« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その12 桑名から大垣まで養老鉄道の旅 part2 桑名~養老 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その53 1990年4月、国内線運用でデビューしたJA8071 »

2024年2月15日 (木)

2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その13 桑名から大垣まで養老鉄道の旅 part3 養老~大垣

養老駅に3分停車した大垣行きは16:11に発車、美濃高田駅、烏江駅と停車し、ここまでが養老郡養老町で、次の大外羽駅からは大垣市内に入ります。養老駅を出てからこれまで北北西の方角を目指していた線路が北東に進路を変え、美濃高田駅を出たところで東南東に大きくカーブ、揖斐川の方向に向きを変えます。揖斐川の支流である牧田川に沿って走り、烏江駅を出たところで大きく左にカーブして、再び北の方向に向かいます。

230728_20240214143301
2023/7/28 駅名標

美濃青柳と西大垣の間では東海道新幹線の下を潜り、西大垣に到着します。桑名駅を出発してから65分後でした。この駅は養老鉄道の本社や車庫が併設されており、運転業務の中核的役割を担っていることが分かります。

230728_20240214143501
2023/7/28 本線は直進した先ではなく、ポイントを渡り、中線の方向という線形

2分停車の後、西大垣駅を出発すると線路は右にカーブを始め、大垣から揖斐方面に向かう線路上にある室駅の南側を通り、同線と併走するように東方向に進み大垣駅に到着となります。16:35着、桑名駅からは70分の行程でした。

230728_20240214143701
2023/7/28 西大垣~大垣間 左側の線路は大垣から揖斐方面に向かう線路

230728_20240214144002 2023/7/28 大垣駅手前の揖斐方面線との渡り線

ダブルクロスによる渡り線ではなく、片渡り構造となっています。

230728-2_20240214144401 2023/7/28 大垣駅に到着

桑名方面からも揖斐方面からのそれぞれ1本の番線に到着します。

230728_20240214145301

2023/7/28 桑名方面、揖斐方面を示す駅名標

230728_20240214144601 2023/7/28 大垣駅にあるゼロキロポスト 
桑名駅からの営業キロは43.0km、大垣駅~揖斐駅間は14.5kmです。 揖斐方面は次に名古屋方面に旅行した際に乗ってみようと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その12 桑名から大垣まで養老鉄道の旅 part2 桑名~養老 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その53 1990年4月、国内線運用でデビューしたJA8071 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

路線について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年夏と2024年冬の名古屋旅行 その12 桑名から大垣まで養老鉄道の旅 part2 桑名~養老 | トップページ | 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その53 1990年4月、国内線運用でデビューしたJA8071 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村