« 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その6 7000系 part2 | トップページ | 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その8 7000系 part4 »

2024年7月10日 (水)

2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その7 7000系 part3

7000系の更新工事、2009年からは「リニューアル工事」と称して、まず7007Fに対して施工され、
・前面デザインはこれまで手が付けられていませんでしたが、前面窓が上方に拡大され、中央の窓の下のラインも下げられ9000系に似たデザインとなりました。
・標識灯は角型に変更されました。
・種別・行先表示幕はフルカラーLEDに変更され、
・側窓ガラスの拡大、冷房装置の改良が行われました。
・車内の化粧板の色調の変更、座席間の仕切り板の増設、液晶ディスプレイの設置もされました。

7000-7107-230829

2023/8/29 十三 7107(7007F) ブレている写真ですが、7007Fの特徴的な前面スタイルの変化が分かります。

7000-7107-230831 2023/8/31  西宮北口 7107(7007F) 出区
7007F:2009/9/29

7000-7108-230829 2023/8/29 十三 7108(7008F)
7008F:2010/8/3

7000-7109-230829 2023/8/29 十三 7109(7009F)
2011年に施工された7009Fでは前面の大幅な改造はなされませんでした。
7009F:2011/9/9

7000-7110-230831 2023/8/31 西宮北口 7110(7010F)
2013年に施工された7010Fでも前面の大幅改造はなされませんでしたが、車両番号の位置は変更されました。
7010F:2013/9/17

7000-7020-230829-3 2023/8/29 十三 7020F
2014年1月の7020Fでも同様でした。
7020F:2014/1/10

まさにこの2009年から2014年にかけての更新工事は試行錯誤の連続のようで7000系に多くの顔を生み出しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その6 7000系 part2 | トップページ | 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その8 7000系 part4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 こんばんは。この阪急電車シリーズも楽しませていただいています。阪急電車もメンテナンスが素晴らしく、どの車両も最近全検を通ってように見えます。7000系の色々な顔面白いです。私としてはやはり2300系や5000系の顔が一番落ち着きます。京都にいくとよく嵐山線に乗りますが、そこで余生を送っている6300系に好きです。さて都知事選残念な結果ですが、お隣八王子の萩生田一味の候補者の落選や自民2勝6敗に溜飲を下げています。石丸氏はネオファシストの匂いがして恐ろしいです。ブームが一過性で早く彼の真実に気づいて欲しいです。

細井忠邦さま、おはようございます。
阪急の7000系が製造からリニューアルまでこんなにバラエティに富んでいたとは今回の記事を書いていて改めて感じた次第です。

 前回のコメントで私、細井さんのお住まいの地域が八王子市と勘違いしたコメントをしてしまい申し訳ありませんでした。仰る通り、蓮舫氏の落選は残念でしたが自民党、特に岸田政権はもはや終わりという感が強いですね。石丸伸二なる政治家、確かに危険な感じがしますし、なぜマスコミがあれだけ取り上げるのかも何か胡散臭い気がします。それにしても国民民主の玉木代表が立憲の選挙方針、特に共産党との連携に口出しするのはおかしいとおもいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その6 7000系 part2 | トップページ | 2023年晩夏の関西旅行 阪急電鉄編 その8 7000系 part4 »

カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村