« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その2 名古屋車両区のキヤ95系 | トップページ | 今年度新製のEF210-300番台が本格稼働開始か? »

2024年1月19日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その49 584席と当時世界最大の座席数となった-346SR JA8187

cn24019/ln695で製造され、1988年1月21日N6038Eのテストレジで初飛行、同年2月19日にJALに引き渡されたのがJA8187でした。最後の-346SRで前回のJA8186と同様に584席の世界最大の座席数となり、JA8183に次いで、国際線仕様機にコンバート、塗装も旧鶴丸、新鶴丸、リゾートエクスプレス沖縄、ニューリゾッチャを経験しましたが、JJ塗装にはならずに売却されました。

Ja8187-jal-b747346sr-cn24019-ln695-910811991/8/19 HND 旧国内線ターミナル
RWY04(B runway)から雷雨の中、水しぶきを立てて離陸する旧鶴丸塗装時代のJA8187 この塗装はデビュー以来、約4年

Ja8187-jal-b747346sr-cn24019-ln695-94121 1994/12/12 HND 新ターミナルが開業し、スポットに駐機中の新鶴丸塗装のJA8187 この塗装は約2年

Ja8187-jal-b747346sr-cn24019-ln695-97020 1997/2/8 HND チャイナエアラインの発着用に新ターミナルの開業後も残された国際線ターミナルから、RWY34(A runway)に着陸したJA8187

Ja8187-jal-b747346sr-cn24019-ln695-004082000/4/8 NRT RWY34エンド Wichitaで国際線仕様にコンバートされリゾートエクスプレス沖縄塗装からOKINAWAだけを抜いた塗装で国際線運用に就いたJA8187

Ja8187-jal-b747346sr-cn24019-ln695-01082 2001/8/25 NRT RWY16エンド 新リゾッチャ塗装になったJA8187

2007年5月に保管状態になった際にはN742UNとレジが変わり、2009年2月19日Transaero Airlinesに売却、レジはVP-BGWとなり、2013年6月に保管状態となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その2 名古屋車両区のキヤ95系 | トップページ | 今年度新製のEF210-300番台が本格稼働開始か? »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その2 名古屋車両区のキヤ95系 | トップページ | 今年度新製のEF210-300番台が本格稼働開始か? »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村