2018年9月 2日 (日)

速報版 信州公園保存車両巡りの旅 その2 

信州公園保存車両巡りの旅、2日目は北陸新幹線の金沢開通を機に三セク化されたしなの鉄道北しなの線、飯山線、そして長野電鉄の旅でした。

Dsc07276
まずは、ホテルのそばの長野県立大学後町キャンパスの構内?に展示してあるD51549号機を見学。もともとこの場所は小学校だったそうですが、2018年4月から大学のキャンパスになったそうです。

Dsc07287
長野駅から北しなの鉄道の115系で豊野へ参りました。ここ数年、しなの鉄道は湘南色、山スカ色、長野色など国鉄、JRの115系の色を復活させ編成にバラエティを出しているようですが、長野発6:24の315Mはコカコーララッピング(S11編成)でした。

Dsc07289
車内もコカコーラの広告だらけと思いきや、中吊りのみで少し寂しいコラボでした。

Dsc07322
豊野駅はかつての信越線、現在の北しなの線と飯山線の分岐駅ですが、駅東口は建造物的には立派なんですが店ひとつ無く閑散としていました。

Dsc07299
豊野駅から歩いて8分ほどの長野市豊野公民館に保存されている9646号機ですが、なぜか前後の連結器はバッファ付きのリンク連結器で、後は自連も付いています。これは1972年に制作された鉄道100年の映画の撮影に使われたときのなごりとのことです。

Dsc07338
豊野から千曲川沿いを走る飯山線のDCで飯山へ、飯山駅は北陸新幹線の開業で新幹線の駅に合わせて昔の駅から長野寄りに移動したそうです。手前は長野行き、奥が戸狩野沢温泉行き

飯山に来たのも、飯山線に乗車するのも初めてでした。新幹線の開業で駅は大きく変わったようですが、疑問に思うのは北陸新幹線のルートがなんで従来の信越本線に沿ったルートにならず豪雪地帯の飯山を経由したのか、豪雪地帯だからこそ、飯山でチョコッと顔を出しあとはトンネルにしたのか、トンネル工事も大変だったとは思うのですが。

Dsc07343
かつての飯山駅構内付近の鉄砲町児童公園に保存されているC56129号機を見学。

Dsc07368 飯山駅にポスターが貼ってあり、気付いたのですが飯山線では「おいこっと」というTOKYOの表記を逆から読んだおもてなし列車が走っており、9月1日は運転日でした。調べてみると飯山から長野に向かう列車とは豊野ですれ違うようで

Dsc07376
予想通りでした。

朝の豊野や飯山は結構、強く雨が降っており、長野電鉄でのスケジュールを予定通りすべきかどうか悩んだのですが、長野駅に到着することには雨も上がりました。

Dsc07391
まずは千曲川を渡った村山で下車
長野電鉄の多くの交換駅では右側通行方式で行き違いが行われます。線路の構成もそのようになっています。

ここから、かつて須坂から屋代まで通じていた屋代線の井上駅の西にあるトレインギャラリーNAGANO駐車場に保存されている元東急5000系、長野電鉄モハ2510+クハ2560、さらにラーメン店蔵の駐車場に保存されている緩急車を見学し、さらに5kmほど東の臥竜公園そばの須坂動物園内に保存されているD51401号機を見学し、須坂駅まで戻る計画です。全部歩きで15kmくらいになります。

雨が強く降っているときは断念するつもりでしたが村山駅を降りた時点では止んでましたので決行しました。

Dsc07404
たわわに実ったリンゴや袋かけされたブドウを眺めながら千曲川沿いに歩くこと40分でまずラーメン店蔵の駐車場に保存されている2台の形式ヨ5000 13581と13824を見学、そこから5分程、千曲川方向に進み

Dsc07414

Dsc07432
Dsc07426
トレインギャラリーにはレストランも併設されており、ここで早めの昼食

さらに40分ほど歩いて

Dsc07459
須坂動物園内に保存されているD51401号機を見学

Dsc05757
さらに30分程歩いて、須坂駅に
須坂駅は2009年の大晦日に東京から日帰りで訪問しており、ちょうど新村山橋開通の直後でした。駅もその頃と較べると構造がかなり変わっているようです。

Dsc05774
須坂から小布施へ、なかでん電車の広場には2000系D編成が保存されています。

そして、信州中野を経由して、長電の終点、湯田中へ。かつて大学時代の友人の結婚式で夜間瀬まで来たことはありましたが、電車で湯田中に足を伸ばしたのは初めてでした。

Dsc05859
電車が到着する度に演歌調の音楽がお出迎えというのも如何にもという感じがしました。古い駅舎は湯になっているのですね。

Dsc05868
帰りは特急料金100円を”奮発”して元小田急ロマンスカーHiSE10000系を譲受した1000系S1編成の最後部展望席で去りゆく風景を楽しみながら長野に戻りました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年1月 6日 (土)

2017年10月の福岡旅行 3 筑豊本線 若松駅

若松~折尾間は九州島に深く入り込んだ洞海湾の北側を鹿児島本線と並行に走っています。筑豊の炭田で採掘された石炭を若松の港から積み出すために1893年に飯塚から若松まで筑豊興業鉄道が線路を敷設しました。

最盛期の石炭取扱量は1000万トン/年で日量にして28000トン、13トンから17トンの石炭車に換算すると毎日1900両弱の石炭車がヤマとの間を往復していたことになります。

明治時代、石炭積み出し港としての役割を担った若松港でしたが、水深が3mと浅く、干潮時には1.5mほどの浅瀬となるため大型船が入港できず、外海に停泊する大型船まで積載量80トンの艀でピストン輸送する状態でした。

この問題を解決するために炭鉱主達は若松築港株式会社を立ち上げ、国から補助金を得て、港の整備のための資金を調達し、干潮時でも水深9mの港を完成させました。

121221 2012/12/21 若松駅 駅名標

121221_2 2012/12/21 操車場跡の碑

終端の若松駅には石炭車入換のための操車場が設けられ、その面積は35万平方メートルで機関区、客貨車区、鉄道工場、保線区も設置され、1500人の職員が働く職場となっていました。

この碑文の”42万平方キロメートルの鉄道用地に35万平方キロメートルの操車場”、日本の国土面積は37万8千平方キロメートルの筈ですが。

この碑の側の久岐の浜広場には9600形蒸機19633号が保存されています。 

121221_3
こちらの記述は35万平方メートルとなっています。

121221_2_2
駅前には完成時「東洋一の吊り橋」と言われた若戸大橋が見えます。
全長627m、最大支間長367m、1958年に着工し、1962年9月26日に開通しました。

121221_4
一方、洞海湾、直線距離400mを舟で渡る「若戸渡船」も残っています。

北九州市産業経済局渡船事業所によって運営されており、明治以前から運航されており、1889年に若松村により、1919年には若松氏と戸畑町の共同運航になりました。1930年4月2日には乗客179名のうち72名が死亡するという痛ましい沈没事故が起きています。

若戸大橋の開通時に貨物線は廃止され、旅客船も廃止の計画でしたが、市民の強い要望で存続となりました。運賃は大人100円、子ども50円です。

121221_6 2012/12/21 若松駅駅舎

121221_5 改札口

1000_121221_2
駅構内にはかつて石炭輸送に活躍したセム1000が保存されています。

40_8135_121221 2012/12/21 

この時は非電化の若松線にはキハ47などのキハ40系が活躍していましたが、2017年3月4日のダイヤ改正でBEC819系が投入され、全列車電車に置き換えられました。

ちなみに写真のキハ47 8000番台は車体の割にエンジン出力の低いキハ47の性能向上のため、1999年より、機関をコマツ製SA6D125H-1A,液体トルクコンバータを新潟コンバータ製TACN-22-1612Aに更新した番号区分です。

仕様
車両性能     最高速度: 95km/h
全長     21300mm
全幅     2903mm
全高     4055mm
台車     DT22D (動台車) TR51B (付随台車)
駆動機関     SA6D125H-1A (300PS)
液体変速機形式     TACN-22-1612A
冷房装置     AU600K
設計     JR九州

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月17日 (土)

公園保存蒸機 79642号機 八幡浜 王子の森公園

今回の公園保存蒸機は2014年12月の広島・四国西南部旅行で八幡浜市を訪問した際に立ち寄った王子の森公園で見学した79642号機です。

79642_141221_6 2014/12/21 王子の森公園

141221
訪問したときは上の写真のように平成29年度に開催される「えひめ国体」ソフトボール競技会場として同公園が使用されるため、9月から翌年3月までのバックスタンド建築工事のため、保存機関車にも足場が組まれていました。

79642_141221_7
前面の手すり、入れ換え作業が多かった北海道の機関車に見られる特徴でした。

79642_141221_8
どうやら機関車の横にプラットホームのようなものが設けられ、屋根も設置されるようでした。

この工事はスタンドの整備のため、保存機関車を10m程移動(前進)させるため、以前から設置されていた屋根、ホームも作り直したそうです(詳しくはこちらのサイトに)。

79642_141221_9
キャブサイドには鋭いタブレットキャッチャーが装備されています。

この機関車の履歴を沖田祐作氏の機関車表データで見てみると
79642      汽車製造大阪工場=792          1924-10-27 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1924-10-27 製造→ 納入;国鉄;79642→1924-10-27 使用開始[名鉄達832];名古屋局→
      1933-06-30 現在;上諏訪→1955-01-01 現在;高山→1965-03-31 現在;高山→ 稲沢一→
      1969-06-16 名寄→1975-05-22 追分→1976-03-01 廃車;追分→
      保存;愛媛県八幡浜市「王子の森公園」;79642

製造は汽車製造大阪工場で、落成は1924年(大正13年)10月27日です。新製配置は名古屋局で、甲府庫に配置、1931年には上諏訪に異動しています。中央東線での活躍後、1936年に福井に異動、富山区を経て、1943年から高山区へ、1968年高山本線の無煙化で稲沢第一区に異動、1969年北海道に渡り、名寄、1976年3月の国鉄蒸気最後の時を追分機関区で迎えた機関車でした(詳細はこちらのデータから)。

王子の森公園の「子どもの広場」が1976年5月15日に完成した際に廃車となった同機がここに永住の地を見いだしたようです。ちなみに四国の蒸気機関車の歴史は1970年4月に絶えており、9600形式は四国には配置されなかった形式でした。

私が訪れたときはちょうどこのような状態でしたが、2016年2月の時点での写真はこちらのサイトに紹介されています。

テンダーの後端は名寄時代に虎塗りにされたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2015年4月18日 (土)

九州鉄道記念館訪問 その2 59634号機

10年以上前の2004年10月17日、開館して1年ちょっとが過ぎた頃の九州鉄道記念館を訪れたときの記録です。
今回から展示車両の紹介ですが、最初は9600形蒸気機関車の59634号機です。

59634_041017
九州といえば炭鉱、そして石炭列車で9600形が石炭車のセム、セラ、セキなどを牽引していた光景を彷彿させます。

沖田祐作氏の機関車表によりますと、
59634      川崎重工兵庫工場=733            1922-01-31 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1922-01-31 製造→ 納入;国鉄;59634→1922-01-31 使用開始[門鉄達80];広島→
      1925-00-00 岡山→1933-06-30 現在;富山→ 直方→1945-11-00 新鉄局→ 秋田→
      1946-04-30 庭坂→1947-07-09 山形→1955-08-01 現在;山形→ 米沢→
      1964-04-01 現在;米沢→1971-05-00 土崎工場全検→1974-06-28 後藤寺→
      1974-12-19 休車→1974-11-22 小倉工場廃車上申[小工機685]→
      1974-12-24 廃車[工車1136];後藤寺→
      1975-03-04 貸与[工車1472]保存;福岡県粕屋郡「粕屋町中央公民館」;59634→
      移管保存;福岡県JR 九州小倉工場;59634→
      2003-08-09(開館日)移管保存;福岡県北九州市門司港駅「九州鉄道記念館」;59634

59634_041017_3

1922年1月31日に川崎重工兵庫工場で誕生しましたが、1936年(昭和11年)までの配置に関しては履歴簿の紛失で不明だそうです。
その後は貴婦人「躍動」さまのサイトの情報によると、
昭和14年9月16日    富山 → 金沢
昭和15年8月31日    富山
昭和16年1月13日    金沢
昭和16年5月14日    大里
昭和16年5月18日    直方
昭和21年2月12日    秋田
昭和21年4月29日    庭坂

と北陸から、北九州へ、さらに秋田、板谷峠へと異動しています。その後、25年間米坂線で活躍して、九州に再びやって来ています。最後は後藤寺に移り、廃車。一旦は粕屋町の中央公園で保存されましたが、JR九州小倉工場に引き取られ再整備を受け、2003年の九州鉄道記念館の開館でここに保存されることになりました。

貴婦人「躍動」さまのサイトには小倉工場で保存されていたときの様子もあります。さらにYoutubeには同機が1970年9月18日、米坂線で旅客列車を牽引した際の録音もアップされています。続編もあります。

59634_041017_2
米坂線時代は1972年10月に無煙化された後も予備機として残り、1973年3月には長井線で臨時貨物を牽引したそうです。九州形の機関車はキャブ下に点検穴があるそうですが、この機関車は晩年に九州に来たため穴はありません(以上はTADAさまのサイトの情報です)。
59634_041017_4
今でも変わらないと思いますが、足回りも車体も大変美しく磨き出されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2015年1月27日 (火)

40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 5 9633号機

2014年8月10日の梅小路蒸気機関車館訪問、今回は9600形式9633号機です。

9633_140810_4
9633号機 2014/8/10 梅小路蒸気機関車館

国鉄の前身である鉄道院が1913年から製造した日本初の本格的貨物牽引用、テンダー形式の蒸気機関車であり、1976年3月の国鉄蒸気機関車廃止の時点で最後まで稼働したのも9600形式でした。にも書きましたが、9600形式という形式名自身は1912年度に12両試作された加熱式テンダー機関車が最初に命名されており、本形式は9600形としては2代目に当たります。

9600形式は1941年までに828両が製造されており、その大半が川崎造船所(686両)あとは汽車製造会社(69両)、国鉄小倉工場(15両)で770両、9600から79669まで符番されました。そのほか、三菱大夕張鉄道、夕張鉄道、美唄鉄道の自社発注や、樺太庁鉄道、台湾総督府鉄道向けなどに断続的に同形機が生産されました。

9633号機の車歴を沖田祐作氏の機関車表から見てみますと、

9633      川崎重工兵庫工場=142            1914-00-00 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1914-11-00 製造→ 納入;国鉄;9633→1914-12-09 使用開始[東管達1076];東京局→
      1933-06-30 現在;松本→1933-12-00 現在;高崎→
      1938-02-02 長野工場発(2/3 着)上諏訪→1940-05-01 発(5/1 着)甲府→
      1941-06-18 借入;上諏訪→1941-06-27 返送→1941-07-12 発(7/14 着)富山→
      1941-09-18 発室蘭(倶知安支区?)→1945-09-30 現在;倶知安→
      1949-03-01 現在;倶知安→1955-03-28 発(3/29 着)小樽築港→1972-09-24 梅小路→
      1979-03-28 廃車;梅小路→ 保存;京都市JR 西日本「梅小路機関車館」;9633
      (最終走行距離=2,670,745㎞)

1914年製造で最初は東京局配属ですが、1933年に松本に転属、1941年には富山から、北海道に渡り、最後は小樽築港機関区でした。梅小路に保存後、1979年3月28日に車籍を失っています。
梅小路機関車館の説明書きには1967年のNHK朝の連続テレビ小説「旅路」に出演とありますが、この頃は私も観ていた憶えがあります。

室伏雄一郎:横内正
室伏有里:日色ともゑ
室伏嘉一:宇野重吉
室伏はる子(伊東はる子):久我美子
室伏千枝(岡本千枝):長山藍子
千枝の夫・岡本良平:山田吾一
佐々木三千代(和田三千代):十朱幸代
塩谷駅長・南部斎五郎:加東大介
駅手・伊東栄吉:名古屋章
関根重彦:小山田宗徳
坂井正作:松山省二

Wikipediaによれば朝の連続テレビ小説としては最後の白黒放送だったそうで、前年度の「おはなはん」ほど強烈な印象は残っていませんが、配役のリストを見ると思い出すといった感じです。男性が主役という珍しいドラマでもありました。

9633_740929
40年前の1974年当時は釜に火が入った状態で保存されていました。 1974/9/29

9633_140810
1987年から静態保存状態となっているそうです。

9633_140810_5
プレートは形式名入りです。キャブとランボードの繋がりはSカーブではありません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2014年12月22日 (月)

速報 ただ今 八幡浜市内観光中

20日の夕刻から予讃本線を走って、宇和島に到着しましたが、21日はもう一度来た道を八幡浜まで戻りました。四国はこれまで1987年10月、2002年12月、2012年3月に仕事で来ていますが、松山以西に足を踏み入れたのは初めてでした。

宇和島7:06発の4630Dで北上すると下宇和での交換で日本のトロッコ列車の草分け的存在しまんトロッコ号牽引のキハ54 4 と遭遇しました。

54_4_141221
八幡浜に到着すると、4630Dは特急待避、行き違いで長時間停車モードとなり、

2000_141221
まずはTSEと表示されている2000系試作車2101先頭の特急「宇和海4号」の待ち合わせ、

18531133106_141221
さらに下りキハ185系3100番台使用の913D宇和島行き(キハ185-3113+3106)との行き違いとなりました。

79642_141221
八幡浜に来た目的は王子の森公園に保存されている9600形蒸機 79642号の見学でした。

141221
このように平成29年に愛媛県で国体が開催され、王子の森公園がソフトボールの開催球場となり、バックスタンドを新築する工事が行われていました。その一環として、保存機79642号機の屋根の設置工事も行われているようでした。

54_7_141221_2
キハ54 7  4632D 八幡浜~双岩間 2014/12/21

2151_141221
2151 特急「宇和海7号」 八幡浜~双岩間 2014/12//21

八幡浜市内、八幡濱まちなみミュージアムとして江戸、明治時代の邸の建物が保存されているのを見ながら、港まで歩きました。

141221_2
八幡浜と臼杵をむすぶオレンジ四国 2014/12/21 八幡浜港

地図で見ると八幡浜と臼杵の航路は佐田岬半島と佐賀関半島にほぼ並行しており、両半島先端間の直線距離は14kmですが、中央構造線が走っていることによる地質構造上の問題、財政事情の問題、あるいは伊方原発の存在などで、豊予海峡トンネル構想の実現は現時点では難しそうです。

141221_3
港には魚市場もあり、新鮮な獲れ立ての魚が並んでいました。

八幡浜発11:50の4917Dで宇和島に戻り、今度は宇和島市内の観光をしました。
続きは明日の記事で。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2014年2月10日 (月)

公園保存蒸気 9667 高萩勤労青少年ホーム

全国の公園等に静態保存されている蒸気機関車を見て歩くシリーズ、今回は常磐線高萩駅から歩いて10分ほどの高萩勤労青少年ホームに保存されている9667号機です。

9667_131223_29
高萩勤労青少年ホームの玄関横に保存されている9667号機 2013/12/23

デフレクターなしの4桁ナンバーです。ホームそばを通っている国道6号線の歩道橋からの望遠撮影です。

9667_131223
大正機の風格を湛えていますが、前照灯はシールドビームです。

9667_131223_4
9600形式は以前にも記述しましたが、狭軌鉄道向け機関車としては従来不可能と信じられてきた巨大なボイラーを、台枠の上に火室を載せてしまうことにより可能にした機関車でした。そのために出力は上がりましたが、ボイラー中心高さは当時の狭軌用蒸気機関車最高の2,591mmとなり、重心位置が非常に高く、小輪径の動輪もあって常用最高速度は65km/hと高速走行は苦手でした。この写真からもその重心の高さが容易に推察できます。

9667_131223_6
キャブ下のランボードと繋がるカーブは1/4円を描いていますが、9600~9617までの18両はSカーブを描いています。1915年(大正4年)川崎造船製のプレートも残っています。

9667_131223_16
9600形式の給水温め器は住山式で、D51などに見られる煙突のそばの丸い筒状のものではなくテンダー前部に温め槽と言われる水槽を仕切り、連絡水管で取水する方式です。

9667_131223_11
後部の様子 ライトは装備されていますがシールドビームライトです。ナンバープレートも付いています。

この機関車の履歴です(沖田祐作氏の機関車表より)

9667      川崎重工兵庫工場=204            1915-09-03 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1915-09-03 製造→ 納入;国鉄;9667→1915-09-15 使用開始[中管達1006];中部局→
      1915-11-00 浜松→1923-06-00 敦賀→1927-05-00 糸魚川→1937-03-30 富山→
      1943-10-01 高山→1946-09-23 仙鉄局青森区→1950-08-01 青函局青森区→
      1952-08-05 盛岡局青森区→1971-10-26 廃車;青森→
      保存;茨城県高萩市「勤労青少年ホ- ム」(運動公園=RP330);9667

製造後、浜松に配属となりますが、8年後敦賀を嚆矢として、糸魚川、富山と北陸で働き、高山から青森へと転属し、最後は青函連絡船での入れ換えに活躍しています。

9667_131223_2
トータルで56年1ヶ月働き、走行距離は地球64.9周に相当するそうです。

なお、青函連絡船入れ換えで活躍した9600形の中には右側運転台の機関車がいたことを以前、TADAさまのサイトの掲示板の発言で見た憶えがありましたが、それは函館側の入れ換え機だったようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

2014年1月16日 (木)

公園保存蒸気 9687号機 川口市青木町公園

全国に静態保存されている蒸気機関車を観て歩くシリーズ、今回は栃木・さいたまシリーズの一環として、2013年11月24日に訪れた川口市青木町公園に保存されている9687号機です。

9687_131124_2
9687号機 2013/11/24 川口市青木町公園

いわゆる4桁の96です。場所は西川口駅から北方向に徒歩約10分で、地図はこちらYahoo地図 です。今回は前回の記事でご紹介した蕨の大荒田交通公園に引き続いて訪問したため、西川口駅からは歩いてはいません。

131124
青木町公園は陸上トラック、野球場、テニスコート、プールも有した総合運動公園(青木町平和公園とも言われている)で、機関車は西側ゲートのそばに、京浜急行236号車と並んで保存されています。訪れた日は秋の運動会だったのか、多くの子供達、家族ずれで公園全体が賑わっていました。

131124_2
公園の西門の脇に屋根付きのスペースが用意されて保存されていました。奥には京急の236号の車体も。

記事を書くにあたり、いつも参考にさせて戴いているTADAさまのサイトの情報によると2013年9月下旬にボランティアの方々による清掃が行われたそうです。

9687_131124_16
柵等の関係で気に入った角度から写真が撮りにくいと行った難点はあります。

9687_131124_7
9687号機はデフレクターは装着されていません。いくつもの機関車の写真を撮っていると砂管や給水温め器の配管の様子も気になってきます。

履歴を機関車表(沖田祐作氏)から見てみると

9687      川崎重工兵庫工場=226            1916-00-00 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1915-12-00 製造→ 納入;国鉄;9687→1915-12-25 使用開始[東管達1336];東京局→
      1929-00-00 現在;高崎→1936-10-00 現在;高崎→1943-05-21 大阪局→
      1945-07-11 札幌局→1947-00-00 現在;五稜郭→1955-08-01 現在;五稜郭→
      1965-03-31 現在;五稜郭→ 函館→1965-09-23 大宮→1969-11-06 廃車;大宮→
      保存;埼玉県川口市「児童文化センタ-」;9687

製造されたのは1915年で当時の川崎造船ですね。最初は高崎に配置されますが、戦時下、大阪へ、さらに北海道に渡り、廃車時は大宮でした。大宮時代は4桁の96として人気が高かったそうですね。

9687_131124_5
川口といえば古くから鋳物の街として有名ですが、1881年の日本鉄道設立後の事業開始で工事用の車輌の組み立てが川口市で行われたことが縁で機関車の保存に繋がっているのですね。

同じ9600形といえば、九州福岡県の炭鉱でかつては有名な志免町に保存されていた29612号機が公園の改修工事に絡んで移転を余儀なくされたところ、移転費用の捻出ができず解体の危機に陥っているとのことです。蒸気機関車など保存車両を網羅されており、私も現地訪問などで参考にさせて戴いているやまてつ様のサイトに詳細が載っています。ひとつの案として大分県玖珠町にある豊後森機関区に移転してはという話もあるそうです。

過去にも維持が出来なくなり、解体となった車両は多くあると思いますが、蒸気機関車は単に鉄道ファンのノスタルジーではなく、産業遺産としての価値、すなわち蒸気機関が産業の発展に貢献をしたことを示す貴重な教材でもあると思います。そういった意味においてこれまで保存してきたものをこれからもきちんと維持して行くことは極めて重要と思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

2013年12月17日 (火)

公園保存蒸気 39685 さいたま市中央区役所

日本全国の公園等に静態保存されている鉄道車両を見て歩くシリーズ、今回はさいたま市中央区役所の構内に保存されている9600形の39685号機です。地図はこちらYahoo地図

39685_131124_2
これまで見てきた九州の9600が門鉄デフだったり、デフなしだったりするのに対して、こちらは正調の大型のデフを装備しています。 2013/11/24

9600形式の保存機に関してはこれまでに九州の福岡市の貝塚公園の49627号機北九州市若松の久岐の浜広場の19633号機を見て参りましたが、関東地方にも9600形式は何両か保存されております。

さいたま市中央区というのはほぼ旧与野市に相当する地域で、この場所もかつての与野市役所だったそうです。2001年5月1日の浦和市、大宮市、与野市の合併、さらに2003年4月1日の政令指定都市指定で中央区となりました。

39685_131124_5
9600形式は大きなボイラーを小半径の動輪上に載せているため、甲虫という愛称が付けられたそうです。

それではこの機関車の車歴を見てみましょう.データはいつものように沖田祐作氏の機関車表からです。

39685      川崎重工兵庫工場=538            1920-02-00 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1920-02-00 製造→ 納入;国鉄;39685→1920-02-10 使用開始[門鉄達272];大里→
      1927-04-01 現在;鹿児島→1933-06-30 現在;大分→ 行橋→1950-09-00 頃転出→
      1964-04-01 現在;坂町→1971-11-29 廃車;坂町→
      保存;埼玉県与野市「与野市市役所」;39685

最初は九州日豊本線などで活躍し、米坂線で最後を迎えたようです。

39685_131124_6
煙室扉は補強されているのか二重になっています。

39685_131124_10
表面には錆の浮き出しも見られます。

39685_131124_24
旧与野市はバラで有名なそうで、この機関車もバラに囲まれて余生を送っていました。

131124
ちなみに旧与野市の痕跡は足元のマンホールの蓋に残っております。 2013/11/24

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

2013年10月 4日 (金)

公園保存蒸気 49627 貝塚公園

全国各地の公園に静態保存されている蒸気機関車を見て歩くシリーズ、今回は九州福岡市の貝塚公園に保存されている9600形の49627号機です。

49627_120605
福岡市貝塚公園に保存されている49627号機 2012/6/5

貝塚公園は福岡地下鉄貝塚線貝塚駅のすぐそばにあります。ここは1962年まで福岡競輪場があった場所で、競輪場の跡地に造られた公園です。これまでにも何回か訪れて来た交通公園の形態をとっています。1周630mとかなり長いゴーカートのコースもあります。

上空は福岡空港のRWY16への進入コースになっており、空港に着陸する旅客機が轟音とともに飛んで行きます。

園内には蒸気機関車のみならず、1968年に東亜航空から福岡市へ寄贈された英国製の「DH-114B ヘロン」も展示されています。

49627号機はいわゆる門鉄デフを装備した九州らしいスタイルの機関車でその履歴は

49627      川崎重工兵庫工場=580    1920-07-00 S59.80t1DT(1067)
車歴;1920-07-00 製造→ 納入;国鉄;49627→1920-07-01
使用開始[札鉄達391];札幌局→
鳥栖→1952-05-01 直方→1957-01-00 現在;直方→1964-04-01
現在;後藤寺→1968-03-01(3/2?)廃車[九州支社達2];後藤寺→
保存;福岡県福岡市「貝塚公園」;49627→1990-10-00 頃;福岡市の要望によりKSK 施工にて切取式除煙板K-7 型装備

となっています(データは沖田祐作氏の機関車表より)。

1920年の製造で最初の任地は北海道だったようで、そこで30年以上働いた後、九州に転属となり、16年間九州北部で活躍したようです。デフレクターに関しては保存後に現在の形になったようです。

4962720_120605
20系客車 ナハネフ22 1007と一緒に保存されています。

写真のように20系客車を一両従えた形で保存されています。蒸気機関車と20系と言えば、山陽本線、東北本線、常磐線や九州内でも見られましたが、9600形と20系は現役時代は縁が無かったのでは思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村