« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その73 湾岸戦争後の航空不況でアメリカに留め置かれた JA8901 | トップページ | 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その6 7000系 part2 »

2024年7月 8日 (月)

2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その5 7000系 part1

阪急電鉄の7000系1980年から1988年までに210両製造された阪急では最大の製造数となった系列です。

長期に渡り、かつ多く製造されたため変化が見られるのも7000系の特徴です。最初は鋼製車体でしたが、1984年製の7011Fおよび7021F以降、アルミ合金車体となりました。界磁チョッパ制御方式が採用され、8連、6連、4連、2連が登場し、本線は8連、山陽電鉄乗り入れ用に6連、増結用に2連といった構成でした。1998年からは屋根付近にアイボリーが入る塗装となり、1999年からはバリアフリー対応工事、2001年からはリニューアル工事が始まり、前面の形態が変化した編成も登場しています。2016年からは制御方式をVVVF化した編成も登場しました。2019年3月には7006Fが「京トレイン雅楽」に改造されています。廃車も2017年から始まっており、2018年には能勢電鉄に譲渡された編成が7200系としてデビューしました。

7000_20240707102001
7000系 鋼製車 登場時の編成 8連の最初はMcとM'の間にTが挟まっている編成でした。

7000_20240707102701  

7000系 アルミ合金車体編成表 1984年5月竣工の7021Fから、McとM'が繋がる編成となり、鋼製車も同様に組み換えられました。また6連で竣工した鋼製の7001F,7003F,7006Fにはアルミ合金製のTが挿入され8連化されましたが、7016F,7017Fは6連のままでした。7024Fは4連、7025F,7026Fは増結用2連として登場しました。

7000-7104-810000

 

7000-7004

1981年頃の御影 登場間もないころの7000系で編成がMcTM'TTMTM'cであることが分かります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その73 湾岸戦争後の航空不況でアメリカに留め置かれた JA8901 | トップページ | 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その6 7000系 part2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番多い保有数を誇ったJALのBoeing747 その73 湾岸戦争後の航空不況でアメリカに留め置かれた JA8901 | トップページ | 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その6 7000系 part2 »

カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村