2019年3月14日 (木)

2018年10月の関西旅行 JR王寺駅

2018年10月の関西の旅、2日目は近江鉄道、信楽高原鐡道に乗車した後、草津線、東海道線、奈良線、関西本線と乗り継ぎ、奈良から王寺に向かいました。

181006 2018/10/6 関西本線(大和路線)のホームの駅名標

181006_2 和歌山線ホームの駅名標

王寺駅はJR西日本と近鉄が乗り入れている奈良県有数のターミナル駅で、JR西日本は関西本線と和歌山線、近鉄は生駒線、田原本線が乗り入れており、田原本線の駅は新王寺となっています。同じ会社の2路線が乗り入れていますが両駅は直線距離で100m程離れており、改札は別々、駅名も違う点がユニークです。尤も、近鉄田原本線の反対側のターミナルも西田原本駅として橿原線の田原本駅から西に離れた場所に存在していますが。

王寺駅は1890年12月27日、初代の大阪鉄道が奈良~王寺間を開業した際に終着駅として開業しました。1891年2月8日には大阪鉄道は稲葉山仮停車場(現、三郷(関東には「みさと」という駅がありますが、こちらは上の写真のように「さんごう」です)まで、さらに3月1日には高田まで延伸(現在の和歌山線)ました。1900年6月6日関西鉄道が大阪鉄道の路線を承継したため、王寺駅も関西鉄道の駅となりました。その関西鉄道も1907年10月1日に国有化され、国有鉄道の駅となりました。1909年10月12日、線路名制定で関西本線所属駅となりました。

181006_4 ホームにある信貴山の鳥居のレプリカ

わたしの個人的体験では1976年3月、大学2年の春休みでしたが家族で奈良県、和歌山県を旅行し、初日は奈良市内を見学、市内の旅館の泊り、奈良から国鉄で王寺に、王寺駅で駅弁(ご飯とおかずが分けられたタイプ)を購入し、和歌山線で橋本へ、さらに高野山に向かいました。

181006_3 2018/10/6 王寺駅の電留線

王寺駅の歴史で一番印象に残っているのは1982年8月の台風10号による集中豪雨で大和川が氾濫し、構内の電留線が水没、停留中だった101系6両編成10本60両と113系40両が被災し、101系54両が廃車になったことです。このため、首都圏で廃車待ち状態だった中原電車区の101系(カナリア色)54両が急遽、関西に送られ、また車両不足に対処するため、和歌山線にはDE10牽引の50系客車列車が運転されたそうです(情報はこちら)。

201_136_181006 2018/10/6 3番線ホームの関西本線・大和路線 201系 ND612編成

105_tc5_181006_2 2018/10/6
5番線ホームで出発を待つ103系1000番台改造の105系 SW008編成

117_320_181006 2018/10/6 和歌山線方面から王寺駅に到着する117系 SG005編成
以前、和歌山の117系を紹介したときとは違い完全に単色の塗装です。

221_04_181006_2 電留線で休む221系 NA421編成

わずか1時間程度の滞在の間にJR西日本の国鉄型車両を見ることが出来るのも今の王寺駅の特徴かもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年8月14日 (月)

名古屋~亀山間 関西本線 その4 211系 JR東海が投入した5000番台

分割民営化の翌年の1988年、JR東海は名古屋・静岡の都市圏、ラッシュ対策のため、オールロングシート、トイレなしの211系5000番台・6000番台を投入しました。213系5000番台と同様に室内からの展望を良くするため、前面貫通扉と運転室助手席側の窓は下方に拡大されました。

2115000_k2_080904 2008/9/4 名古屋 211系5000番台 4連K2編成+3連+313系の併結編成

国鉄時代に投入された0番台と異なり電気連結器・自動解結装置が装備され、ジャンパ連結器は省略されため、スカートの形状が変わりました。各車両両端4つのドアにはドア仕切り表示灯が設置され、ドアカット時に表示するようになりました。

補助電源は213系5000番台同様、従来の三相交流440VからDC600Vになり、DC-DCコンバータを使用し、冷房装置も直流電源によるインバータ制御方式の集約分散式C-AU711D-G1 2基になりました。

1988年から1991年にかけ、4次に渡り、
クモハ211-5000番台 48両
      -5600番台 20両
      -6000番台 9両
モハ210        68両
クハ210 -5000番台 57両
      -5300番台 20両       
サハ211        20両

が製造されました。

1次車 1988年7月に4連4本、3連6本が神領電車区に投入

2次車 103系や113系の置き換えのため、1988年11月から1989年3月にかけて4連16本、3連11本が神領区に、3連11本が大垣区に投入されました。

2115000_k6_090324 2009/3/24 名古屋 トイレ付き5300番台クハ組み込みK6編成

3次車 静岡地区への投入も開始され、1989年7月に3連17本が製造されました。1.2次車では短距離運用主体であったためトイレを装備していませんでしたが、中央線での快速運用などから利用客の不満が続出し、トイレ付きのクハ210-5300番台が登場しました。さらに狭小建築限界トンネルの存在する中央線中津川以北や身延線への入線に備えて屋根を僅かに切り下げ、C-PS24A形パンタを装備したクモハ211-5600番台が登場しました。

2115000_k11_090324 2009/3/24 名古屋 クモハは狭小建築限界トンネル対応の5600番台

1.2次車の4連6本からサハを抜き、3次車3連6編成に挿入し、神領区に配置。
2次車4連11本のクハ5000番台を3次車11編成のクハ5300番台と差し替え。抜かれたクハ5000番台はクモハ5600番台を含むユニットと3連を組成し静岡区に(転属車)。

2115000_k115_090323 2009/3/23 名古屋 K115編成3連のクハは5001 トイレなし

4次車 1990年3月、クモハ211-5600番台とクハ210-5300番台を含む3連3本が神領区に投入され、トイレなしで残っていた1次車4連3本のサハを4次車に組み込み4連化し、神領区の4連20本はトイレ付きに(K1~K20編成)。静岡地区の増備車として213系5000番台の走行装置を211系の車体に載せた1M仕様の6000番台、2連3本を投入、クハ210-5000番台は連番で製造。1991年3月には6000番台増備車2連6本が静岡運転所に投入。

神領区
0番台 4連 2本 K51 K52
5000番台 
4連 20本 K1~K20 クハはトイレ付き 5300番台 K3~K11のクモハは5600番台
3連 17本 K101~K117 クハはトイレなし 5000番台

2115000_c11_050705 2005/7/5 枇杷島 大垣区時代の3連 C11編成 現在は静岡に転属

大垣区
0番台 C1 C2 神領区に転属
5000番台 C11~C30 3連20本 2006年に静岡に転用

静岡車両区
5000番台 3両編成 31本 SS1~SS11 生え抜き組 LL1~LL20 大垣からの転属組
6000番台 2両編成 9本 GG1~GG9

Dsc07110 2017/8/5 亀山で昼寝中の神領区K20編成

本題の関西本線運用は静岡に転属する前に大垣区に配置されていた2次車3連の時代に1997年から運用が開始されました。しかし、1999年313系投入で、普通列車にも311系が投入されるようになり、関西本線の運用は神領区に移管されました。2011年10月、213系5000番台が撤退してからは、神領区の4連が普通、区間快速、快速で運用されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年8月13日 (日)

名古屋~亀山間 関西本線 その4 211系 国鉄時代に投入された4連

関西本線、JR東海の管轄する電化区間を走った電車、最後に紹介するのは211系です。

211_c1_050705
2005/7/5 枇杷島 国鉄時代に名古屋地区に投入された211系4連C1編成

211_c2_080904_2
2008/9/4 名古屋 C2編成

名古屋地区に211系が最初に投入されたのは国鉄時代の1986年で東海道本線快速列車増発用として、0番台4両編成(McM'TTc')が2本製造されました。車内はセミクロスシートで、先頭車の電気連結器や自動解結装置も非設置でジャンパ栓が装備されていました。塗色は青色の帯に白のストライプでしたが、JR東海のコーポレイトカラーがオレンジ色に決まったことで、1988年に他の211系と同様の湘南色帯になりました。

形式  クモハ211 モハ210 サハ211 クハ210    変成記号の変遷
       Mc     M'    T     Tc'
設備                      WC
機器   Cont   MG/CP
重量(t)    36.0         34.9        23.9        26.8

番号    1     13    13    7       K1~C2~K52
       2     14    14    8       K2~C1~K51

配置  新製配置  神領電車区~1989年~大垣電車区~2011年9月~神領車両区

1999年の313系の大量増備で高速ダイヤへの移行に備えて最高速度120km/h対応の工事が施工、台車へのヨーダンパ設置やブレーキの増圧対応工事も行われました。併結した311系・313系のLED式車内案内表示器を操作するための操作盤と、それを車掌が動作確認できるようにLED装置が、乗務員室内に設置されました。2005年には、バリアフリー化対応としてドアチャイムの取付とクハ210形への車椅子スペースの新設が行われました。米原側ボックス席を1組撤去の上、2人掛ロングシートを移設してその跡への設置となっています。さらに集電装置をシングルアーム式のものに交換され、転落防止幌の取り付け、吊り手の増設も行われました。

211_k52_120913 2012/9/13 名古屋 神領区への転属でC2編成はK52編成に

関西本線での運用は2011年9月の神領区に再配置されてからでした。(211系が関西本線の運用に就いたのは211系5000番台3連が大垣区に投入され、1997年10月の改正でこれら3連が関西本線の運用に就いたときが最初だそうです)。

実際に走行するのは朝と夕方以降の列車で、朝の運用を終えると、亀山駅、名古屋車両区、神領車両区のいずれかに留置となっています。

211系としてはかなり異端な存在でこれまで31年間の車生を送って来ましたが、はたしていつまで運用されるのか注目される存在にかわりありません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年5月30日 (火)

2017 大宮総合車両センター・大宮車両所公開 その3 JR東日本車両センター編

5月27日土曜日の大宮公開、3回目はJR東日本の大宮車両センター編です。

首都圏周辺で活躍中の直流電車が入場し、全般検査、重要部検査が施行されていますが、今回、211系3000番台、185系(A7編成)、251系(RE-2編成)、そして小田急4000系クハ4061他が入場していました。

2113000_2113015_170527
2113000_2113015_170527_2
211系3000番台 クモハ211-3015は車掌体験車両となっていました。

185_18528_170527
185_18528_170527_2
検査では車体の塗料、文字盤も全て剥がします。それでもモハ185-28の車体番号は判別出来ました。

251_re2_170527
251_re2_2512_170527
251_re2_2512_170527_2
251_re2170318 2017/3/18 宇佐見

実はこのRE-2編成、3月18日に伊東付近まで「伊豆クレイル」になった651系1000番台IR01編成を撮影に行った際に、宇佐見で偶然遭遇した編成でした。

4000_4061_170527
4000_4061_170527_2 小田急 4000系 クハ4061

なんで小田急の車両がJR東日本の車両センターで検査を受けているのか、

4555_160711_2 2016/7/11 亀有

4000系は東京メトロ千代田線直通用車両として、JR東日本のE233系をベースに、しかも可能な限りE233系の仕様のままで導入されていることと、長らく綾瀬までの運転でしたが2016年3月のダイヤ改正から、常磐線取手までの乗り入れが開始され、千代田線に導入予定のホームドア対応工事工事が大宮車両センターで実施されているからとのことです。2016年11月4日入場、2017年1月12日出場の4060x10編成に次いで、逐次小田急の4000系が入場しているのでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2015年3月 5日 (木)

四方津を再訪 その6 長ナノ 211系 N編成 6連

2014年12月6日の中央線四方津付近で撮影した車両の話題、前回に続いて長ナノで活躍を開始し始めた211系の話題です。

前回は3連の話題でしたが、今回は6連について触れます。3連はMcM'T'cから構成されますが、6連はTcMM'MM'Tcのクモハのない編成で、元田町区の基本番台、あるいは2000番台からの車輌で構成されています。

211_n601_141206_3 元田町のN1編成を元に誕生したN601編成 2014/12/6 四方津

前回の記事でも触れましたが、かつて田町車両センターには211系基本番台と2000番台が配置されていました。

211_n1_110925_2
国鉄時代に製造された211系 N1編成 2011/9/25 鶴見

G車は113系に組み込まれていたサロ124を改造編入したサロ213/212-100番台 が組み込まれています。

211_n603_141206_3 N603編成

田町時代の211系についてはいずれ詳しく触れようと思いますが、簡単に纏めると、

1) 国鉄時代の新製投入(0番台10連6本、2000番台5連5本)
2) 1989年から1991年にかけてのJR東日本の追加増備(10両編成8本、5両編成9本)、 2階建てグリーン車の投入 従来編成とのG車の組み替え 4号車平屋5号車2階建て
N31,N32編成は2両とも2階建て(サロ213+サロ212)
3) 2004年から2006年にかけての113系淘汰に伴う、サロ124、サロ125の改造編入、それに伴う従来の平屋タイプのグリーン車の高崎・東北線向け転出

などを経て、2011年9月以降E233系3000番台が田町車両センターにNT編成として投入され、置き換えが開始されました。

211_n605_141206_9 N605編成

5連、14編成(N51~N64)編成は全て廃車解体されており、10連、N1~N6、N21~N26, N31~N32編成に関しては中間付随車のサハ、2両とサロ2両が抜き取られ、廃車となり、クハ+モハ2ユニットの6連が編成番号順にN601からN614と符番され、新たな職務に就く予定で、現時点ではN608, N610, N613, N614が長野、大宮に入場中です。(追記:3/6 3月4日に元N31編成由来のN613編成が大宮センターを出場したそうです。)

211_n609_141206_2 N609編成

211_n611_141206 N611編成

今回の改造で電気連結器は撤去されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2015年2月19日 (木)

四方津を再訪 その5 長ナノ 211系 N編成 3連

2014年12月6日の中央線四方津訪問の際に撮影した車両のシリーズです。

今回は、長らく活躍してきた115系に代わって活躍を始めた211系編成の話題です。

211_n317_141206_3
信州色の帯を締めて活躍を開始した元高崎B1編成からのN317編成 2014/12/6 四方津

211_n317_141206_6
中間のモハ210は1000番台のトップナンバー

思えば、211系に関しては東海道系の0番台、2000番台、高崎・宇都宮系の1000番台、3000番台については未だ拙blogにおいて触れていませんが、今回の記事ではそれらの転用先となった長野総合車両センターの編成について触れようと思います。

211_2 表1 登場時から2006年のG車組込みまでの編成表 1000番台クロスシート車がB編成、3000番台ロングシート車がA編成 車両番号と編成番号の関係も極めてシンプルでした。

211g 表2 2006年G車組み込みに伴う組換え B編成は変化がありませんが、A編成からC編成が構成され、編成番号と車両番号の構成は規則性がなくなり、さらにG車の構成の違いでC編成は3つのグループになりました。

211系の長野地区への投入は、2006年3月、高崎・宇都宮線で使用される車両のグリーン車連結率を100%にする決定に端を発しています。このために同年7月までにE231系110両が新製投入され、211系3000番台のグリーン車非連結の5両編成22本が余剰となり、14本(70両)は塩害等で腐食が進んでいた房総地区の113系置き換え用として幕張車両センターに転用され、40両は高崎・宇都宮線の輸送力増強用に振り向けられました。

転用された211系は大宮総合車両センターで前面種別表示器をLEDから幕式に変更され(一部の車両)、車体帯色を黄色に薄い青の「房総色」になり、2006年8月以降、順次出場しました。編成番号はマリ401~414と符番され、2006年10月21日から運用に就きました。

2007年11月から集電効率を上げる目的でパンタを2基にする増設工事(PS35C 201系の廃車発生品)が行われ、この工事が行われたマリ402~408, 410編成は編成番号がマリ501~508に変更され、マリ409, 411~414 編成は404~408編成に変更されました。さらに2008年2月からは半自動扉スイッチをE233系タイプに交換する工事も行われました。

211_3 千マリ時代の211系3000番台の編成表 2012年冬期のジェー・アール・アールの編成表データから

14編成の211系3000番台での房総地区での活躍はその後の京浜東北線のE233系1000番台投入による、209系余剰車改造209系2000番台、2100番台の房総地区投入で,2013年3月16日のダイヤ改正をもって終了することとなりました。

これらの211系3000番台の再就職先となったのが、長野の115系N編成の後継で、まず最初に2012年6月頃から、N304、N305編成として、5両編成からサハ2両を除いた3両編成が転属し、房総地区のスタイルのまま、試運転や乗務員の訓練運転が開始されました。2013年1月にはN301編成の改造工事が終了し、信州帯の211系の登場となりました。2013年3月15日にはダイヤ改正に先駆けて大糸線での営業運転に投入されました。

転用改造の内容は

・暖房の強化
・PS33E形パンタ(低断面トンネル用)に交換
・車体帯の交換
・運転台側台車にニュージェット、セラミック噴射装置取り付け
・保安装置をATS-P/ATS-Psに変更
・PS35Cパンタの撤去(N330番台N331~N339)←元マリ501~509

元マリ401, 405, 406, 407, 408 →N301, N302, N303, N304, N305

でした。14編成すべてにおいて転用改造工事が終了し、運用に就き、2014年3月のダイヤ改正からは松本~甲府・岡谷~辰野~飯田・塩尻~中津川と運用区間を拡大しています。

2113000_401_090815
N301編成になった元マリ401編成 2009/8/15 成東

2113000_501_091015_2
N331編成になった元マリ501編成 2009/10/15 成田

そして2015年3月14日のダイヤ改正における上野・東京ライン開業の準備として2011年度からE233系3000番台の増備が再開され、田町車両センターの211系は2012年4月23日を以て運用が終了となり、高崎車両センターの車両も2013年3月15日を以て、宇都宮線上野口の運用が終了、2014年3月14日を以て、高崎線での定期運用も終了となり、現在は両毛線での運用のみとなりました。

幕張の211系の転用に加えて、田町、高崎の211系全てが転用に関係しており、さらに長野センター配給から、疎開、長野、大宮、秋田などの改造へ至る過程を追ってみると、なんで廃車解体されてしまう車両が疎開していたのかという疑問にも突き当たる今回の一連の大移動であるようにも感じます。

田町車両センター 
10連
(セミクロスシート車)
  0番台 N1~N6
(ロングシート車)      
2000番台 N21~N26  N31 N32
 5連
2000番台 N51~N64

10両編成からG車とサハ2両を除いた6両編成0番台5本が転属 (元N4のみ未)
    → N601・N602・N603・N605・N606編成
さらに2000番台10両編成からG車とサハ2両を除いた6両編成0番台4本が転属 
    → N607・N609・N611・N612編成
いずれ残っている編成も改造されて編成番号がきれいに揃うものと思われます。

211_n63_120721
2012/7/21 福島駅で見かけた疎開中の元チタN63編成と思われる編成(編成札はN63と読み取れ、クハ211-2020も見えます)。 同編成は約1年後に解体されており、果たしてこの疎開は何だったんだろうと思います。

高崎車両センター

(ロングシート車)
 5連 3000番台  A
10連 3000番台  C
→ N306, N307, N308, N309, N310, N311, N312, N313, N314, N315, N316
(セミクロスシート車)
 5連 1000番台  B1~B11の各編成 からサハ2両が抜かれた33両がN317~N327編成に

Acvsn 表3 これまでに出場しているN300番台編成とその元となった元タカA,C編成の対応関係

211_b1_070520_2
在りし日のB1編成 2007/5/20 黒磯

211_b1_110628
5連から3連化の過程で廃車となってしまったサハ211-1001 2007/5/20 黒磯

211_130809

再掲ですが、2013/8に酒田を訪問した際にも211系の疎開を見ています。時期と経緯から調べてみるとC2,C10編成だったのかと思われます。

211_n318_141206
N317編成の併結相手は元B2のN318編成でした。

2111009_140524_3

2014年5月の大宮総合車両センター公開の際にも元B9編成(クモハ211-1009)が信州版に転用改造されている姿が展示されていました。 2014/5/24 大宮総合車両センター

本記事を作成するにあたり、長野総合車両センター所属車両さまのサイト、4号車の5号車よりさまのサイトとWikipediaの記述を参考にいたしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2013年12月26日 (木)

5両の保存D52を観に18切符で日帰り旅行 その2

5機のD52保存機を観て回る旅、行程はまず沼津まで行き、そこから御殿場線を戻り、国府津へさらに、平塚へ、茅ヶ崎で相模線に乗り換え、橋本へ、そこから横浜線で淵野辺へというルートを辿りました。

つくばの自宅を5時過ぎに出発、荒川沖5:27の常磐線上りの初発電車1320Mで上野に向かいます。この電車は週末撮影旅行などで再三利用しております。上野到着は6:27ですが、日暮里で京浜東北線か、山手線に乗り換え、東京に。東京駅では朝食用に弁当を購入。

東京駅では8番線ホームに小田原行き733M E233系3000番台が入線しております。これまでも18切符の旅で名古屋、関西方面に出かける際によく利用していますが、小田原まで乗車すると折り返しのため接続列車と異なるホームに到着するため、ひとつ手前の鴨宮(8:05)で下車。

20131221
鴨宮のホームからは冠雪した富士山が綺麗に見えました。 2013/12/21
といってもフォーカスは富士山でなく、手前の架線に合っています(笑)。

さらに、733Mを追うようにTOYOTA Cargoの2053列車が貨物線を下って行きました.牽引機はEF210-170でした。程なく、熱海行き737M E231系が到着、この列車は平塚発です。熱海までの27分ほどの乗車となりました。熱海では7分の接続で、8:47発 429M JR東海の313系+211系に乗り換え。函南、三島と停車して、沼津到着は9:05でした。荒川沖から3時間半で静岡県の沼津に到着しました。

2115000_gg4_131221
6分間の停車後沼津を出発して行く429M 313系T15+211系GG4編成 2013/12/21

090813
沼津はこれまで鉄道でもあるいはクルマでも再三、訪れていますが、ここで下車するのは初めてかも知れません。

Ef210153_120109_12
この写真は今回の旅行ではありませんが、東海道線を行く貨物列車、あるいは牽引機もよくここで撮影したものです。 EF210-153(岡) 2012/1/9
拙blogにおいてもEF60 125号機、511号機、513号機 EH10 下枠交差型パンタ機の写真などを掲載しました。

最初の目的地、高沢公園は沼津駅北口を出て、徒歩10分程度のところにあります。

131221
沼津駅北口 

駅のロータリーの先の太い道路を静岡方面に1ブロック半ほど歩いたところに最初の目的地、高沢公園はありました。

131221_2
高沢公園の前の表示 2013/12/21

今回はここまでです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村