2018年6月 1日 (金)

Omaha in Nebraska より無事帰還 その2

往路で紹介した際にミネアポリス・セントポール空港を「1998年6月に利用した」と書きましたが、正確には1997年6月26日でした。
Nw_fleet9_70626_msp 1997/6/26
Dsc06014 2018/5/24
MSPのコンコースD上に設置されている小さなObservation Deckからの写真

かつてはノースウエストのハブで、97年の写真のようにCコンコース方向は赤メインの状態でしたが、デルタ航空に吸収合併されたことで今は白メインの状態となっています。さらにCコンコースが画面の奥(南東方向)に向けて延伸しているのが分かります。
Dsc06052 2018/5/25 N407UA Airbus A320-232 cn456
Dsc06055 2018/5/25 N603NK A320-232 cn4321
Dsc06486 2018/5/29 N221FR Airbus A320-214 cn3205
Dsc06490 2018/5/29 N948NN Boeing737-823WL cn31189 ln4835
などを撮影し、
Dsc06496
GateG4からTokyo HND行きDL121便に搭乗しました。
Dsc06499
機材はN864DA (7005) Boeing777-232/ER cn29736 ln249
飛行経路は往路と殆ど同じですが、逆風の偏西風影響を受けるため、飛行時間は11時間50分と往路よりも1時間長くかかり、日本時間で29日火曜日13:05頃、HNDのD滑走路に着陸しました。
S__5103620 2018/5/29 HND
今回は家族旅行であり、次男が空港まで迎えに来ており、着陸後Gateに向けてタキシングする搭乗機を撮影してくれていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年4月20日 (金)

久しぶりの成田空港 Term1 その5 ヴァニラとピーチ

昨日のエアアジア・ジャパンでも話題になりましたが、成田ベースのLCC,ヴァニラと関西空港ベースのLCC、ピーチが統合されることが2018年3月22日発表されました。

Peach Aviation Logo.svg

Ja803p_airbus_a320214_5015_170609_n 2017/6/9 NRT JA803P Airbus A320-214 5015

Ja807p_airbus_a320214_180409_nrt 2018/4/9 NRT JA807P Airbus A320-214 5440

Peach-Aviation (MM)は国内初のLCCで2012年3月1日に運航を開始し、フリートAirbus A320(180席)体制です。国内線15路線、国際線14路線を運航しており、ANAHD傘下で出資比率は当初,38.7%でしたが、2017年4月13日に67%に引き上げ、連結子会社化しました。さらに今年4月に香港のファンドから株式を取得し、77.9%としました。

Vanilla Air logo.svg

Ja01va_airbus_a320214_5844_180409_n 2018/4/9 NRT JA01VA A320-214 5844

Ja12va_airbus_a320214_7543_170529_n 2017/5/29 NRT JA12VA Airbus A320-214 7543

バニラ・エア2011年8月31日エアアジア・ジャパンとして設立され、2012年8月1日に就航、2013年10月26日に運航を一時休止した後、商号をバニラ・エアに変更し、12月20日に再開しました。フリートはAirbus A320 14機(180席)体制です。

当初はANAHDとマレーシアのエアアジアの共同出資でしたが、2013年にANAHDの完全子会社となりました。2019年度末にピーチとの統合が予定されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年3月14日 (水)

久しぶりの羽田空港国際線デッキ その4 NHのA321neo

3月10日土曜日の羽田空港国際線ターミナルでの飛行機スポッティングの話題、今回は国内線の話題です。

Ja131a_airbus_a321272n_7839_180310_ 2018/3/10 HND JA131A Airbus A32-272N cn7839
岩国からNH634便で11:05に着陸したときのもの

全日空はA321ceoに続いて、new engine optionのneoを2017年9月12日から国内線に就航させました。エンジンはP&W PW1130G-JMで、翼端に大型ウイングチップ「シャークレット」を装備することで従来タイプより、燃費を15%改善したそうです。

Ja132a_airbus_a321272n_7881_18031_2 2018/3/10 HND JA132A Airbus A321-272N cn7881
こちらは11:44 宮崎からのNH604便で着陸したときのもの

座席数はプレミアムクラス8席とエコノミークラス186席の計194席で、シートはプレミアムクラスがレカロ製、エコノミークラスがソディアック・エアロスペース製です。両クラスとも、電源コンセントと充電用USB端子が各席に設けられており、Wi-Fi機器による機内インターネット接続サービスにも対応しているそうです。

Ja111a_airbus_a321211_7346_180310_h 2018/3/10 HND JA111A  Airbus A321-211 cn 7346
こちらはceoタイプのJA111Aで米子からのNH386便
ceoとneoとでは着陸時の逆噴射状態でのエンジンの形態に違いがあることがわかります。

1
これまで全日空が導入した3タイプのAirbus A321のロゴの比較ですが、一番上がneo, 真ん中がceo、一番下が-131です。

全日空(ANAホールディングス)は2014年7月にA321neoを23機、さらに2015年1月に3機追加し、計26機契約しており、機体記号もJA131Aから連番でJA156Aまで連番で予約していましたが、2017年12月25日付JA153AからJA156Aまでの4機については取り下げたとのことです(情報源)。現時点ではJA131AとJA132Aの2機が就航中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年5月19日 (金)

JAレジのA320 ANAが導入、一旦は737に機材統一されるも再び

ANAは1960年代に英国製のビッカース・バイカウントやオランダ製のフォッカー・F-27フレンドシップといった欧州製のターボプロップ機を導入し、JALのDC-4に対抗していた時代がありました。それが今日の繁栄の礎になっています。

それらが引退した後Boeing 737-200の時代が続き、737の更新時期となる1990年代初頭に導入する後継機の検討は1980年代半ばから開始され、150~160席クラスのAirbus A320、Boeing 737-400, McDonell Douglas MD-88の3機種に絞られ、1年間近く選定作業が行われました。

その結果、操縦性、先進技術の採用による信頼性、低騒音、快適性などからAirbus A320に決まりました。1986年12月に確定13機、オプション7機が発注され、ジェット化以降初めて欧州機が導入されることとなり、エンジンはCFM56が選ばれました(このときの選択肢にはV2500がありました)。

Airbus A320は1984年3月に開発がスタートし、アメリカ製の737やMD-80よりも後発であることから、新しい設計思想とテクノロジーが盛り込まれ、ハイテクが最大のセールスポイントでした。その代表がフライ・バイ・ワイヤ(FBW)システムで従来のケーブルで指令が伝達されるのに変わり、電気信号で操舵されることで、重量軽減、エラーの除去などから安全性の向上がアピールされました。さらに、737とキャパシティは同じながら、床下にコンテナを搭載できる点も大きなメリットとなっていました。

Ja8382_airbus_a320211_139_980503_ct 1998/5/3 CTS JA8382 Airbus A320-211 139

初号機JA83821991年2月9日に羽田に到着しましたが、トゥールーズからのルートは湾岸戦争で南回りルートが使えなかったために大西洋アゾレス諸島~ワシントンDC~ロサンゼルス~ホノルル~マジュロ~グアムを経由しました。

Ja8387_airbus_a320211_196_981201_ng 1998/12/1 NGO JA8387 Airbus A320-211 196
JA8387の他、JA8389, JA8390、JA8391などがANKタイトルになりました。

路線就航は1991年3月16日の羽田~山形線でした。エアーニッポンとの共同事業機として使用され、ユーロサルーンの愛称が与えられ、ANKのタイトルとなった機体も4機いました。

1996年1月には胴体延長タイプのA321を7機発注、1998年4月に就航となりますが、エンジンがV2500に選定されたため、グループの機種統一戦略から外れ、2008年には7機とも退役となったことは以前の記事で記述した通りです。

A320もBoeing 737NGへの機材統一で2005年度以降退役の方針が決定しましたが、国内ローカル線やソウル線などでその有用性が見いだされ、2007年にはオペレーティングリースで5機の追加導入が決定されました。

Ja205a_airbus_a320214_cn_3099_09101 2009/10/18 PVG(上海浦東空港) JA205A A320-214 3099

このときに導入されたJA204A~JA208Aはビジネスクラス20席、エコノミークラス90席の2クラス・コンフィグとなりました。

Ja201a_airbus_a320211_1973_030713_f 2003/7/13 FUK JA201A 1973
実働わずか6年と短いANA機での活躍だったJA201A

2008年になると退役が始まり、3月JA8381,5月JA8383が去り、2009年にはリースで導入されたJA201A、JA202Aもフリートから離脱しました。2012年には5機の国際線仕様機がリースバックされ、2014年にはグループ会社のバニラエアに3機がリースと実働機数は最盛期の半数以下に減って行きました。

しかし2014年3月27日、ANAホールディングスの長期的機材計画でBoeing 777-9をはじめとして5機種70機の大量発注が発表され、A321neoが23機、A320neoが7機導入されることが明らかにされました。

Ja211a_airbus_a320271n_7401_170503_ 2017/5/3 NRT JA211A Airbus A320-217N 7401
2016年12月に受領したA320neoのJA211A、既にJA212Aも就航しています。

Table_ana_a320_fleet_list 表 これまでに導入されたANAのAirbus A320

Boeing737NGへの機材統一の方針を覆したのは、Boeing社だけではなく、競合する機体メーカの機体を導入することで機材投資額を抑制できるという世界的な潮流に乗った経営戦略判断の結果と言われています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年4月22日 (土)

ANAが以前に導入したAirbus A321について JA106A,JA107A

ANAが以前に導入したAirbus A321のシリーズ、最後はJA106A、JA107Aとして登録された機体です。

JA106A cn1204
JA107A cn1227

大事なことを忘れていましたが、このA321の導入は1995年頃、導入が一度は決定されたA340のオーダーキャンセルの代替だったのですね。そして、エンジンをV2500シリーズに選定したことで、CFM56装備のA320との互換性がなくなり、一旦全機退役を2003年度末に設定されますが、2008年2月29日を以て運航終了となったのでした。

Ja106a_a321131_011028_hnd2 JA106A 2001/10/28 HND

Ja106a1
導入後、日本国内での所有権はJA102Aを除く他の機体同様、2002年9月末でリース会社に移転されています。

Ja106a_051210_fuk JA106A 2005/12/10 FUK

Ja106a2
アメリカに売却された後、すぐに-200タイプに改修されたのは他の機体と同様であり、2007年5月からカザフスタンのAir AstanaでP4-OASと登録されて活躍しています。元JA105AのPA-NASとは僚機です。

Ja107a_a321131_000716_hnd JA107A 2000/7/16 HND

Ja107a1
JA107Aの国内での所有権に関しても同様です。

Ja107a_020607_hnd JA107A 2002/6/7 HND

Ja107a2
こちらはANAのフリートを離れてから、韓国のAsiana AirlinesにHL7761のレジでリースされ、5年後に同じレジのまま、Air Busanにリースされ、今日まで活躍中です。Air Busanの機体として成田への飛来実績もかなりあるようです。

昨年秋から再び導入された4機のA321ceoタイプはCFM56装備でA320とは共通ですが、あくまでA321neoタイプまでの繋ぎとのこと、彼女らが日本での活躍を終えた後、どういった機生を送るかも興味があります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年4月21日 (金)

ANAが以前に導入したAirbus A321について JA103A~105A

今回も今ではA321ceo current engine optionと呼ばれる、従来型エンジン装備のANAが以前導入したAirbus A321-100型の話題です。

JA103A cn 963
JA104A cn1008
JA105A  cn1042  でいずれも標準塗装で就航しました。

Ja103a_a321131_010515_hnd3 JA103A 2001/5/15 HND

Ja103a
JA103Aの国内での所有権は導入後、3年半後にリース会社に移転しています。

Ja103a_030711_fuk JA103A 2003/7/11 FUK

Ja103a2
JA103Aは売却後、直ちに-200型に改修され、トルコのInter Airlinesで活躍となります。2年後、同じトルコのOnur Airにリースされ、6年間活躍の後、昨年から同じトルコのAtlasGlobalにリースとなります。

Ja104a_a321131_011005_hnd JA104A 2001/10/5 HND

Ja104a
JA104Aの所有権も同じ時期に移転しています。

Ja104a_020922_kix_2 JA104A 2002/9/22 KIX

2ja104a
JA104Aは同じく、Inter Airlines Onur AirさらにSaudi Arabian Airlinesを経て、AtlasClobalで昨年から活躍中です。

Ja105a_a321131_011002_hnd JA105A 2001/2/10 HND

Ja105a
JA105Aに関しても同じです。

Ja105a_a321131_011028_hnd JA105A 2001/10/28
Ja105a2
JA105AのANAフリート離脱後の、再就職先は他の機体とは異なり、カザフスタンのair astanaでした。こちらの他の3機のA321とともに働いています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年4月20日 (木)

ANAが以前に導入したAirbus A321について JA102A

昨日に引き続き、ANAが1990年代末期に導入したA321の話題です。

今回はJA102Aと登録された製造番号811の機体です。

Ja102a_a321131_980502_hnd 1998/5/2 HND

この機体も導入から1年間位は上の写真のようなフィルムロール・スペシャルマーキングを纏っていました。ただ、ラッピングの劣化が著しかったとどこかで読んだ覚えがありますが、他のスペマー、例えば同じ時期に登場したBoeing777-381のJA751A,JA752Aのスペシャルマーキングなどに較べ、早くに通常塗装に塗り替えられました。

Ja102a_a321131_000716_hnd 2000/7/16 HND

日本で活躍中の所有権等に関しては

1
このように、導入後1週間からリース会社の所有となっています。10年マイナス1か月の活躍でアメリカに売却となりました。

2
この機体も日本を離れてからー200タイプに改修されています。活躍の場は、トルコの航空会社となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年4月19日 (水)

ANAが以前に導入したAirbus A321について JA101A

4月15日の羽田空港Terminal2でのスポッティングで2016年10月からANAが再導入したAirbusA321-200型4機を撮影しました。今回は1998年から2000年代初期にかけて、ANAで活躍したJA101A~JA107Aについて触れようと思います。

まずはJA101Aと登録された製造番号802の機体に関してです。

Ja101a_a321131_980502_hnd 1998/5/2 HND

Ja101a_a321131_98816_hnd2 1998/8/16 京浜島

登場時,JA101AとJA102Aはこのような日本各地の風景のスライドフィルムをボディに貼ったようなスペシャルマーキングでした。

Ja101a_a321131_011028_hnd 2001/10/28 HND

そのカラースキームも長くは続かず、1年ほどで通常塗装に塗り替えられました。

A321-131 というタイプで1993年12月17日に形式証明を得ており、エンジンはIAE Model V2530-A5です。

日本での所有登録は

1
このような状況でした。データはこちらからです。

Ja101a_a321131_020825_hnd 2002/8/25 HND

日本での活躍は9年間と半年で、

2
売却されますが、直ちに最大離陸重量を上げた-200タイプに改修されているのが特徴的です。

履歴的には韓国のAsiana航空、ギリシャのオリンピック航空(未使用)、ロシアのRed Wingsで活躍の予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年4月16日 (日)

久しぶりの羽田空港 Terminal 2 その1 ANAのA321-200

4月15日土曜日、海の向こうの北朝鮮では故金日成主席の生誕105周年、それにちなむ大軍事パレードが行われ、もしかしたら核実験や弾道ミサイルが発射され、北朝鮮のこういった挑発行為に対抗する措置として、あらゆる手段を惜しまないと公言しているトランプ政権が西太平洋に出撃させている原子力空母からミサイルを発射するのではないかという緊張感もありました・・・かなり風が強く東京地方では雷雨の襲来があった場所もありましたが、私は久しぶりに羽田空港Terminal2に飛行機の写真撮影に出かけました。

最近は鉄道趣味がメインで空港にスポッティングに出かけるのは数年ぶりでしたが、羽田の様子をみて、JA8000番台の機体が依然として現役で活躍しているのに些か驚きました。

いくつかのまとまりで記事にしてゆこうと思いますが、まずは2016年10月に久しぶりにANAが導入したAirbus A321について触れようと思います。

ANAは1998年5月から2000年6月にかけてAirbus A321-100(V2500エンジン搭載)を7機(JA101~JA107)導入しました。当初はスーパーシート8席を含む191席、スーパーシート廃止後はY195のコンフィグで、私も東京~岡山間で搭乗しました。最初の2機は日本全国の観光地の風景をフィルム上に側面に描いたラッピング機でした。

しかし、エンジンがA320とは異なったこと等で、効率化が優先され

JA101A cn802    1998/5 ~ 2007/9
JA102A cn811    1998/4 ~ 2008/6
JA103A  cn963    1999/5 ~ 2006/5
JA104A  cn1008   1999/4 ~ 2006/6
JA105A  cn1042   1999/7 ~ 2006/9
JA106A  cn 1204  2000/4 ~ 2006/12
JA107A  cn 1227  2000/6 ~ 2007/5      

といったように比較的短期間でFleetから離脱し、Asiana Airlines、Sky Airlines、Inter Airlines, Air Astana などで第二の人生を歩み出しました。

同じタイプの機体を再導入というのも珍しいかとは思いますが、2015年1月にANAホールディングスはA321ceo(current engine option: 従来型CFM56を搭載)を4機、新型エンジン搭載のA321neo (new engine option) を3機発注しました。

今回のA321ceo4機はA321-200でビジネス8席、エコノミー186席のコンフィグで、レジはJA111AからJA114Aとなりました。その初号機は2016年10月28日に受領、ハンブルグ~モスクワ~ノボシビルスク~インチョンと経由し、10月30日に羽田に到着したそうです。

今回、幸いにして4機ともお目にかかることが出来ました。

Ja111a_cn7346_airbus_a321200_170415 JA111A Airbus A321-200 cn 7346 2017/4/15 HND

Ja112a_airbus_a321200_cn7382_170415 JA112A Airbus A321-200 cn 7382 2017/4/15 HND

Ja113a_airbus_a321200_cn7430_170415 JA113A Airbus A321-200 cn 7430 2017/4/15 HND

Ja114a_airbus_a321200_cn_7493_20174 JA114A Airbus A321-200 cn 7493 2017/4/15 HND

前回のA321との形態的な大きな違いは翼端にシャークレット(ウイングレットとは言わないようで)が付いたことです。

このA321-200ceoも最終的に26機導入されるA321neoの引き渡しまでの繋ぎとして短期間運航される機種とのことです。

以前、導入されたA321の写真もスキャンして後日、掲載します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年12月15日 (木)

San Diego Lindbergh空港でのSpotting 28 Frontier Airlines A320

San Diego Lindbergh空港でのSpotting、今回はFrontier AirlinesA320です。Frontier Airlinesに関しては2015年3月29日記事でも触れていますが、あの時にA320を載せ忘れましたので再度の登場となりました。

N207fr_a320214_cn4307_150115_san N207FR Airbus A320-214 cn4307 2015/1/15 SAN

Planespotters.netのデータによれば、Frontier Airlinesは現在28機のA320を運航しており、レジはN201FRから順番に付与されており、N204FRはリースバックされています。さらにN238FR(-214WL)とN301FR~N309FRの9機が発注中で、N301FR, N303FRはすでにデリバーされています。機齢はもっとも古くて8.9年となっています。

A320_frontier_small
A320-2141995年5月10日に耐空証明を取得したタイプでCFM56-5B4 または 5B4/P または 5B4/2Pのエンジン(ceo: Current Engine Option)を装備しており、A320-251N2016年5月31日に耐空証明を取得したタイプ、いわゆるneo(New Engine Option) シリーズでCFM LEAP-1A26タイプのエンジンが装備されています。

おなじA320ファミリーと言っても20年以上歳のの違う、ファミリーとなっています。

因みにA320neoシリーズは今年になって続々と航空会社が就航させており、
    AirAsia first service in 2016
    Air Astana first service in 2016
    Avianca Brazil first service in 2016
    Azul Brazilian Airlines first service in 2016
    Frontier Airlines first service in 2016
    GoAir first service in 2016
    IndiGo first service in 2016
    LATAM Airlines Group first service in 2016
    Lufthansa first service on 25 January 2016
    Pegasus Airlines first service on 2 August 2016
    Scandinavian Airlines first service in 2016
    Spirit Airlines first service in 2016
    Viva Aerobus first service in 2016
    Volaris first service in 2016 が現在のオペレータです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村