入時は旧鶴丸塗装、そして新鶴丸塗装にはなっていますが、JJ塗装にはなりませんでした。

2007年10月1日に ロシアのTransaero Airlinesに売却(レジはVP-BGY)となり、2012年10月には保管状態となりました。2022年1月には解体されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part4 7000系  | トップページ | 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part5 1300系  »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part4 7000系  | トップページ | 伊豆箱根鉄道 駿豆線 その2 車両編 part5 1300系  »

カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村