2017年10月15日 (日)

速報版 福岡県を旅行中 2日目

昨年の同じ時期、幡生の下関センターの公開に参加したときは一泊もせず、往復とも夜行高速バスの超ハードスケジュールの旅でしたが、今回は2泊するので、2日目は

1 クルーズトレイン「ななつ星in九州」を撮影する。
2 筑豊本線に導入されたデンチヤを記録する。
3 九州北部に保存されている車両に会いにゆく
をテーマにしました。

まず、クルーズトレイン「ななつ星in九州」ですが、JR九州のWEBサイトを調べるとその紹介のページに運行日、運行時刻が載っています。8月26日から、12月23日まで、そして来年1月6日から2月24日まで土日は1泊2日コースで長崎方面に向かい、9:58に博多を出発のスケジュールです。

Dsc09882
出発の約30分前に博多駅に到着すると既に発車予定の5番線ホームには光沢マルーン塗装に包まれたDF200-700077系7000番台客車7両、さらには黒色塗装のDE10 1753号機が待っていました。

Dsc09894
配置は機関車・客車とも大分車両センターですが、博多出発の際は竹下から牽引されてくるために先頭には黒塗りのDE10 1753号機が牽引役を務め、既に切り離されていました。
各車両の写真も収めました。

Img_5873
Img_5886 2017/10/14 博多

定刻に汽笛一声を発してマルーンの列車が静々と出発して行きました。

Dsc09789 黒崎の桃園公園のD51244号機

Dsc09826 2017/10/14 黒崎 3009

黒崎では直方に至る筑豊電気鉄道が経営する路線でかつて西鉄北九州線との相互乗り入れも行っていたため、今でも路面電車スタイルの車両が走っています。

Dsc00093 筑前垣生のC11260号機

まるで全検を終えて出場してきた機関車のようにピカピカだったC11260号機
蒸機ドームは丸く、砂箱は角型の変形機、デフレクターは門鉄タイプ。

Dsc00165 遠賀川総合運動公園の78626号機
前照灯の欠落とナンバープレートがレプリカなのが残念

Dsc00116 遠賀川が日本海に注ぐ河口の街 芦屋高浜公園に保存されているD60 61号機
こちらも門鉄デフレクターが似合っています。

Dsc00046 直方市石炭記念館

直方駅から南方へ線路に沿って小高い丘の上に建つかつての石炭産業関係者が会議を持った建物を利用しており、筑豊の石炭採掘、若松までの輸送、八幡官営製鉄の歴史の勉強ができます。保存機は見えているコッペル32号機、そしてC11131号機が保存されており、石炭輸送用貨物車も保存されています。

Dsc00045 2017/10/14 直方 400形 404

手前の線路には筑豊本線、福北ゆたか線、平成筑豊鉄道が走っています。

そして「デンチャ」の話題です

Dsc00061 2017/10/14 直方 充電中?

正式にはBEC819系で近郊形交流用蓄電池駆動電車。「"D"UAL "EN"ERGY "CHA"RGE TRAIN」の頭文字をとった「DENCHA」の愛称が与えられています。烏山線のEV-E301系(DC版)に続き、交流版で初めて蓄電池走行を可能にした車両で、男鹿線のEV-E801系はこの車両で得られた技術をベースにしています。折尾から先の筑豊本線若松までは無架線区間をパンタを下げて走行します。

Dsc09761
折尾駅に停車中のBEC819系と817系、上方の架線はここで終わっています。
BEC819系は若松まで直通可能です。

最後は遠賀川駅です、ここはかつて日本陸軍芦屋飛行場を接収した進駐軍が建築資材、燃料、ジープ、トラックなどを輸送するために専用線を建設し、芦屋線と呼ばれました。米軍基地の返還とともに1961年に廃止されました。また石炭全盛時代、沿線の中小炭鉱から掘り出される石炭輸送のために室木線がありましたが、1985年バスに置き換えられ廃止されました。

Dsc00157 2017/10/14 改札口等はすべて閉鎖された遠賀川駅舎

そういった歴史のある遠賀川駅ですが今年8月30日、駅構内のたい焼き店付近から出火し、駅舎が全焼しました。

Dsc00183 海老津よりに設置された臨時改札口

(10月15日にアップしたものに10月16日に写真を添え、アップデイトしました。)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年8月 5日 (土)

速報版 愛知/三重の旅 1日目 豊橋から四日市へ

8月4日金曜日から6日日曜日にかけて、三河地方、名古屋駅、四日市、三岐鉄道、三重県東部といったキーワードで旅に出ています。

501_170804
1日目は東京駅6:26発の「ひかり501号」で豊橋へ、

一橋学園を朝一番の電車5:17で出ると国分寺で5:26発の各駅停車東京駅に接続し、東京駅には6:15に到着します。東京から出る東海道新幹線は6:00発の「のぞみ1号1A」が初発ですが、東京発の新幹線で豊橋に最も早く停車するのはこの「ひかり501号501A」です。

170804
豊橋から東海道線を一駅戻り、二川駅へ最初に訪問したのは、豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」でした。特別な動物や植物を観察したくて訪れたのでは無く、園内西門の側にD5189号機が保存されているためでした。

D5189_170804
ナメクジスタイルは重量配分が悪く重量列車牽引時に空転が多発する点を改良するために浜松工場で製造されたグループの86~90号機で後の標準スタイルのプロトタイプのうちの1両です。機関士側のデフが欠けている特徴もあります。

6501_170804 6501他 豊川稲荷から本線一宮行き急行 国府

豊橋に戻り、名鉄に乗車、国府(こう)で豊川線に乗り換え、諏訪町に向かいました。

二番目の訪問先は日本車輌豊川工場です。といっても工場内までは訪問せず、玄関先に展示されている保存車両、8620形58623号機上野動物園懸垂形モノレール、新幹線0系、名鉄811などの見学です。

58623_170804 58623号機 日本車輌豊川工場

諏訪町から、豊川稲荷へ、飯田線豊川駅から、豊橋へ戻り、予定では東海道を下り、蒲郡で再び名鉄乗り換え、子どもの国や西尾駅側の保存機関車を訪問する予定でしたが、あまりの暑さで予定を変更、名古屋駅に向かうことに。

681_6_170804
681_6_170804_2
2015年3月のダイヤ改正で「しらさぎ」の車両が683系2000番台から681系や元北越急行の683系8000番台に置き換えられてからまだ記録していなかったので、この機会に記録。

De10_1725_170804

そして、関西本線の亀山行き快速で四日市へ、さらに富田まで引き返し、近鉄富田で三岐鉄道三岐線も撮影して、四日市駅側のホテルに入りました。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月 3日 (土)

速報 関西方面旅行中 1 京都鉄道博物館他

9月2日から2泊3日の予定で、関西方面を旅行しています。

今回は4月にオープンした「京都鉄道博物館」、EF81が引退し、JR東日本田端からEF510-500番台全機が移籍した富山機関区EF510の活躍、103系、201系が最後の活躍をし、いよいよ323系が登場した大阪環状線や103系、205系が頑張っている阪和線の様子を記録しておこうとおもいます。

2日は、東京から名古屋まで新幹線、名古屋から大垣、米原と乗り継ぎ、草津線の手原駅そばに保存されているD51403号機を見学し、午後から京都鉄道博物館をゆっくりと見学しました。

7854006_160902_2
東京~名古屋間の新幹線は出たところ勝負で乗った「のぞみ5号」でしたが、今年4月に落成したJR西日本のN700A(large)F6編成でした。 名古屋駅 写真は全て2016/9/2撮影

311g1313j7_160902_2
名古屋から大垣まで乗車したJR東海の快速は311系G1編成313系J7編成の混成でした。 大垣駅

160902_6 いつも大垣での接続待ちで眺めるだけでまだ乗車していない養老鉄道

313_z2_160902_2
大垣から垂井経由の関ヶ原越えはZ2+Z14?編成の313系2連併結編成でした。 米原駅

113_l3_160902
草津線は今では他の会社では見ることが出来ない113系が草餅見たいな塗色で頑張っていました。 草津駅

D51_403_160902_2
草津で乗り換えたのは一駅先の手原駅そばの稲荷公園に保存されているD51403号機を見学するためで、前回2014年の訪問の際には台風の接近で断念した場所でした。

160902_7 JR西日本がこれまで大阪弁天町の交通科学博物館、梅小路蒸気機関車館、そして機関区などで保管していた車両を纏めて公開し、JR東日本の(大宮)鉄道博物館、JR東海のリニア・鉄道館と匹敵する鉄道博物館として開いただけあって、展示物の充実度は見事でした。展示物に関しては別の記事で紹介する予定です。

8630_sl_160902_2
梅小路蒸気機関車館としては1974年2014年に続いて3度目になりますが、前回は台風でSLスチーム号は運休中で、今回初めて動態保存機が動くところを見ることが出来ました。

D51200_160902 梅小路整備工場内で整備中のD51 200 蒸気ドームのカバーが外されています。

D51_200_160902 炭水車は建物の外に

新たに「SLやまぐち号」や「SL北びわこ号」牽引機に抜擢され、現在修復中のD51200号機のエンジン部は扇形庫横の建物内で整備中、炭水車は野外に出されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年1月30日 (土)

速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線4

弘南鉄道弘南線、沿線の新里(にさと)駅には8620形蒸気機関車48640号機が保存されています。そこで、復路は新里駅で途中下車して見学をすることにしました。

48640_151225
48640号機

151225
新里駅は1927年9月7日、弘南線弘南弘前~津軽尾上間が開業したときに停留所として開業し、1951年9月18日、停車場に格上げされた駅です。

151225_3 新里駅 構内の様子 2015/12/25
ホームの屋根も昔の写真ではあったようですが、現在は撤去されています。

1959年7月15日から1971年10月1日までは貨物取り扱いを行っており、今でも構内にはそういった跡が残っています。48640号機もそういった場所に展示されているのであたかも入れ換え機が待機しているように見えます。

1972年7月1日から業務委託廃止により、一旦無人化され、1973年4月には解消されましたが、1987年11月16日から、再び無人駅となっています。

48640号機は会津、秋田、五能線で活躍後、1973年6月22日に廃車となった後は;青森県鯵ケ沢町「鯵ケ沢町役場」に保存されていました。それがNPO法人五能線活性化倶楽部により、2011年11月14日にこちらに移設され保存展示されるようになったそうです。お披露目の会も2011年12月4日に催されたとのことです。

私がいつも保存車両の情報で参考にさせて頂いているM.TADA氏のサイト(汽車・電車1971~)でも移設後の様子が紹介されておりますが、2012年6月の時点のお写真と較べると、大きな違いはデフレクターが装着されている点です。デフレクターは2013年7月の時点では装着されていたようです(関連記事)。

151225_2
2011年11月、おそらく48640号機の移設と同じ頃改築された駅舎 2015/12/25

今回は速報版と云うことで48640号機に付いては、後日保存機シリーズで詳しく触れる予定です。

7103_151225
7153_151225
新里駅周辺、特に黒石方面は好撮影地です。

7152_151225
1時間新里駅に滞在して、弘前に向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2015年1月 2日 (金)

40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 4 8630号機

2014年8月10日の梅小路機関車館訪問、今回は8620形式の8630号機です。

8630_740930_2
       1974年訪問時の写真 この時点で満60歳

8630号機は672両量産された8620形式のなかでも11番目、1914年製造の機関車です。製造は汽車会社で、JR九州の58654と並んで2機の動態保存機の1機です。

8630_140810_2
今回はDE10とともに庫内にいました。

沖田祐作氏の機関車表のデータを引用すると、

8630      汽車製造大阪工場=129       1914-06-27(6/26?) S46.75t1CT(1067)
   車歴;1914-06-27 製造→ 納入;国鉄;8630→1914-06-00 配属;品川→
      1914-07-20 使用開始[神管達696];神戸局→ 大宮→
      1926-12-18 発(12/18 着)千葉→1928-04-17 発(4/17 着)借入;銚子分庫→
      1928-04-20 発(4/20 着)返却→1930-05-06 発(5/6 着)成田→
      1933-04-13 現在;安房北條事故? →1934-11-23 発(11/23 着)安房北条→
      1938-12-28 発(12/29 着)借入;尾久支区→1939-01-05 田端発(1/6 着)返却→
      1939-05-29 発(5/31 着)常陸大子→1952-12-02 発郡山工場にて乙修施工→
      1952-12-08 発(12/8 着)平→1955-08-01 現在;平→1967-09-29 水戸→
      1968-10-03 平→1970-03-27 付(3/26 付郡山工場出場3/26 水戸発?水戸発は
      書類上の処理か)弘前→1972-08-25 動態保存整備のため土崎工場入(1972 年廃車の78627 号
      より小工デフK-7 形を移植= 思うに移植されたのはデフだけではない可能性を見る 梅小路収容は
      第一義的には動態保存であり現在梅小路にある現車は運転室が後期型のものを装備していて特徴的
      なS 字の初期型ではない この運転室の変更は何時行われたのか公表されたものはないがデフを交
      換されたときにデフだけではなく後期型のボイラーを含む上回り全体を取換えられてしまったので
      はないかと邪推している)→1972-09-13 土崎工場発→1972-09-14 付梅小路→ 小工デフ撤去→
      1979-03-28 廃車;梅小路→ 保存;京都府「梅小路機関車館」;8630→
      1989-10-13 借入;宮原客車区→1989-10-17 返却(最終走行距離=4,124,177㎞動態整備以前)

このデータにもありますが、8620や9600の運転室下部はS字のカーブを描くラインを持っているのが特徴ですが、現車はそのS字ラインを失っているようです。

8630_140810_6
写真からも分かるように当日は台風の接近でまさに叩き付けるような雨でした。

入館後の1979年に車籍を無くしており、営業路線走行は出来ませんが、館内の線路上を「スチーム号」として走行することは可能です。2006年に蒸気機関車群、関連施設とともに、準鉄道記念物に指定されています。

8630_140810
現在、満100歳。 釜に火が入っています!
さすがの大雨でスチーム号の運転は中止、HMを付けての撮影となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2014年9月24日 (水)

郡山車両基地まつり 2014  その2 保存蒸気 78693号機

2014年9月6日の郡山車両基地公開レポート、2回目は公開の時しか見ることのできない保存機78693号機です。

78693_140906研修用教材であるため公式側はご覧のようにカットボディとなっています。 2014/9/6

78693_140906_6 正面から、片側がカットされているため、多少違和感はありますが・・・

78693_140906_9 キャブ横のナンバープレートの下には大正14年日本車両製造のプレートが

78693_140906_12 炭水車の水槽もカットされているので、水槽の大きさが実感できます。

78693_140906_13 ボイラー中央部上方に存在する蒸気溜に貯まった蒸気を乾燥管を通してピストン・シリンダーに送るのを制御するのが加減弁ですが、ふだんは外からでは見ることができない弁の構造、配置がわかります。

78693_140906_15_2 8620形の場合は単式空気圧縮器を装備しており、蒸気圧を利用して圧縮空気をつくり、制動装置に利用しています。

78693_140906_19 煙室内の配管の様子や蒸気管がシリンダーに導かれる様子がわかります。

78693_140906_3
この機関車の履歴をいつものように沖田祐作氏の機関車表から

78693      日本車輌名古屋工場=137           1925-08-00 S46.75t1CT(1067)
   車歴;1925-08-00 製造→ 納入;国鉄;78693→1925-08-27 使用開始[仙管達754];仙台局→
      1933-07-31 現在;米沢→ 新小岩→1941-11-16 常陸大子→1955-08-01 現在;常陸大子→
      水戸→1962-03-31 廃車[達137];水戸区土浦支区→
      保存;福島県郡山市JR 東日本「郡山工場」;78693

1925年日本車両の製造で、仙台局に配置、米坂線や水郡線で使用され1962年に廃車となっています。蒸機としては比較的早い時点での廃車ですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2014年6月29日 (日)

公園保存蒸気 58683 佐倉 高崎川南公園

日本全国の公園等に保存されている蒸気機関車を観て歩くシリーズ、今回は佐倉駅から歩いて数分の高崎川南公園に保存されている58683号機です。

58683_140104
58683号機 高崎川南公園

今年1月4日の千葉青春18切符の旅で最後に訪問致しました。前々回の記事でご紹介したましたが、茂原荻原公園の58680号機も同じ日に訪問しており,一日に2台の8620形を観ており、しかも番号は僅か3番違いでした。

今回はまず、機関車表(沖田祐作氏)から車歴データを見てみましょう。

58683      汽車製造大阪工場=633            1922-10-18 S46.75t1CT(1067)
   車歴;1922-10-18 製造→ 納入;国鉄;58683→1922-10-25 使用開始[東管達891];国府津→
      大宮→ 田端→1932-03-00 新小岩→1934-09-00 現在;成田→1934-11-00 現在;新小岩→
      1944-12-00 成田→1955-02-00 佐倉→1969-12-11 廃車;佐倉→
      1973-03-29(据付日)保存;千葉県佐倉市「鉄道記念公園」;58683(最終走行距離=2,287,115㎞)

140104

58680号機と同様に汽車製造大阪工場で製造されており、時期は2ヶ月遅く1922年10月ですが、国府津を嚆矢に関東地方で一生を過ごし、1969年12月11日に佐倉で廃車となっております。

58683_140104_3
丸いボイラーを支える車体との接合部のカーブが8620形らしさを現しているように思います。煙突も化粧煙突でしょうか。

58683_140104_12
蒸気ドームと砂箱の2つ瘤、スポーク動輪も大正機の特徴です。

58683_140104_8
後部ライトは欠品のようですが、ナンバープレートはレプリカかも知れませんが,きちんと着いていました。

58683_140104_9
遠目に見るとこうやって屋根付きのスペースに入れられているのがわかりますが、公開の節には訪問してみたいものです。

Photo
保存スペースの中にはかつて成田線で使われていたのでしょうか、タブレット閉塞機も展示されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

2014年6月10日 (火)

公園保存蒸気 58680 茂原萩原公園

日本全国の公園等で保存されている静態保存蒸気機関車を観て歩くシリーズ、今回は前回に続いて、今年1月4日の18切符を利用した千葉県の旅です。

58680_140104_86
動輪やタイヤは白く塗られ美しく保存されている58680号機 茂原萩原公園 2014/1/4

旭駅から東金駅まで総武本線を戻り、東金線で大網に抜け、外房線で新茂原へ、新茂原から歩いて10分ほどで到着しました。

58680_140104_60
残念ながら右側のシリンダーカバーが欠品となっていました。

これまでに大正時代の名機9600形式は数機紹介していますが、8620形は初めてとなります。

<8620形式について>

国鉄の前身鉄道院が製造した我が国初の量産形、旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車で、明治末期に急行列車用として輸入された8700形、8800形、8850形などを参考に蒸気機関車国産化技術の確立を目的として製造されました。

旅客用機関車は先輪をボギー式にして軌道追従性を上げるのが設計の常道なのだそうですが、本形式では島安次郎氏の考案で先輪1軸と第1動輪を心向キ棒で一体化した特殊な台車として、第1動輪に32mmの横動を与えて曲線通過性能を向上させているそうです。

1914年から1929年の間に672両製造され、半数以上が汽車会社で製造され、川崎造船、日本車輌、日立製作所、三菱造船所なども製造に参加し、樺太庁鉄道向け、台湾総督府鉄道向け、北海道拓殖鉄道向けにも同形機が製造されています。

58680_140104_25
正面から大きめの四角いデフつきの姿で保存されています。

58680_140104_74
キャブ内は立ち入り禁止でした。

58680号機の履歴を沖田祐作氏の機関車表から見てみると

58680      汽車製造大阪工場=630            1922-10-00 S46.75t1CT(1067)
   車歴;1922-10-00 製造→ 納入;国鉄;58680→1922-10-18 使用開始[東管達891];東京局→
      1925-08-01 現在;田端→1934-11-00 現在;尾久→1936-05-00 現在;田端→
      1955-08-01 現在;佐倉→1969-09-27 福井→1971-07-06 廃車;福井→
      保存;千葉県茂原市「萩原交通公園」;58680

140104
ということで、1922年製造後、東京局配属で田端、尾久と首都圏に配属となり、33年後に佐倉へ、さらに14年後に福井へ転属しそこで廃車となっています。

58680_140104_85
公園の中央部の開けた場所におかれているのでこのように全景を写すことも可能です。

8620形式の付番の仕方は 8620 (1) ~8699 (80)、18620 (81) ~18699 (160)、 28620 ~28699 (240) ・・・ と云う方式になっており、N86** の場合、
80xN+(**-20)+1 = 製造順 となります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

2012年12月11日 (火)

1977/3 山陰、九州、そして瀬野八へ 5 九州の気動車特急「にちりん」「おおよど」 

山陰をから九州入りした後は、博多駅、小倉駅などで、撮影を行いました。

1975年3月の新幹線開業で、山陽路の昼行特急は全廃されました。東京、関西と九州を結ぶ夜行列車は減便されました。大ムコから門ミフ、あるいは鹿カコに転属した481/5系により、特急「有明」、「にちりん」といった島内特急が増発され、また門ミフから大ムコに移動した581/3系の間合い運用による「有明」も運用されていました。また1976年7月からは長崎本線、佐世保線も電化され特急「かもめ」「みどり」の併結特急が登場していました。

今回はそういった中でも、1968年10月の「ヨンサントウ」のダイヤ改正で登場したキハ80系特急「にちりん」とその間合い運用として1974年4月の南宮崎電化の改正で登場した特急「おおよど」について触れたく思います。

まず、「にちりん」という愛称ですが、新幹線の超特急「ひかり」との関係無しでは語れません。

1958年4月25日:博多駅 - 別府駅間を鹿児島本線・日豊本線経由で運行する臨時急行列車「ひかり」が運行開始。 5月1日:「ひかり」の運転区間を変更し、豊肥本線経由で熊本駅まで運転。また一部の編成の運転区間を門司港駅 - 別府駅間(鹿児島本線・日豊本線経由)に変更。 8月1日:「ひかり」が定期列車化。準急列車として運行される。

1959年4月1日:「ひかり」の一部編成の運転区間を博多駅・門司港駅 - 都城駅間に変更。
9月22日:「ひかり」の博多駅・門司港駅 - 都城駅間の系統が、宮崎駅 - 都城駅間において宮崎駅 - 西鹿児島駅間(現在の鹿児島中央駅)を運転する編成の併結開始。

1960年3月10日:大分駅 - 別府駅間(小倉駅・熊本駅・大分駅経由)において「第2ひかり」運行開始、従来の「ひかり」は愛称を「第1ひかり」に変更。 6月1日: 「ひかり」、博多駅・門司港駅 - 都城駅間の系統および宮崎駅 - 西鹿児島駅間を統合し、運行区間を博多駅・門司港駅 - 熊本駅・西鹿児島駅に変更する。

1962年10月1日:ダイヤ改正に伴い、第1ひかり」、急行列車に昇格。「第2ひかり」は愛称を「ひまわり」に変更。

1964年10月1日:東海道新幹線開業に伴うダイヤ改正に伴い、「ひかり」の名称を東海道新幹線超特急の名称としたことから、運行系統を以下のように分割。 1.西鹿児島駅発着編成を「にちりん」に変更。 2.豊肥本線経由熊本駅発着編成を「くさせんり」に変更。

1965年10月1日:このときのダイヤ改正に伴い、 1.「にちりん」と広島駅 - 別府駅間運行の「べっぷ」を統合し広島駅・門司港駅 - 西鹿児島駅間に「青島」運行開始。これにより「にちりん」の名称一時廃止
2.「くさせんり」の運行区間を三角駅 - 別府駅 - 小倉駅 - 長崎駅・佐世保駅間とし、「九重」(くじゅう)に名称を変更。

1966年 3月25日:博多駅 - 西鹿児島駅間を運行する急行列車として「にちりん」運行開始(「にちりん」の名称復活)。

1968年10月1日:ヨンサントオのダイヤ改正により、「にちりん」をキハ80系気動車を使用した特急に昇格。

82_40_791218
1972年4月27日:「にちりん」の博多駅 - 大分駅間(鹿児島本線・日豊本線経由)において485系電車を使用し1往復増発し2往復(電車1往復・気動車1往復)となるが、増発分の大分発着「にちりん」の食堂車は営業休止のまま連結。

1974年4月25日:日豊本線幸崎駅 - 南宮崎駅間電化にともない、「にちりん」の博多駅 - 大分駅系統の運行区間を宮崎駅まで延長。運行区間を博多駅 - 宮崎駅間に変更。延長前に営業休止の食堂車が営業を開始。気動車特急「おおよど」新設により編成を共通運用化させる為に西鹿児島発着「にちりん」の食堂車が編成から外れる。 11月1日:新幹線「ひかり」食堂車従業員確保で宮崎駅発着の「にちりん」の食堂車営業を終了。

1975年3月10日:山陽新幹線岡山駅 - 博多駅開通にともなうダイヤ改正に伴い、「にちりん」がエル特急に指定される。6往復増発し8往復(電車7往復・気動車1往復)となる。同時に山陽新幹線岡山駅 - 博多駅開業にともない、小倉駅にて新幹線に接続する列車となる。 運行区間:博多駅・小倉駅 - 大分駅・宮崎駅間(485系)、博多駅 - 西鹿児島駅間(キハ80系)

1978年10月2日:ゴーサントオのダイヤ改正により、.「にちりん」使用のクハ481形200番台の列車名幕に太陽を図案化したイラストマークが採用される。

1979年10月1日:日豊本線全線電化。従前より運行の西鹿児島発着系統の「にちりん」の1往復は肥薩線経由の特急「おおよど」と車両を共通運用するためキハ80系気動車のままで運行。

1980年10月1日:「にちりん」の一部において「彗星」の間合い運用で583系電車の使用開始。これにより全列車が電車化される。また、別府駅始発西鹿児島行の「にちりん」1号を運行開始。 このとき、昼行急行「日南」が博多駅に乗り入れをするものの、急行「ゆのか」とともに全特急化を前提に大幅削減されたため、「にちりん」の号数に欠番が生じた。

(以上、Wikipediaの記事を参考に纏めました)。

このときにキハ80系気動車による「にちりん」と「おおよど」の運行は終わっております。尚、583系による「にちりん」があったとは知りませんでした。
82_38_741002
キハ82 38 先頭の特急「にちりん」4011D 当駅でスイッチバック 小倉


写真は1974.10の九州旅行の際に撮影した気動車特急「にちろん」の小倉駅でのスイッチバックで、11:00着、11:07発で折り返して行きました。
82_41_791218_2
特急「にちりん」 博多

こちらは博多駅で出発準備をする特急「にちりん」です。

一方、特急「おおよど」は上記の「にちりん」の歴史にも出てきますが、1974年4月に登場して、1980年10月に消えており、6年半の生涯でした。
82_2_7703_1b
博多駅で出発準備する特急「おおよど」3011D 

鹿児島本線で熊本へ、肥薩線に入り、吉都線経由で宮崎を目指す、ユニークなルートでしたが、今だったら存続していたかも知れませんが、キハ80系の間合い運用であったため、「にちりん」の電車化であっけなく消えてしまいました。

82_27_791218
こちらは2年後の1979年12月に同じ博多駅で撮影した写真ですが、キハ82以外に、0系新幹線やグリーンの国鉄コンテナが懐かしい写真です。

肥薩線は今ではJR九州の観光路線になっていますが、その優等列車の歴史を見てみると、「くまがわ」「えびの」などが肥薩線の代表列車だったようです。

1959年4月1日:門司港駅 - 人吉駅間を鹿児島本線・肥薩線経由で運行する準急列車「くまがわ」の運行開始。 5月1日:熊本駅 - 宮崎駅間を鹿児島本線・肥薩線・吉都線・日豊本線経由で運行する準急「えびの」の運行開始。

1966年3月5日:準急列車制度改変に伴い、「くまがわ」「えびの」「やたけ」「からくに」を急行列車に格上げ。

1974年4月25日:博多駅発着の「えびの」のうち1往復を特急列車に格上げ。名称を「おおよど」とする。また、熊本駅発着の臨時「えびの」を定期列車とし、吉松駅 - 西鹿児島駅間の列車はこれに連結しての運行とする。 「おおよど」自体の設定は当時キハ80系気動車を使用していた「にちりん」の間合い運用であった。

1980年10月1日:ダイヤ改正に伴い、 1.「おおよど」は「にちりん」の総電車化に伴い運行終了。 2.「えびの」は全列車熊本駅 - 宮崎駅間の運行とする。博多駅 - 熊本駅間は「有明」に格上げする形となった。 3.「くまがわ」の運行区間を博多駅 - 人吉駅とする(博多駅 - 熊本駅間は快速列車に格下げ)。また、下りに関しては人吉駅から先は普通列車の形で吉松駅・湯前駅まで乗り入れていた。 4.「やたけ」は上下とも「えびの」に併結の上で熊本駅発着とする。

2004年3月13日:九州新幹線部分開業に伴うダイヤ改正に伴い、1.「くまがわ」を特急に格上げ。3.5往復分は熊本駅 - 別府駅間で運行していた特急「あそ」と統合の形で「九州横断特急」に改称。残り2.5往復は区間・列車名ともそのままとした。これにより、JR九州管内を運行する定期急行列車は消滅した。 2.吉松駅 - 鹿児島中央駅間を運行する特急「はやとの風」を運行開始。
185_100321_3
キハ185系による九州横断特急 八代 2010/3/21

と、肥薩線も「おおよど」廃止から24年ぶりに九州横断特急が走り、8620形(58654)によるSL人吉の運行もあって賑わっています。豪華寝台客車ななつ星の運行も来年10月から開始されるとのことで鉄道があらたな景気の起爆剤になってくれればと思います。
58654_sl_100321SL人吉号

これで、今回の1977年3月の撮影旅行における気動車特急編は終わりで、次回からは電車特急、急行、機関車に移ります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村