2020年7月 7日 (火)

2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 16 播但線の旅 優等列車の歴史

現在、大阪~香住、浜坂、鳥取間を結ぶ特急「はまかぜ」が播但線を走っていますが、播但線の優等列車の歴史は1952年に神戸と豊岡を結ぶ快速列車として「たじま」が運転されたのが始まりで、最初は蒸機牽引の客車編成でした。1960年の準急列車化で気動車化され、神戸~豊岡間を2時間台で結ぶようになりました。1953年3月15日には城崎温泉への観光客輸送列車として大阪~城崎間に快速列車「ゆあみ」が運転開始され、こちらは1958年に準急列車化されました。1961年10月1日に「たじま」は「但馬」となり、1965年10月1日、「ゆあみ」は「但馬」に統合されました。1966年3月5日、準急列車は制度変更で急行列車となりました。

82-1b-edit

82-740929-2b

82-740929-3a-edit1975/3 大阪駅に発着するキハ82形特急「はまかぜ」

特急「はまかぜ」が登場したのは1972年3月15日、新幹線岡山開業のダイヤ改正で新大阪・大阪~鳥取・倉吉間に2往復設定されました。車両はキハ82形を先頭にした80系特急車両でした。播但線内は無停車だったため、同線内の需要は急行「但馬」が担いました。当初は
指定ーGー食堂ー指定ー指定ー指定ー指定 (ハロシハハハハ)と 指定ーGー指定ー指定ー自由ー自由 の2編成でした。
1975年3月10日の改正には特急「おき」との編成共通化で食堂車が無くなりました。

181_20200705221001
大阪駅 
181-920312
新大阪駅 キハ181系化された「はまかぜ」

18145-060621 2006/6/21 元町

1982年7月1日、「やくも」の電車化で余剰化したキハ181系での運用が開始されました。
1986年11月1日の改正では「まつかぜ」の運転終了、但馬の特急格上げを兼ねて「はまかぜ」は3往復に、「但馬」は2往復に
1996年3月16日、「但馬」は廃止、阪神淡路大震災復興の間に2往復になっていた「はまかぜ」が3往復に
このときのダイヤ改正は急行列車を廃止し、大阪、京都から播但線、山陰本線、京都丹後鉄道で結ばれる城崎温泉、天橋立、東舞鶴方面をビックXネットワークとし、特急列車を充実させようというものでした。

Dsc03012
2019/8/5 香呂を通過する189系「はまかぜ」

2010年11月6日を以てキハ181系の運用が終了し、翌11月7日より、キハ189系による運転開始

登場した際には姫路、和田山以外の播但線内各駅には停車しなかった「はまかぜ」ですが、1998年3月14日に生野駅に停車するようになり、現在は福崎、寺前、生野、竹田(一部)駅に停車しています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年1月 5日 (金)

2017年10月の福岡旅行 3 筑豊本線 その歴史

2017年10月の福岡旅行、今回からは筑豊本線の話題です。

筑豊という名称は筑前国と豊前国の頭文字をとり、明治時代以降、石炭資源を背景に誕生した地域区分で、飯塚、直方、田川の3市はその中核都市なっていました。

筑豊と石炭に関する話題は後程、直方の石炭記念館の記事で触れる予定です。

筑豊本線は北九州の若松から筑紫野市の原田(はるだ)に至る路線ですが、鹿児島本線黒崎からの連絡線~折尾~桂川(けいせん)(篠栗線)博多間は電化され福北ゆたか線という愛称が与えられ、若松~折尾間は若松線、桂川~原田間は原田線といった愛称が与えられており、今は筑豊本線という呼び方をあまり聞かないのではと思います。

筑豊本線はいくつか日本一の特徴を持った路線でした。

・本線を名乗るJRの路線としてはその距離が66.1kmと最短の路線でした。しかし、2016年12月5日に留萌本線留萌~増毛間が廃止されたため、最短は留萌本線(50.1km)に譲りました。

・全線が大都市近郊区間(福岡近郊区間)に含まれる唯一の路線でしたが、2009年3月14日にJR東日本の総武本線成東~銚子間が東京近郊区間に含まれたため、総武本線も全線が大都市近郊区間に含まれる路線となりました。

開業は1891年8月30日、筑豊興業鉄道が若松~直方間を開業しました。1894年に社名が筑豊鉄道に変更され、九州鉄道を経て、1907年に国有化されました。原田まで開業したのは1929年12月7日のことで、それまでに飯塚から長尾線、漆生線、上山田線などの支線が開業、分化しています。

171014 2017/10/14 黒崎を発車した福北ゆたか線経由博多行きの電車の前面展望
ポイントで左に分岐すると短絡線に入ります。

171014_2 右側の複線は鹿児島本線で折尾駅高架ホームへ

171014_3
やがて鷹見口と呼ばれる折尾駅の短絡線ホームが見えてきます。

これらの光景も折尾駅の周辺連続立体交差工事が終わると見られなくなるはずです。

1893年6月30日には九州鉄道の黒崎駅と筑豊興業鉄道の中間駅を結ぶ短絡線が開通しました。

複線区間は若松~折尾、折尾~飯塚
折尾駅構内の若松方面との連絡線は一部単線
黒崎~東水巻間の短絡線は複線

2001年10月6日、折尾~桂川間は交流60Hzで電化されました。

筑豊本線で忘れてはいけないのが、本州~九州直通の昼行、夜行の特急や急行が短絡線を通り、折尾~原田間を走っていたことです。

急行「阿蘇」(1950-1961年)

急行「天草」(1961-1975年)
*209レ京都1956・-八幡709-直方732/743-新飯塚800-飯塚804/808-鳥栖851-・熊本1023
*210レ熊本1755・-鳥栖1932-飯塚2015/2020-新飯塚2030-直方2045/2049-八幡2114-・京都833

特急「みどり」(1965-1967年)
みどり」は「かもめ」の補完で1961年10月1日(実際は車両の落成の関係で同年12月15日)から大阪~博多間で走り出し、1964年10月1日から、新大阪~熊本・大分間に、1965年10月1日から、熊本発着編成が佐世保発着となり、筑豊本線経由となりました。1967年10月1日581系を使用した新大阪~大分間の電車特急となりました。

特急「いそかぜ」(1967-1968年)

いそかぜ」は1965年10月1日、大阪~宮崎間で運行開始され、1967年10月1日、「みどり」が電車特急に変更されたのに伴い、佐世保発着列車を引き継ぐ形となりました。しかし、1968年10月1日のヨンサントオ改正で「いそかぜ」の佐世保編成は「かもめ」に編入され、宮崎編成は「日向」となりました。

82_750305_4002d1975/3/5 小倉 再掲ですが、佐世保からの特急かもめ4002Dが小倉駅に到着

特急「かもめ」(1968-1975年)
*4001D 京都728・-小倉1548-直方1618/1620-飯塚1635/1636-鳥栖1714-・佐世保1850
*4002D 佐世保1050・-鳥栖1224-飯塚1303/1304-直方1321/1324-1354小倉-・京都2224

寝台特急「明星」(1975-1978年)
新幹線博多開業後、「あかつき」「きりしま」「月光」で運行されていた西鹿児島、熊本発着列車が「明星」に統合され、「かもめ」の廃止、急行「天草」の経路変更で筑豊本線経由の列車が無くなるので、下り6号、上り3号(14系)が筑豊本線経由とされました。

寝台特急「あかつき」(1978-1985年)
**4047レあかつき3号
新大阪2031・-黒崎541-直方603/607-飯塚625/629-鳥栖713/715-・佐世保912
**4046レあかつき2号
佐世保1832・-鳥栖2018/2020-飯塚2105/2106-直方2123/2125-黒崎2146-・大阪640

*1974年10月の時刻
**1981年10月の時刻

この「あかつき3号」は原田~肥前山口間で長崎編成に較べて30分遅れて通過することから、実際に誤乗する乗客がいたり、西村京太郎がサスペンスのトリックに用いたりとなかなか話題豊富な列車でした。

わたしが記憶している列車では関西~長崎・佐世保間の列車の佐世保編成が筑豊本線経由でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年8月17日 (木)

名古屋~南紀を結んだ特急列車 その2 「南紀」

昨日の記事にあるように、天王寺~和歌山~名古屋間の特急「くろしお」が1978年10月2日の紀勢本線和歌山~新宮間電化完成に伴うダイヤ改正で系統分離され、天王寺~白浜(2往復)・新宮間(7往復、1往復は季節列車)はすべて381系電車で運転されるようになり、名古屋~紀伊勝浦間にはキハ82系による気動車特急「南紀」(3往復、伊勢線経由)が設定されました。

82_801208 1980/12/8 名古屋

1985年3月14日の改正で「南紀」が1往復増発され、紀伊勝浦~新宮間で1往復が普通列車として運転されるようになりました。1986年11月1日の改正でも「南紀」の1往復が普通列車化されました。 1989年3月13日のダイヤ改正ではさらに1往復、増発され5往復になりました。、しかし1990年3月20日の改正では1往復削減され、4往復になっています。このとき、名古屋~紀伊勝浦間で快速「みえ」の運行も開始されました。

82_861203 1986/12/3 名古屋

JR東海は「ひだ」「南紀」の80系気動車が老朽化したため、置き換えと新形式投入によるスピードアップを狙ってキハ85系1989年から製造、投入しました。JR東海として最初の新形式で”ワイドビュー”が付けられた最初の形式となりました。1989年2月から「ひだ」に、1992年から「南紀」にも投入されました。キハ85系投入で名古屋~紀伊勝浦間は42分短縮されました。1992年3月14日のダイヤ改正で、「南紀」は再び5往復体制となりました。「南紀」の列車名に”ワイドビュー”が冠されたのは1996年7月25日からでした。

85_090322_2 2009/3/22 名古屋

2001年3月3日の改正で「南紀」のグリーン車連結は通年から多客期に変更となり、全区間特急列車として運行されるようになりました。2009年3月14日の改正でグリーン車は再び、多客期から通年の連結になりました。2011年9月3日台風12号による大雨で那智川橋梁の流出などが起こり、紀勢本線は長期間不通となり、10月11日、熊野市~新宮間の復旧で新宮までは通常運転に、12月3日に紀伊勝浦まで復旧しました。2015年7月17日台風11号でも新宮~三輪崎駅間での路盤陥没などが起きました。

85_140812 20014/8/12 冨田
多客期で6両編成に増結されての運行

南紀用のキハ85系は登場当初、キロ85(全室G車)を含む4両編成(自由席1両、普通指定席2両、G車1両)でしたが、2001年、需要の低迷による見直しで、全室G車は「ひだ」に転用され、キハ84形中間車と交換、さらに中間車の捻出もあり、3両編成で運行されるようになり、多客期のみ、「ひだ」専用のキロハ84が連結されていましたが、2009年3月14日の改正からキロハ84が通年で連結されるようになり、4両編成となりました。

851111_170804_2 キハ85-1111

858_170804_2 キハ85-8

849_170804 G車は半室タイプ

2017/8/4 名古屋 

←名古屋 キハ85+キロハ84+キハ84+キハ85-1100 紀伊勝浦→

キハ85系の投入で加減速性能、曲線通過速度の向上、最高速度120km/h運転などでスピードがアップされ、キハ75系による快速「みえ」より長かった所要時間(名古屋~多気間)の逆転が解消されました。

85_170805_9 2017/8/5 多気

新宮駅がJR東海、JR西日本の境界駅となっていますが、運転士が同駅で交代するようになったのは2010年3月13日のダイヤ改正から、車掌が同駅で交代するようになったのは2013年3月16日のダイヤ改正からでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年1月25日 (月)

速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 青函連絡船八甲田丸5

青森岸壁に係留されている青函連絡船八甲田丸の話題、今回は車両甲板に保存されている車両の紹介です。

151225
ちょっと見にくいかも知れませんが、車両甲板には
スユニ50 509, 510   キハ82 101
DD16 31 ヒ600 4両 ヨ6000形6798 が保存されています。

50_509_15122550_509_151225_2

50_510_151225 最初は我が国の鉄道郵便・荷物車の最終型となったスユニ50 509, 510です。

国鉄が最後に1977年から設計・製造した50系客車の一形式で、スユニ60形などの置き換え用に計画されました。車体、台枠は新製されましたが、台車はTR47形台車、自動連結器一式は廃車となったスハ43形スハネ16形から流用されたため、名義上は新製ではなく改造扱いとなりました。1978年から1981年にかけて国鉄工場で80両が改造施工されました。

0番台が本州以南用、500番台は北海道用に区分されました。0番台は電気暖房搭載で現番号に2000が付加されました。外部塗色は青15号です。

82_101_151225

82_101_151225_2
続いて本州側では「白鳥」、北海道側では「おおぞら」、「北斗」、「北海」「おおとり」などで青森、函館駅の常連だったキハ82形特急車両です。

キハ82 1011965年7月9日、富士重工で製造、1987年2月18日廃車になるまで終生、函ハコで活躍した車両です。

Dd16_31_151225
DD16 31

DD16形1971年登場した小型液体式ディーゼル機関車で、軸重が12tに制限されている簡易線向けに製造された形式です。1971年から1975年にかけて国鉄長野工場、日本車輌製造・川崎重工業で65両が製造されました。

Dd16_31_151225_2
前後非対称のセミセンターキャブ方式となっているのは長い方にエンジン(DML61S)を出力を1000psから800psに落としたものを搭載し、キャブ下に燃料タンクを配置し、短い方に機関予熱器、蓄電池箱などを納めて軸重不均衡を調整しているからです。

0番台 65両 
300番台 飯山線、大糸線用に2,5,4,13を単線用ラッセル式除雪ヘッドを取り付け可能に改造したタイプ

DD1631     川崎重工大阪工場=3826           1974-04-00 D48.0tBB(1067)
   車歴;1974-04-00 製造→ 納入;国鉄;DD1631→ 配属;青函局→1974-04-25 配置;長万部→
      1980-10-01 五稜郭→1986-03-31 廃車;五稜郭→
      保存;青森県青森市青森港「メモリアルシップ八甲田丸」;DD1631

沖田祐作氏の機関車表データによる31号機の履歴です。

600_151225 ヒ600形貨車

1954年から1977年までに構内入れ換え用、航走車両の積み下ろし作業用の控車として、トム16000形、ワ12000形、ワ22000形、ワム3500形、ワム20000形、ワム21000形、ワム23000形、ワム50000形、ワム90000形、スム1形、テム300形、テラ1形から総数253両が改造されました。走行装置は種車の違いにより、シュー式、一段リンク式、二段リンク式があり、最高速度は65km/hでした。

600_151225_2
1968年10月1日
のダイヤ改正で高速化不適車の指定を受け、識別のためヒの左肩にロが付け加えられました。

600_151225_3
6798_151225
最後は緩急車ヨ6000形6798です。

1950年代から60年代にかけてローカル線の緩急車はワフ(有蓋緩急車)が使用されていました。居住性が悪く不評だったため、その改善と慢性的な緩急車不足を解消させるため、1962年から1969年にかけて製造されたのがヨ6000形式でした。東急車輛製造・協三工業・汽車製造・鉄道車輌工業・日立製作所・若松車輌で905両(ヨ6000 - ヨ6870、ヨ6900 - ヨ6915、ヨ7900 - ヨ7917)が製造されました。

窓4枚の車掌車スタイルを基本としていますが、ヨ5000形に比べると車体が630mm、軸距が300mm短縮され、それに伴い窓数も3個となり、室内の執務用机や椅子、長椅子も3人分から2人分に減らされています。屋根も深いRのカンバス張り屋根を持ったヨ5000形に対し、ヨ6000形はゆるやかなRをもつ浅めの鋼板屋根となり、換気用ベンチレータも1個に減りました。

暖房用ストーブは当初石炭使用のダルマストーブでしたが後に石油ストーブに改装された車両も多数存在し、識別のため妻面左右に白線が標記されました。塗色は黒、常備駅が定められ日本全国で活躍しました。

走り装置はヨ5000形と同様の重ね板ばねを用いた二段リンク式軸箱支持となっており、軸距は短くなったものの、長く軟らかいばねを使用していることもあって、85km/hで走行可能でした。全長は7,200mm、全幅は2,640mm、全高は3,621mm、自重は8.8tで、換算両数は0.8でした。

6000番台 871両
6900番台 16両 北海道向け 二重窓、塩化ビニル床などの耐寒対策
7900番台 18両 耐寒構造で緩衝性能を向上させるため連結器緩衝装置が油圧式に

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2013年4月 1日 (月)

1974,1975 北海道へ 6 室蘭本線 D51牽引貨物列車 3 D51 953, D51 1119

北海道でみたギースルエジェクター装備の蒸気、今回はD51 953号機と1119号機です。

D51の形態分類は諸説あるそうですが、ここでは臼井茂信氏の分類に従って記述しようと思います。その分類によると、

1)標準型Aタイプ 所謂、ナメクジスタイルで1~21、24~85、91~100がこのグループに属します。
2)標準型Bタイプ 先日、スーパーナメクジと言った、汽車製造の22,23号機がこのグループです。
3)第1次量産試作形 86~90、101~106 ナメクジが続々と落成しているころ、ナメクジの欠点であった軸重バランスの関係を改良しようとして試作された釜で鉄道省浜松工場と汽車製造から登場した11両がこのグループに属します。
4)第2次量産試作形 107~133 従台車が一体鋳鋼式のLT154B形から鋼板組み立て式のLT157形に変わり、テンダー台車も組み立て式になった27両で、川崎車輌と日立製作所で製造されたものです。
5)第3次量産試作形 199~211 動力逆転機を手動のねじ式に変更したタイプで、かつテンダー台車が第1次量産形までの鋳鋼側枠に戻った13両で、浜松工場と鷹取工場で落成した釜です。
6)量産型 134~198、212~745、748~845、950~954 当然のことながら702両が属する最大のグループで、軍需用として最大量産体制で大量製造されたグループです。950~954の5両は準戦時形が出揃った後に胆振縦貫鉄道から買収したもので、準戦時形のラストナンバーの続番が与えられたそうです。
7)準戦時形 746、747、846~949 次第に悪化する材料事情により、各部に代用品が使用され、ボイラーのドームがカマボコ形になったり、デフレクタ、テンダーの上部、ナンバープレートが木製となったり、メインロッドの大端部のブッシュが角形から円形になったり、前面のボイラー端上部を切り取ったりという変更が行われました。
8)戦時形 1001~1161 ボイラー圧力が14kg/cm2から15kg・cm2にアップして従来のD51とは性能面でも異なったため1000番台に分けられたそうです。代用品の使用は、銅部品に代わる鉛代用、鉛部品に代わる鋼代用、鋼部品にかわる木材代用といったように実施され、ボイラーは肉厚、溶接ともにレベルの低い粗悪品に、メインロッドは小端部も角形ブッシュから円形に変わりました。砂撒き管が3本から2本に、車体大枠の前後にコンクリートの死重搭載、給水温メ器の省略された釜も登場したそうです。テンダーも最低の強度を維持するために炭水槽の底を船底形に折り曲げ、台枠を省略した10-20形とし、直接貨車用のTR41形台車を履かせたとのことです。(データは蒸気機関車 形式D51 伊藤久巳著より引用)(文章は蒸気機関車 形式D51 伊藤久巳著を参考に纏めました。)

それではD51 953号機の履歴です。
汽車製造大阪工場=2234     1941-02-19/1942-07-17 S77.60t1D1T(1067)
車歴;1941-02-19/1942-07-17 製造→
納入;胆振縦貫鉄道;D5104→1942-02-19 竣工→1944-07-01 買収配置;国鉄;
D5104;伊達紋別→1947-02-22 改番;
D51953;伊達紋別支区→1949-03-29 名寄→1952-01-30 缶をD51359 のものに交換→1952-09-12 旭川→1974-12-29 岩見沢一→1976-03-01
廃車;岩見沢一→保存;北海道豊浦町船見町公園「中央公民館前広場」;D51953

D51_953_1294_75081975/8 登別で撮影していると中線で停車して特急列車などをやり過ごす1294レで953号機はやって来ました。

D51_953_1294_7508_2_3今だったらデジカメで撮り放題ですが、当時はフィルムの枚数を気にしながらですが、もう後は帰るだけの状態でしたから、いろいろな角度から写真を撮りました。

D51_953_1294_7508_3反対側からも撮影しました。

D51_953_1294_7508_4そして1294レを追い抜いていったキハ82系特急「おおぞら」とのツーショットも撮影しました。

当時、煙突の形態が変わっていることは気がつきましたが、この釜が胆振縦貫鉄道の買収機であったことは今回初めて知りました。ほぼ40年ぶりにBlogに纏めることで知り得た知見です。

続いてD51 1119号機の履歴です。

日本車両名古屋工場=1308           1944-08-26 S77.60t1D1T(1067)
車歴;1944-08-26 製造→ 納入;国鉄;D511119→ 配属;
東京局→1944-10-20 配置;平→1948-03-20
給水温器取付→1949-08-12(8/13?)新鶴見→1953-12-27 借入;
国府津→1953-12-28 返却→1954-07-12 大宮→1955-02-13 借入;
甲府→1955-06-20 返却→1955-08-12 借入;
宇都宮→1955-08-20 返却→1958-04-17 稲沢一→1959-03-12 借入;
高山→1959-04-01 高山→1959-12-04 長野工場製製番3550 新缶に交換;
浜松工場→1962-01-30 特別塗装→1962-06-26 鷲別→1962-09-29 耐寒工事施工・旋回窓取付→1967-03-29 ギースルエジェクター取付→1967-04-01 発;
追分→1969-02-01 踏段改造→1976-03-01
廃車;追分→
保存;神奈川県厚木市「福祉会館」;D511119(若宮公園説?)

この履歴からも想像されるように戦時形として登場した際には給水温め器は省略されていたようですね。

D51_1119_5797_7510_2こちらは写真1枚だけですが、追分で石炭列車5797レを牽引して接近してくる姿を写していました。

(履歴データは沖田祐作氏の著作による機関車表からの引用しました。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2013年3月 9日 (土)

1974,1975 北海道へ 2 北の大地のDC特急 5 「オホーツク」 他 その1

キハ82系特急として、最後に登場し、しかも函館ではなく札幌発の特急として登場したのが今回ご紹介する「オホーツク」です。

82_7510_2
1975/10 札幌駅で発車を待つキハ82系特急「オホーツク」 

1949年9月:函館駅 - 旭川駅間の夜行急行列車である1・2列車の運行区間を石北本線網走駅まで延長。旭川駅以東は普通列車とした。また、函館駅 - 網走駅間に夜行準急列車 503・504列車が運行開始。この503・504列車は当初夜行区間となる札幌駅 - 北見駅のみが準急列車として運行された。

1951年4月
:1・2列車に「大雪」の列車愛称が与えられる。

1955年6月:函館駅 - 網走駅間を函館本線・石北本線経由で運行する準急列車「はまなす」が運行開始。これに伴い、「大雪」は旭川駅 - 網走駅間を分離し、函館駅 - 旭川駅間の運行になる。

1956年11月
:「大雪」の運行区間を再び函館駅 - 網走駅間に変更。ただし、石北本線内は普通列車として運行。

1958年10月:503・504列車に「石北」(せきほく)の名称を与える。

1959年9月:旭川駅 - 網走駅間で準急「オホーツク」が運行開始。「大雪」の旭川駅以北乗り入れを廃止。

1960年7月:「オホーツク」が札幌駅発着になる。なお、札幌駅 - 旭川駅間は稚内駅発着の「宗谷」と併結していた。

1961年10月:.「オホーツク」が函館駅発着の急行列車に変更。根室本線に直通する釧路駅発着の「摩周」も連結し、3階建て列車になる。「はまなす」が旭川駅 - 網走駅間の急行列車に変更し、札幌駅発着の列車も増発された。なお、札幌駅 - 滝川駅間は根室本線経由で釧路駅着の「狩勝」、札幌駅 - 旭川駅間は天北線経由で稚内着の「天北」と併結運行していた。「石北」の下り列車の始発駅を札幌駅に変更。

1962年5月:「はまなす」の旭川駅発着列車を札幌駅発着に延長。2往復とも札幌駅発着の単独運行になる。

1963年6月:「はまなす」の1往復を小樽駅発着とし、札幌駅発着の1往復を「大雪」に変更。

1964年10月1日:函館駅 - 網走駅間で特急「おおとり」が運行開始。 「おおとり」は「おおぞら」の増発を兼ねており、編成の半数を滝川駅で分割し、根室本線釧路駅まで直通していた。また、食堂車は釧路駅発着編成に連結された。.急行「オホーツク」は札幌駅発着となり、札幌駅 - 深川駅間は「はぼろ」、札幌駅 - 旭川駅間は「紋別」を併結。旭川駅 - 網走駅間を運行する準急列車「あばしり」運行開始。

1965年:「石北」の下り列車始発を函館駅に変更。

1966年3月:準急列車制度廃止に伴い、「あばしり」「石北」が急行列車に変更。

1968年10月1日:石北本線経由の急行「大雪」「石北」「あばしり」「はまなす」「オホーツク」が「大雪」に統合。「オホーツク」は名寄本線経由(旭川駅 - 遠軽駅 - 興部駅 - 名寄駅間)の急行列車(興部駅 - 名寄駅間は普通列車)になる。

1970年10月1日:.「おおとり」の釧路駅発着編成を「おおぞら」に分離し、函館駅 - 網走駅間の運行になる。 2.急行「オホーツク」の名寄本線内は普通列車となる。

1972年10月2日:「オホーツク」が札幌駅 - 網走駅間の特急列車に変更。函館駅を発着としない初の特急列車になる。従来の名寄本線経由の急行列車は「大雪」に変更するが、遠軽駅 - 名寄駅間は普通列車として運行。

82_7510_3
1975/10 札幌駅 HMの表記はロシア語のアルファベット表記 OKHOTSK

82_7510_3_2
編成は札サウの7両編成

札サウ

DcDsDdDDDDc×3 所要3(臨時+1 函館車を組み込み)
北斗(2)、オホーツク(1)、北海(臨時1)
 札幌7351155函館14251836札幌
 札幌10201445函館16152038札幌
 札幌7001243網走16102154札幌
 札幌2320510函館2355515札幌

Dc×2 D×2 Ds×1 Dd×1

82_7508_2
82_7508_2_4
網走から札幌に向かう列車に乗車中に常紋信号所で交換があり、対向列車を撮影したら特急「オホーツク」でした。札幌側のHMは赤文字のものでした。当時の常紋信号所には腕木式信号機があったのですね。1975/8

1981年10月1日:札幌駅 - 釧路駅間(釧網本線経由)の「大雪」1往復が廃止され、特急「オホーツク」に昇格。網走駅 - 釧路駅間は「しれとこ」に変更。

DcDsDdDDDDc×4 所要2
オホーツク(2)
 札幌9281539網走17022304札幌
 札幌7001248網走13541953札幌

DcD×4 所要2
オホーツク(付属2)
 札幌9281539網走17022304札幌
 札幌7001248網走13541953札幌

Dc×3 D×5 Ds×5 Dd×1

1982.11.2 キハ183系気動車が使用開始。

DcDDDD'DsDDDc×3 所要2
オホーツク(2)
 札幌9281539網走17022304札幌
 札幌7001248網走13541953札幌

Dc×4 D×3 D'×2 Ds×1

1985年3月14日:「大雪」の1往復が「オホーツク」に変更。

キハ183系 札サウ 
DcDDDDsDDc×5 所要4
オホーツク(2)、おおぞら(3)
 札幌9301520網走16372219札幌
 札幌7001245網走13281915札幌
 札幌8001302釧路14111918札幌19432245帯広
 帯広7201024札幌10561612釧路17062206札幌

Dc×2 Ds×1

キハ82系 函ハコ
DcDdDsDDDDc×4 所要3
おおとり(1)、オホーツク(1)
 函館11382147網走
 網走6201216札幌17102307網走
 網走9051925函館

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2013年3月 8日 (金)

1974,1975 北海道へ 2 北の大地のDC特急 4 「北海」

北海道のキハ82系特急として、4番目に登場したのは「北海」でした。函館から旭川を結ぶ特急として登場しましたが、それまでの室蘭本線経由ではなく、函館本線山線経由の特急としてスタートを切りました。82_7510_5

2013/3/1のおおぞらの記事で1便接続で函館駅で待つ「おおぞら 1D」の写真を紹介しましたが、反対側のホームには山線回りの特急「北海 11D」の姿がありました。 1975/10

まずは「北海」が登場するまでの小樽経由の列車の歴史を見てみましょう。

1946年2月11日:連合軍専用列車 (Yankee Limited) が小樽駅経由に変更される。11月5日:同列車が東室蘭駅経由に戻される。

1947年6月29日:函館駅 - 旭川駅間で夜行急行列車7・8列車が設定される。11月1日:7・8列車に二等車が連結開始。

1948年7月1日:7・8列車の列車番号が1・2列車に変更される。

1951年4月:1・2列車に「大雪」、函館駅 - 釧路駅間の急行列車に「まりも」の列車愛称が与えられる。

56_202_7407_b
1975/10 札幌駅で出会ったキハ56形 急行「大雪

1964年10月1日:急行「宗谷」が小樽経由に変更。1等車連結開始。

1967年3月1日:函館駅 - 旭川駅間(小樽駅経由)で初めて特急「北海」が運転開始。「北海」はその後、夏季には網走駅まで延長運転されることもあった。

DcDsDdDDDDc×8 所要7
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)、北海(1)
 函館4101450釧路
 釧路1330005函館
 函館11152155釧路
 釧路8051855函館
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館
 函館4151110旭川17002346函館

82_830824
小樽駅に到着した特急「北海」 1983/8/24

82_830823_2
札幌駅での特急「北海」 山線経由なので、札幌駅でのスイッチバックはなく、そのまま函館本線を北進。 1983/8/23

82_7507_2
旭川に到着した特急「北海」 本来はここが終着駅ですが、夏の期間は網走まで延長運転 1975/8

82_7507
延長運転の特急「北海」、駅名は忘れましたが、乗車中の急行列車が待避をするとのことで、特急の通過を撮影 1975/8

82_7508
夜の札幌駅で 上り特急「北海」 札幌19:25発、函館23:55 1975/8

1981年10月1日:「北海」の運転区間が函館駅 - 札幌駅間に短縮されるが、従来函館駅 - 稚内駅間の急行「宗谷」の系統分割により1往復増発され、「北海」は2往復になる。同時に1往復がキハ183系気動車に変更。

キハ183系 函ハコ

DcDDDDDsD'DDDc×5 所要4
おおぞら(2)、北海(1)
 函館9401915釧路
 釧路7201640函館
 函館11451627札幌17152214釧路
 釧路10251540札幌19202355函館

Dc×2 D'×1 Ds×1

1986年11月1日:特急「北海」廃止。急行「ニセコ」は夏季のみ運転の臨時列車に変更され、小樽駅を経由する定期の優等列車が消滅。なお、臨時「ニセコ」はキハ56系気動車で1993年夏まで運転。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2013年3月 5日 (火)

1974,1975 北海道へ 2 北の大地のDC特急 3 「北斗」 その1

北斗」の名称は元々1950年から1965年まで上野駅 - 青森駅間を常磐線・東北本線経由で運行する夜行急行列車に使用されていました。これは当時の列車愛称命名方法の基準であった「夜行列車名は天体名にちなむ」が元になっています。

1950年10月 日本人用列車で201・202列車が運行再開。11月には201・202列車が「みちのく」、203・204列車が「北斗」の東北本線・常磐線の日本人用列車では初の列車愛称を命名されるとともに、「みちのく」では1等寝台に限り函館 - 札幌間急行1・2列車からの青函連絡船客車航送連絡を開始。

1959年9月 「北斗」を寝台車中心にした寝台列車化の編成変更を行い、「十和田」は座席車主体の組成に変更。

1965年10月1日 青函連絡船就役船の津軽丸型置換えに伴い運航時間を4時間30分から3時間50分に短縮。「はくつる」は尾久客車区移管と12両編成に増強し、一ノ関が通過になる。共通運用として「北斗」を格上げする形で常磐線経由寝台特急「ゆうづる」(5・6列車)を運転開始。

東北・常磐線の夜行急行は20系寝台特急に格上げされ、「ゆうづる」となり、「北斗」の名称は北海道のキハ82系特急(名称としては3番目)になりました。

82_7508_2
登別を行くキハ82系特急「北斗」 1975/8

「北斗」の名称は北斗七星に由来し、北斗七星が北極星を指し示す星座とされることから、「北都 = 札幌行きの列車」とのイメージが重なり、青函連絡船からの旅客を受けて北へ向かう特急列車の愛称として採用されたといわれています。ただし、当初の運行区間は函館駅 - 札幌駅 - 旭川駅間であり、純粋な函館駅 - 札幌駅間の特急列車には、当初「エルム」と別名称が与えられました。

1965年10月1日:函館駅 - 旭川駅間を函館本線・室蘭本線・千歳線経由で運行する特急列車として「北斗」が1往復運転開始。

DcDsDdDDDDc×7 所要6
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)
 函館4101455釧路
 釧路1320005函館
 函館11152203釧路
 釧路7551855函館
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館

DcD×3 所要2
北斗(付属1)
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館

1968年10月1日:急行「すずらん」の1往復を特急「北斗」に格上げし、函館駅 - 札幌駅間を運行。旭川駅発着列車と合わせて2往復となる。

函ハコ

DcDsDdDDDDc×8 所要7
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)、北海(1)
 函館4401451釧路
 釧路1400010函館
 函館11352200釧路
 釧路9001925函館
 函館9301557旭川
 旭川10201640函館
 函館4451116旭川17102345函館

DcDsD×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(付属1)
 函館440855札幌12201640函館
 函館9301355札幌1950010函館

DcDDDsTdDDDDc×1 所要1
北斗(1)
 札幌7301155函館16252046札幌

ここで特筆すべきは、尾久から転属したキサシ80-1が耐寒工事のみを施工されて、キサシの状態で北斗専用編成に組み込まれて約1年間活躍したことですね。同車は、1969年12月27日に五稜郭工場(現・五稜郭車両所)で改造され、キシ80-903になり、1975年3月13日に廃車になっています。

82_7508
特急「北斗」の編成は函館よりに3両の付属編成が着いています。 1975/8 登別

1969年10月1日:特急「北斗」の札幌駅発着列車の名称を「エルム」に変更。急行「すずらん」の1往復を特急に格上げし、函館駅 - 旭川駅間の特急「北斗」を増発(「北斗」自体は2往復のまま)。 なお、「北斗」増発列車には奥羽本線特急「つばさ」をキハ181系特急用気動車に置き換えて、捻出したキハ82系気動車を使用する計画であったが、「つばさ」用キハ181系の落成が1970年2月にずれ込んでしまい本改正に間に合わず、増発した「北斗」には急行用気動車であるキハ56系気動車によって運行された。このため、特急料金の100円引きがなされた。この措置はキハ82系気動車が導入されたことで解消される。

DcDsDdDDDDc×9 所要8
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)、北海(1)、エルム(1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館
 函館11452205釧路
 釧路8551925函館
 函館9401600旭川
 旭川10201640函館
 函館4501110旭川17302400函館
 札幌7351200函館16252053札幌

DcDsD×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(付属1)
 函館445900札幌12151640函館
 函館9401405札幌2000025函館

DcD×1 所要1
エルム(付属1)
 札幌7351200函館16252053札幌

1971年7月1日:特急「エルム」が「北斗」に吸収され廃止。「北斗」3往復となる。また「北斗」の1往復を函館駅 - 札幌駅間の運行に短縮。

DcDsDdDDDDc×10 所要9(臨時+1)
おおぞら(2)、北斗(3)、北海(1)、オリンピア(臨時1)
 函館4401456釧路
 釧路1405025函館
 函館11452215釧路
 釧路9001925函館
 函館9401555旭川
 札幌10301455函館16252053札幌
 札幌7351200函館14201850札幌
 旭川10251640函館
 函館4451110旭川17302400函館
 函館9251356札幌2110230函館

DcDD×7 所要6
おおぞら(付属2)、北斗(付属3)
 函館440900札幌12151640函館
 函館9401405札幌2000025函館
 札幌10301455函館16252053札幌
 札幌7351200函館14201850札幌
 函館11452215釧路
 釧路9001925函館

1972年3月15日:函館駅 - 旭川駅間(函館本線・室蘭本線・千歳線経由)の特急列車を「おおぞら」に移行。「北斗」は函館駅 - 札幌駅間のみ2往復となる。この改正で札幌運転区(札サウ)開設。

函ハコ担当分

DcDsDdDDDDc×10 所要9(臨時+1 札幌車と運用)
おおぞら(3)(臨時+1)、おおとり(1)、北海(1)(臨時+1)、北斗(臨時1)
 函館4451455釧路16352235札幌
 札幌7001253釧路1420020函館
 函館11402147釧路
 釧路9101930函館
 函館9351945釧路
 釧路6401640函館
 函館11452146網走
 網走9001905函館
 函館4501105旭川17252355函館
 札幌2320510函館7001121札幌17002125函館2355515札幌

DcDsDDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(臨時1)
 函館9351539旭川1940220函館
 函館155820旭川10301640函館

DcDD×5 所要4(臨時+1)
おおぞら(付属2)、北斗(付属2)(臨時+1)、北海(臨時1)
 函館445855札幌10201445函館16152038札幌
 札幌2320510函館7001121札幌17002125函館2355515札幌
 札幌7351155函館14251836札幌2005020函館
 函館11402147釧路
 釧路9101930函館

札サウ担当分

DcDsDdDDDDc×2 所要2
北斗(2)
 札幌7351155函館14251836札幌
 札幌10201445函館16152038札幌

Dc×1 D×1 Ds×1

1972年10月に秋アキより、元「はつかり」用キロ80をキハ82に改造したキハ82-901, 902が転入 
キハ82-901は1968年10月改正で特急「はつかり」の運用終了後、12月に大宮工場でキハ82に改造し、大ムコに転属、1972.3に秋アキに転属、1972.10に札サウに転属

キハ82-902はキロ80-5のまま、1969.5秋アキに転属、1970.2にキハ82-902に改造され、鹿カコに配置、9月に天ワカに転出、1972.3に秋アキに、1972.10に札サウに転属
82_901_7508
82_902_7508

当時 札サウに配置された元特急「はつかり」用のキロ80 1、 5からの改造によるキハ82-900番台(901, 902)を組み込んだ特急「北斗」

1973年10月1日
:急行「すずらん」の1往復を特急「北斗」に格上げし、「北斗」が3往復に増発。

函ハコ担当分

DcDsDDDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(臨時1)
 函館9351535旭川2000220函館
 函館155820旭川10351640函館

DcDD×6 所要5
おおぞら(付属2)、北斗(付属2)、北海(付属1)
 函館445850札幌10251445函館16152028札幌
 札幌7371155函館14251832札幌2010020函館
 函館11402142釧路
 釧路9201930函館
 函館4501105旭川17352355函館

札サウ担当分

DcDsDdDDDDc×3 所要3
北斗(2)、オホーツク(1)
 札幌7371155函館14251832札幌
 札幌10251445函館16152028札幌
 札幌7001243網走16152200札幌

DcDsDDDDc×1 所要1
北斗(1)
 函館7401158札幌17002125函館

Dc×2 D×2 Ds×1 Dd×1

1981年10月の改正で札サウのキハ82系による担当は消滅

82_7507_2_2
札幌駅で出発待ちをする特急「北斗」 1975/8

1981年10月1日:特急「おおぞら」の1往復を札幌駅で系統分割し、札幌駅以南を「北斗」としたことにより、「北斗」が4往復となる。

函ハコ

DcDsDdDDDDc×7 所要6
おおぞら(1)、おおとり(1)、北海(1)、北斗(3)
 函館445857札幌9421414函館19002325札幌
 札幌8051326釧路17152240札幌
 札幌7231153函館14551916札幌2000020函館
 函館11402157網走
 網走8581924函館
 函館450922札幌13551858函館

DcDsDdDDDc×2 所要1
北斗(1)
 函館7401159札幌17362200函館

DcD×7 所要6
おおぞら(付属1)、おおとり(付属1)、北海(付属1)、北斗(付属3)
 函館445857札幌9421414函館19002325札幌
 札幌8051326釧路17152240札幌
 札幌7231153函館14551916札幌2000020函館
 函館11402100北見
 北見9561924函館
 函館450922札幌13551858函館

Dc×8 D×18 Ds×3 Dd×2

1983年6月1日:「北斗」1往復にキハ183系を投入。食堂車の連結なし。

DcDsDdDDDDc×6 所要4
おおとり(1)、北海(1)、北斗(2)
 函館445857札幌9451414函館14551916札幌2000020函館
 函館11402157網走
 網走8581924函館
 函館450922札幌13551858函館

DcDsDdDDDc×2 所要1
北斗(1)
 函館7401159札幌17362201函館

DcD×6 所要4
おおとり(付属1)、北海(付属1)、北斗(付属2)
 函館445857札幌9451414函館14551916札幌2000020函館
 函館11402100北見
 北見9561924函館
 函館450922札幌13551858函館

Dc×2 D×6 Ds×3
82_830823_2
183系も進出する中、老体にむち打って活躍していたころのキハ82系 特急「北斗」 1983/8 札幌

1985年3月14日
:臨時急行「すずらん」を特急「北斗」に統合し、「北斗」が5往復に増発。 ただし、この1往復は1986年10月31日まではキハ82系を使用し、列車番号が6000番台の季節列車の扱いであった。

DcDsDDDc×1 所要1
北斗(1)
 札幌8451319函館16302047札幌

1986年11月1日:特急「北海」の廃止および「おおぞら」1往復の系統分割により、「北斗」が3往復増発され8往復となる。なお、このとき「北海」の代替の「北斗」1・16号は、青函連絡船深夜便との連絡の兼ね合いから他列車より停車駅を少なくして速達性を高め、全車座席指定席制とした。

今回はここまでです。キハ183系、キハ281、283系による「北斗」「スーパー北斗」は明日以降の記事で。

今回も、Wikipediaの東北線優等列車、特急北斗の記事、「キハ80系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 一覧」を参考に纏めました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2013年3月 4日 (月)

1974,1975 北海道へ 2 北の大地のDC特急 2 「おおとり」

おおとり」という名称はキハ82系「おおぞら」の記事、冒頭でご紹介しましたように、1961年10月のサンロクトウダイヤ改正で東京~名古屋間に登場した151系電車特急に与えられた名称です。

準急「新東海」を速達化し、特急「おおとり」に昇格させたもので、 下りは東京駅 - 大阪駅間の特別急行列車群の終了後、上りは大阪駅発の特急到着前に到着するダイヤで、東京駅 - 名古屋駅間の特急設定は初めてでした。

1964年10月1日:東海道新幹線開業によるダイヤ改正により、特急「おおとり」は廃止となり、名称は新設の函館駅 - 網走駅・釧路駅間特急へ転用されました。「おおとり」は「おおぞら」の増発を兼ねており、編成の半数を滝川駅で分割し、根室本線釧路駅まで直通していました。また、食堂車は釧路駅発着編成に連結されました。

82
キハ82系 特急「おおとり」 1975/7 旭川

DcDsDdDDDDc×5 所要4
おおぞら(1)、おおとり(1)
 函館4551525釧路
 釧路13202400函館
 函館10402130釧路
 釧路7201810函館

DcDsDDDc×3 所要3
おおぞら(付属1)、おおとり(付属1)
 函館4551128旭川17252400函館
 函館10402115網走
 網走7401810函館

Dc×1 D×1 Ds×1 Dd×1

1970年10月1日:「おおとり」の釧路駅発着編成を「おおぞら」に分離し、函館駅 - 網走駅間の運行になりました。

DcDsDDDDc×3 所要2
おおとり(1)
 函館11502213網走
 網走8401900函館

1972年3月15日:「おおとり」に食堂車が連結開始。

DcDsDdDDDDc×10 所要9(臨時+1 札幌車と運用)
おおぞら(3)(臨時+1)、おおとり(1)、北海(1)(臨時+1)、北斗(臨時1)
 函館4451455釧路16352235札幌
 札幌7001253釧路1420020函館
 函館11402147釧路
 釧路9101930函館
 函館9351945釧路
 釧路6401640函館
 函館11452146網走
 網走9001905函館
 函館4501105旭川17252355函館
 札幌2320510函館7001121札幌17002125函館2355515札幌

82_7508
登別付近を行く特急「おおとり」 1975/8

82_7507_10
札幌に到着した下り網走行き特急「おおとり」 1975/10 
当時、下り特急「おおとり」は函館発11:45、札幌着15:55 で青函連絡船5便に接続し、特急「おおぞら3号」(函館11:40、札幌15:45)を補完する形で走っていました。

1986年11月1日:「おおとり」「オホーツク」の食堂車連結が終了。両特急の運用は札サウのキハ183系が担当。

DcDDDDsDDc×10 所要9
おおぞら(3)、おおとり(1)、北斗(7)
 札幌7501153函館13021659札幌17202125函館
 函館11352057網走
 網走10001921函館
 函館8111210札幌12421641函館19002258札幌
 札幌8541301函館14301828札幌19212319函館
 函館9311325札幌14271839函館
 函館456853札幌9351341函館17122111札幌
 札幌8041245釧路14071906札幌19542250帯広
 帯広7251016札幌11301629釧路17172205札幌

1988年3月13日:「おおとり」は札幌駅を境に系統分割。札幌駅 - 網走駅間を「オホーツク」、函館駅 - 札幌駅間を「北斗」とする。これにより函館駅から札幌駅以北に直通する定期列車は姿を消しました。

廃止になる直前の1年3ヶ月間、キハ183系「おおとり」の時代があったようですが、この期間に北海道は訪れていないため、写真は撮り逃がしていたようです。

以上、Wikipediaの記事、「キハ80系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 函館」「キハ183系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 札幌」のデータを参考に纏めました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2013年3月 1日 (金)

1974,1975 北海道へ 2 北の大地のDC特急 1 「おおぞら」その1

北海道の特急を挙げるとき、一番に出すべきはなんといってもサンロクトウの改正でデビューした「おおぞら」ではないかと思います。

82_7510
1975年10月 連絡船1便でまだ夜の明けきらぬ函館についてホームを歩くと札幌から釧路へ向かうキハ82系特急「おおぞら」と「北海」が出発待ちをしていました。

これまでも再三出てきましたが、1961年10月の改正は東海道線全線電化の1956年11月改正以来の大改正であり、1957年4月に開始された国鉄の第一次5カ年計画の総まとめ的な改正でした。

この改正までの国鉄の特急列車は、東海道系統の「こだま」(2往復)・「つばめ」(2往復)・「ひびき」(不定期)、東海道 - 九州系統の「あさかぜ」・「はやぶさ」・「さくら」、関西 - 九州系統の「かもめ」、そして東北系統の「はつかり」しか存在しませんでした。

この改正では、特急列車の運行を、四国を除く北海道・本州・九州に拡大させ、全国的な「特急ネットワーク」が構成されるようになりました。

この改正で運行を開始した特急列車は
富士」(2往復) 東京 - 神戸、宇野
はと」 東京 - 大阪
おおとり」 東京 - 名古屋
第2ひびき」(不定期) 東京 - 大阪(「ひびき」の増発)
みずほ」(毎日運転の不定期列車、翌1962年10月1日に定期列車昇格) 東京 - 熊本
うずしお」 大阪 - 宇野
みどり」(運転開始は12月15日) 大阪 - 博多駅
へいわ」 大阪 - 広島
まつかぜ」 京都 -松江(福知山線経由)
ひばり」(不定期、運転開始は翌1962年4月27日 1963年10月1日に定期列車昇格) 上野 - 仙台
つばさ」 上野 - 秋田
白鳥」 大阪 - 上野・青森
おおぞら」 函館 - 旭川 であり、「おおぞら」は道内最初の特急としてデビューしました。

いつものようにその歴史を見てみると、

函館本線・根室線の列車の歴史から見てゆくことになりますが、

1949年9月15日:函館本線・根室本線経由で函館駅 - 釧路駅間を運行する急行列車3・4列車が設定される。 この列車は、札幌駅以東を準急列車として運行された。また、運行区間が長距離となったため、同区間は夜行列車として運行された。

1950年10月1日:3・4列車の運行区間を根室駅まで延長。ただし、釧路駅以東は普通列車として運行される。また、函館本線・根室本線経由函館 - 釧路間を運行する準急列車405・406列車が設定される。この列車は小樽駅以東は普通列車の扱いとなる。

1951年4月1日:3・4列車に「まりも」の名称が与えられる。

1955年6月1日:405・406列車、列車番号を407・408列車に変更し、全区間を準急列車化。これに伴い、石北本線網走駅発着編成を連結。 なお、この列車は函館本線内を夜行列車として運行されていた。

1958年7月15日:407・408列車の釧路駅編成に「狩勝」の列車名が与えられる。
1959年9月22日:釧路駅 - 根室駅間運行の準急列車「ノサップ」の運転開始により、「まりも」運行区間を函館駅 - 釧路駅間に短縮。

1961年4月15日:「狩勝」にキハ56系気動車が導入。これに伴い、急行列車に昇格し運行区間を札幌駅 - 釧路駅間に変更する。
6月15日:「狩勝」に函館本線経由函館駅 - 根室駅間を毎日運行の季節列車を1往復増発する。

以上が特急「おおぞら」誕生前の函館本線、根室本線の優等列車の歴史です。

1961年10月1日:サンロクトオのダイヤ改正に伴い、.北海道初の特急列車として室蘭本線・千歳線経由函館駅 - 旭川駅間に「おおぞら」がキハ82系気動車で運転を開始する。

ここからは、特急「おおぞら」の歴史とその担当区であった函館運転所(函ハコ)のキハ80系配置の歴史を見てゆこうと思います。

1961年8月からキハ80系が新製配置され、10月の時点で以下の15両体制でスタートがきられました。因みに同じ改正で尾久客車区は34両向日町運転所は78両体制でした。

キハ82 6, 7,12,13,16, 17
キハ80  25, 26, 28, 29
キロ80   6, 15, 17
キシ80  1, 10

編成と運用は以下の通りです。

←函館
DcDsDdDDDc×1 所要1
おおぞら(1)
 函館4551125旭川17302400函館

DcDsDDc×1 所要1
おおぞら(付属1)
 函館455925札幌19302400函館

Dc×2 D×1 Ds×1 Dd×1

82_7508
特急「おおぞら」というと釧路行きというイメージが強いですが、登場時は函館~旭川(あさひがわ)間の設定で、1980年10月まで旭川まで来ていたのですね。 1975/8 旭川

82_3d_7508_2_3

登別駅に進入する下り特急「おおぞら2号 3D」、この列車は旭川編成と釧路編成の併結の13連 1975/8 

1962年10月1日:「おおぞら」に釧路駅発着編成を連結開始。

釧路編成の追加で新製配置と大ムコから転入{平和の電車化(つばめ)による}があり、

←函館
DcDsDdDDDc×3 所要2
おおぞら(1)
 函館4551551釧路
 釧路13002400函館

DcDsDDDc×1 所要1
おおぞら(付属1)
 函館4551128旭川17252400函館

1964.10.1  おおとり」の運用開始により、新製配置による増備が行われ

←函館
DcDsDdDDDDc×5 所要4
おおぞら(1)、おおとり(1)
 函館4551525釧路
 釧路13202400函館
 函館10402130釧路
 釧路7201810函館

DcDsDDDc×3 所要3
おおぞら(付属1)、おおとり(付属1)
 函館4551128旭川17252400函館
 函館10402115網走
 網走7401810函館

Dc×1 D×1 Ds×1 Dd×1

1965.10 北斗」の運用開始でさらに増備が行われ、

←函館
DcDsDdDDDDc×7 所要6
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)
 函館4101455釧路
 釧路1320005函館
 函館11152203釧路
 釧路7551855函館
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館

DcDsDDDc×4 所要3
おおぞら(付属1)、おおとり(付属1)
 函館4101045旭川1730005函館
 函館11152158網走
 網走8151855函館

DcD×3 所要2
北斗(付属1)
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館

D×1 Dd×1

1967年3月1日:「おおぞら」の旭川駅発着編成を分離。「おおぞら」は室蘭本線・千歳線経由函館駅 - 釧路駅間での運行となる。「北海」の運用開始でさらに増備が行われましたが、このときの増備がキハ80系として最後の増備になりました。

←函館
DcDsDdDDDDc×8 所要7
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)、北海(1)
 函館4101450釧路
 釧路1330005函館
 函館11152155釧路
 釧路8051855函館
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館
 函館4151110旭川17002346函館

DcDsDDDc×4 所要3
おおぞら(付属1)、おおとり(付属1)
 函館410840札幌1935005函館
 函館11152158網走
 網走8151855函館

DcD×3 所要2
北斗(付属1)
 函館13452027旭川
 旭川9401620函館

Dc×1 D×1 Ds×1 Dd×1

1968.10.1 「北斗」の増発や「おおぞら」の増結のため、特急「やまばと」の電車化で不要となった車輌が転入しました。

←函館
DcDsDdDDDDc×8 所要7
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)、北海(1)
 函館4401451釧路
 釧路1400010函館
 函館11352200釧路
 釧路9001925函館
 函館9301557旭川
 旭川10201640函館
 函館4451116旭川17102345函館

DcDsDDDc×3 所要2
おおとり(付属1)
 函館11352200網走
 網走9001925函館

DcDsD×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(付属1)
 函館440855札幌12201640函館
 函館9301355札幌1950010函館

DDc×3 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4401451釧路
 釧路1400010函館

DcDDDsTdDDDDc×1 所要1
北斗(1)
 札幌7301155函館16252046札幌

D×2 Dd×1

1969.10.1 この改正では「北斗」の札幌発着の列車を「エルム」とし、急行「すずらん」1往復を格上げして「北斗」としているので、実質1往復増となっています。

←函館
DcDsDdDDDDc×9 所要8
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(1)、北海(1)、エルム(1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館
 函館11452205釧路
 釧路8551925函館
 函館9401600旭川
 旭川10201640函館
 函館4501110旭川17302400函館
 札幌7351200函館16252053札幌

DcDsDDDc×3 所要2
おおとり(付属1)
 函館11452205網走
 網走9001925函館

DcDsD×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(付属1)
 函館445900札幌12151640函館
 函館9401405札幌2000025函館

DDc×2 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館

DcD×1 所要1
エルム(付属1)
 札幌7351200函館16252053札幌

D×4 Td×1

1970.3.1 付属編成の増結。「つばさ」のキハ181系化で捻出された車輌の転入によるものです。

←函館
DcDsDdDDDDc×10 所要9
おおぞら(1)、おおとり(1)、北斗(2)、エルム(1)、北海(1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館
 函館11452205釧路
 釧路8551925函館
 函館9401600旭川
 旭川8301455函館16252053札幌
 札幌7351200函館14202045旭川
 旭川10201640函館
 函館4501110旭川17302400函館

DcDsDDDDc×3 所要2
おおとり(付属1)
 函館11452205網走
 網走9001925函館

DcDD×5 所要4
おおぞら(付属1)、北斗(付属2)、エルム(付属1)
 函館445900札幌12151640函館
 函館9401405札幌2000025函館
 旭川8301455函館16252053札幌
 札幌7351200函館14202045旭川

DsDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館

Dc×1 D×2 Dd×2

1970年10月1日:「おおとり」の釧路駅発着編成を分離し、「おおぞら」を1往復増発。2往復体制となる。

有明」に583系化による鹿カコからの転属による増備で対応

←函館
DcDsDdDDDDc×10 所要9
おおぞら(2)、北斗(2)、エルム(1)、北海(1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館
 函館11452205釧路
 釧路9001925函館
 函館9401555旭川
 旭川8351455函館16252053札幌
 札幌7301200函館14202045旭川
 旭川10251640函館
 函館4501110旭川17302400函館

DcDsDDDDc×3 所要2
おおとり(1)
 函館11502213網走
 網走8401900函館

DcDD×7 所要6
おおぞら(付属2)、北斗(付属2)、エルム(付属1)
 函館445900札幌12151640函館
 函館9401405札幌2000025函館
 旭川8351455函館16252053札幌
 札幌7301200函館14202045旭川
 函館11452205釧路
 釧路9001925函館

DsDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4451455釧路
 釧路1405025函館

Dc×1 D×2 Dd×2

1971.7.1 特急「オリンピア」の運行開始

←函館
DcDsDdDDDDc×10 所要9(臨時+1)
おおぞら(2)、北斗(3)、北海(1)、オリンピア(臨時1)
 函館4401456釧路
 釧路1405025函館
 函館11452215釧路
 釧路9001925函館
 函館9401555旭川
 札幌10301455函館16252053札幌
 札幌7351200函館14201850札幌
 旭川10251640函館
 函館4451110旭川17302400函館
 函館9251356札幌2110230函館

DcDsDDDDc×3 所要2
おおとり(1)
 函館11502213網走
 網走8401900函館

DcDD×7 所要6
おおぞら(付属2)、北斗(付属3)
 函館440900札幌12151640函館
 函館9401405札幌2000025函館
 札幌10301455函館16252053札幌
 札幌7351200函館14201850札幌
 函館11452215釧路
 釧路9001925函館

DsDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4401456釧路
 釧路1405025函館

Dc×1 D×2 Dd×2

1972年3月15日:.「北斗」1往復の運行区間を延長して「おおぞら」に変更。「おおぞら」は1往復増発して3往復となるが、増発した1往復には旭川駅発着編成を再度連結するようになる。

この改正から札幌運転所が開設となり、一部車輌が転属。札幌運転所の配置の歴史は「北斗」「オホーツク」の記事で記述します。

←函館
DcDsDdDDDDc×10 所要9(臨時+1 札幌車と運用)
おおぞら(3)(臨時+1)、おおとり(1)、北海(1)(臨時+1)、北斗(臨時1)
 函館4451455釧路16352235札幌
 札幌7001253釧路1420020函館
 函館11402147釧路
 釧路9101930函館
 函館9351945釧路
 釧路6401640函館
 函館11452146網走
 網走9001905函館
 函館4501105旭川17252355函館
 札幌2320510函館7001121札幌17002125函館2355515札幌

DcDsDDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(臨時1)
 函館9351539旭川1940220函館
 函館155820旭川10301640函館

DcDD×5 所要4(臨時+1)
おおぞら(付属2)、北斗(付属2)(臨時+1)、北海(臨時1)
 函館445855札幌10201445函館16152038札幌
 札幌2320510函館7001121札幌17002125函館2355515札幌
 札幌7351155函館14251836札幌2005020函館
 函館11402147釧路
 釧路9101930函館

DsDDc×2 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4451455釧路
 釧路1420020函館

Dc×2 D×3 Dd×2

1975..7.18 道内発の電車特急「いしかり」が走り始めた改正にて

←函館
DcDsDdDDDDc×10 所要9
おおぞら(3)、おおとり(1)、北海(1)
 函館4451452釧路
 釧路1425020函館
 函館11402142釧路
 釧路9201930函館
 函館9351937釧路
 釧路6451640函館
 函館11452149網走
 網走9051905函館
 函館4501105旭川17352355函館

DcDsDDDDc×3 所要2
おおぞら(付属1)、北斗(臨時1)
 函館9351535旭川2005220函館
 函館155820旭川10351640函館

DcDD×6 所要5
おおぞら(付属2)、北斗(付属2)、北海(付属1)
 函館445850札幌10251445函館16152028札幌
 札幌7371155函館14251832札幌2010020函館
 函館11402142釧路
 釧路9201930函館
 函館4501105旭川17352355函館

DsDDc×2 所要2
おおぞら(付属1)
 函館4451452釧路
 釧路1425020函館

Dc×3 D×2 Ds×1 Dd×2

82_7507_3
札幌に到着した下り特急「おおぞら2号 3D」ここでスイッチバックして函館本線を滝川まで 1975/8

82_7508_2
岩見沢をゆく特急「おおぞら」 1975/8 

82_7507
函館から10時間、700km超の行程を走って釧路に到着した特急「おおぞら1号 1D」 1975/7

1980年2月10日:「おおぞら」5・4号に新型気動車キハ183系を導入。
10月1日:「おおぞら」のうち、5・4号は札幌駅 - 釧路駅間とし、3・2号の旭川駅発着編成を廃止。これ以降「おおぞら」の滝川駅以北乗り入れはなくなる。

←函館
DcDsDdDDDDc×10 所要7
おおぞら(3)、おおとり(1)、北海(1)
 函館4451513釧路
 釧路9001450札幌16102217釧路
 釧路1410020函館
 函館9401956釧路/釧路6401640函館(キハ183と隔日運用)
 函館11402153網走
 網走8581924函館
 函館4501113旭川17292355函館

DcDD×12 所要9
おおぞら(付属3)、おおとり(付属1)、北斗(付属2)、北海(付属1)
 函館4451513釧路
 釧路9001450札幌16102217釧路
 釧路1410020函館
 函館9401956釧路/釧路6401640函館(キハ183と隔日運用)
 函館11402055北見
 北見9561924函館
 函館4501113旭川17292355函館
 札幌10101441函館19002325札幌
 札幌7231153函館15302007札幌

Dc×5 D×1 Ds×6 Dd×2

1981年10月1日石勝線千歳空港駅(現在の南千歳駅) - 新得駅間開業に伴うダイヤ改正に伴い、「おおぞら」全列車を石勝線経由に変更し、1往復を除き札幌駅 - 釧路駅間の運行とする。 1往復は函館駅発着であったが、苫小牧駅 - 千歳空港駅 - 札幌駅 - 千歳空港駅 - 追分駅と停車し、千歳空港駅に重複して停車する珍しい列車となった。岩見沢駅・滝川駅・富良野駅の停車駅を取り消し。2往復をキハ183系、1往復をキハ82系による運転となる。

←函館
DcDsDdDDDDc×7 所要6
おおぞら(1)、おおとり(1)、北海(1)、北斗(3)
 函館445857札幌9421414函館19002325札幌
 札幌8051326釧路17152240札幌
 札幌7231153函館14551916札幌2000020函館
 函館11402157網走
 網走8581924函館
 函館450922札幌13551858函館

DcDsDdDDDc×2 所要1
北斗(1)
 函館7401159札幌17362200函館

DcD×7 所要6
おおぞら(付属1)、おおとり(付属1)、北海(付属1)、北斗(付属3)
 函館445857札幌9421414函館19002325札幌
 札幌8051326釧路17152240札幌
 札幌7231153函館14551916札幌2000020函館
 函館11402100北見
 北見9561924函館
 函館450922札幌13551858函館

Dc×8 D×18 Ds×3 Dd×2

1982年11月15日:「おおぞら」の全列車がキハ183系に変更。同時に食堂車の営業も終了。このときから大量廃車が始まりました。そして函ハコ配置の80系の「おおぞら」運用が一旦消えました。

←函館
DcDsDdDDDDc×6 所要5
おおとり(1)、北海(1)、北斗(3)
 函館445857札幌9451414函館19002325札幌
 札幌7231153函館14551916札幌2000020函館
 函館11402157網走
 網走8581924函館
 函館450922札幌13551858函館

DcDsDdDDDc×2 所要1
北斗(1)
 函館7401159札幌17362201函館

DcD×6 所要5
おおとり(付属1)、北海(付属1)、北斗(付属3)
 函館445857札幌9451414函館19002325札幌
 札幌7231153函館14551916札幌2000020函館
 函館11402100北見
 北見9561924函館
 函館450922札幌13551858函館

Dc×7 D×12 Ds×3

1984年2月1日:「おおぞら」を札幌駅 - 釧路駅間で1往復増発。4往復体制となる。

1985年3月14日:「まりも」の昼行列車を特急に格上げして「おおぞら」に統合し、札幌駅 - 帯広駅間2往復増発。「おおぞら」6往復体制となり、札幌駅 - 帯広駅間1往復にキハ82系が復活する

1986.年3月3日 キハ82系現役として最後の運用となった改正です。

←函館
DcDdDsDDDDc×4 所要3
おおとり(1)、オホーツク(1)
 函館11382147網走
 網走6201215札幌17102305網走
 網走9061925函館

DcDsDDDDc×2 所要1
北海(1)、おおぞら(1)
 函館440909札幌9401304帯広14421802札幌19212355函館

DcDsDDDc×1 所要1
北斗(1)
 1985.3~と同じ

DcD×3 所要2
おおとり(付属1)
 1985.3~と同じ

Dc×2 D×3 Dd×3

1986年11月1日:国鉄最後のダイヤ改正に伴い、「おおぞら」を札幌駅 - 釧路駅間で1往復増発。また、札幌駅 - 帯広駅間の1往復を釧路駅まで延長するが、全列車を札幌駅始発・終着とする。この時点で「おおぞら」7往復となり、全列車がキハ183系で運行されるようになる。80系は配置はあるものの定期運用は消滅しました

DcDdDsDDDDc×4
DcDsDDDDc×1
DcDsDDDc×1
DcD×3
Dc×1 D×1 Ds×1 Dd×2

1987年4月 函ハコにおけるキハ80系の配置がなくなりました

キハ82系は1961年10月から1986年10月末まで途中2年半のブランクを挟んで、25年に渡って「特急おおぞら」に使用されたのですね。

以上、函館・根室本線優等列車の歴史、特急「おおぞら」の歴史はWikipediaの記事をキハ80系の函ハコ配置の歴史は「キハ80系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 一覧」の内容を参考に纏めました。

次回は特急「おおぞら」の歴史に沿って、キハ183系の話題にしたく思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス モノレール 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:京阪電気鉄道 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:山陽電気鉄道 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 民鉄:阪急電鉄 民鉄:阪神電気鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000系 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車5000系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車8000系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車8600系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E261系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村