« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その4 「南紀」にもHC85系が投入 | トップページ | 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その5 ささじまライブ駅で撮影した貨物列車 DD200牽引 2083レ »

2024年1月26日 (金)

世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その50 JAA機として導入された最後の-346 JA8189

JALはDC-8の時代から自社機として導入された機体の一部をJALグループのJAAに回してきました。しかし、今回のJA8189は最初から台湾路線の輸送力拡充のため、JAA向けに導入されたもので、発注はJALが行いましたが、納入はJAA向けとしてJAAカラーでの納入となりました。

cn24156/ln716で製造され、N6046Pで初飛行、1988年10月18日にJA8189としてJAA塗装で納入されています。この機体の特徴は歴代JAAの全てのフルカラー塗装を纏っていることであり、同時に46のカスタマーコードを与えられたJAL仕様のB747でありながら、一度もJALのフルカラーを纏わなかった機体でもありました。そしてレギュラー塗装のみでスペシャルマーキングにもならなかった機体でした。

B747-300の後期製造機の主翼付け根、フィレット部分の構造に-400のフィレット構造を取り入れた機体が存在しますが、JA8189もその典型例でした。

Ja8189-jaa-b747346-cn24156-ln716-961116- 1996/11/16 NRT

Ja8189-jaa-b747346-cn24156-ln716-970817- 1997/8/17 NRT

Ja8189-jaa-b747346-cn24156-ln716-980214- 1998/2/14 NRT

2008年になるとN741UNレジで保管状態となり、4月1日にはTransaero Airlinesに売却、VP-BGXにリレジされ、2012年11月には保管状態になり、2022年1月、解体されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その4 「南紀」にもHC85系が投入 | トップページ | 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その5 ささじまライブ駅で撮影した貨物列車 DD200牽引 2083レ »

旅客機 Boeing 747」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その4 「南紀」にもHC85系が投入 | トップページ | 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その5 ささじまライブ駅で撮影した貨物列車 DD200牽引 2083レ »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村