2018年4月19日 (木)

久しぶりの成田空港 Term1 その4 インドネシア エアアジアXのA330

2018年4月9日の成田空港の話題、今回はインドネシア・エアアジアXA330-300型機の話題です。

AirAsia New Logo.svg

エアアジア(AK)1993年にマレーシアでTune Airとして設立された航空会社で設立当初はマレーシア政府系重工業会社DRB-ハイコム傘下の企業でしたが、業績低迷で経営破綻し、トニー・フェルナンデスに買収されました。以降、LCCとして業績が上昇し、2003年に黒字化、さらに

2003年 タイ・エアアジア FD
2005年 インドネシア・エアアジア QZ
2006年 エアアジアX D7
2013年 タイ・エアアジアX XJ
2012年 エアアジア・フィリピン Z2
2013年 インドネシア・エアアジアX XT
2013年 エアアジア・インディア I5
2014年 エアアジア・ジャパン DJ            とグループ航空会社が増えました。

尚、2011年8月から2013年にかけて全日空との合弁でエアアジア・ジャパンが設立されましたが、2013年6月に合弁が解消され、こちらはバニラエア JW になりました。こちらはピーチとの統合が予定されていますね。

AirAsia X Logo.svg

インドネシア・エアアジアX はバリ島のデンパサールを拠点とし、「PT Kirana Anugerah Perkasa (PTKAP)」が共同出資して設立、長距離路線専門のLCCとのことです。2017年3月17日に国土交通省より外国人国際運送事業の経営許可を取得、5月25日より デンパサール - 成田間に就航しました。

保有機材はAirbus A320 180席 5機、 Airbus A330-300 C12Y365 2機です。

Pkxrc_airbus_a330343x_654_180409_nr
Pkxrc_airbus_a330343x_654_180409__2 2018/4/9 NRT PK-XRC Airbus A330-343X

長距離路線を専門とする航空会社らしく、胴体横には
Now Everyone Can Fly (e)Xtra Long とあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年3月18日 (日)

久しぶりの羽田空港国際線デッキ その7 Air ChinaのA330 

2018年3月10日の羽田空港、国際線ターミナルでのスポッティングの話題、今回は中国国際航空Air ChinaAirbus A330です。

エアバス社が最初に世に出した旅客機A300の機体案の中に胴体を延長し、DC-10L1011の市場に食い込むことを狙った「A300B9」という案や、胴体短縮の「A300B10」、さらにエンジンを4発にしたA300B11案がありました。1970年代中期のエアバス社の体制ではこれら3つの案を全て開発するのは不可能であり、まずはB10案が現実化され、A310としての開発が開始されました。

1980年代になるとSingle Aisle SAのナローボディ機の開発が開始され、一方でB9案はTwin Aisle TAとしてTA9案に、B11案はTA11案になりました。TA11を双発にしたTA12も登場しました。

SAA320としてローンチされ、フライ・バイ・ワイヤシステムが導入され、TAではTA12は取り下げられ、TA9とTA11の開発が同時に開始され、両者の構成要素を最大限共通化することとし、TA11を先行させることからA320に次ぐA330に、TA9をA340としましたが、双発機がA340,4発機がA330では取り違いが起こる可能性もあるので双発機をA330,4発機をA340に改めました。

A340は短胴タイプの-200と長胴タイプの-300の2モデル構成で開発されましたが、A330は当初、-300長胴タイプのみで開発されました。

Air ChinaのA330、
-200タイプは30機就航中でR-R Trent 772B-60/772C-60エンジン装備の-243タイプです。コンフィグはC12Y271, C18Y247 とC30Y207の3種類があります。

Table1 表1 Air ChinaのA330-200

長大な航続距離を持つ双発機であり、A340とA330-300の中間の航続距離を持つ機体としてA330-300の胴体を短縮し、収容力は減らすものの、燃料搭載量を増やし、航続力を増強したのがA330-200です。胴体は主翼前後で-300タイプから10フレーム分短縮され、胴体の短縮で機体の重心位置からの距離が短くなり、モーメントが減少する分を垂直尾翼の高さを増大させることで対応しました。

B6533_airbus_a330243_1237_170609_nr 2017/6/9 NRT B-6533 Airbus A330-243 cn1237

航続距離の長い-200タイプは近距離の日本線には殆ど投入されないためか日本では-200タイプをこの1機しか撮影していません。

-300タイプは29機就航中でR-R Trent 772B-60/772C-60エンジン装備の-343タイプです。コンフィグは全てC30W16Y255です。

Table2 表2 Air ChinaのA330-300

B5946_airbus_a330343e_1525_170520_h 2017/5/26 HND B-5946 Airbus A330-343E cn1525

B5947_airbus_a330343x_1538_180310_h 2018/3/10 HND B-5947 Airbus A330-343X cn1538

B5948_airbus_a330343x_1541_170909_h 2017/9/9 HND B-5948 Airbus A330-343X cn1541

B5956_airbus_a330343x_1563_170422_h 2017/4/22 HND B-5956 Airbus A330-343X cn1563

B6525_a330343_cn_1199_110803_pek 2011/8/3 PEK B-6525 Airbus A330-343 cn 1199

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年3月16日 (金)

久しぶりの羽田空港国際線デッキ その5 Eva AirのA330 part2

昨日に続いてEva AirのA330の話題、

1 表1 現在、就航中のEva AirのA330

-200が3機、-300が9機となっています。以前、日本のJA8000番台機も末尾が4で終わる登録記号は忌み嫌って未登録としていましたが、8000番台が枯渇する頃、空白だったJA8004とかが埋められました。台湾では未だに末尾4は避けられていることが分かります。

B16331_airbus_a330302x_1254_170512_ 2017/5/29 NRT B-16331 Airbus A330-302X cn1254

私は現在、ActiveなA330-200は撮影しておらず、いずれも-300です。
B-16331は以前は「マジックスター」でしたが現在は「バッドばつまるファントラベルジェット」になっています。

B16332_airbus_a330302x_1268_170909_ 2017/9/9 HND B-16332 AirbusA330-302X cn1268
B-16332は「アップル」から「ドリームジェット」になりました。

B16333_airbus_a330302x_1274_170909_ 2017/9/9 HND B-16333 AirbusA330-302X cn1274
B-16333は「アラウンド・ザ・ワールド」から「パーティージェット」になりました。

B16335_airbus_a330302_1684_170520_h 2017/5/20 HND B-16335 AirbusA330-302 cn1684
こちらは旧塗装です。

B16336_airbus_a330302_1690_180310_h 2018/3/10 B-16336 AirbusA330-302 cn1690

B16339_airbus_a330302_1794_180310_h 2018/3/10 HND B-16339 Airbus A330-302 cn1794
初めて今回のスポッティングで撮影したEva Airの新塗装です。

イメージ的に大きな変化はありませんが、垂直尾翼から胴体後部の塗装、さらに下回り、そして前脚付近の塗り訳と色が変わっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年3月15日 (木)

久しぶりの羽田空港国際線デッキ その5 Eva AirのA330 part1

スターアライアンス・メンバーで日本乗り入れ・経由便は全て全日空との共同運航便となっているEVA Air1989年4月7日に、大手海運会社・長栄海運を中心とする企業グループによって創立された台湾の民間航空会社です。

EVA Airways

日本路線は成田、羽田、関西、福岡、新千歳、旭川、函館、仙台、小松、那覇の9都市、10空港に乗り入れています。

現有フリートは76機でその内訳は
ATR 42/72        2機
Airbus A321      22機
Airbus A330      12機
Boeing 747        5機
Boeing 777        35機  となっています。

A330 12機のうち、
3機が-203 B-16310~B-16312 C24Y228
9機が-302X B-16331~B16333,B-16335~B-16340 C30Y279 です。

1 表1

A330-200に関しては表1に示したように既にリースバックされた機体が8機あります。

B16302_airbus_330203_535_040414_nrt 2004/4/14 NRT B-16302 Airbus 330-203 cn535

B16303_airbus_a330203_555_051210_fu 2005/12/10 FUK B-16303 Airbus A330-203 cn 555

B16306_airbus_a330203_587_110729_nr 2011/7/29 NRT B-16306 Airbus A330-203 cn 587

Eva Airは航空会社としては初めてサンリオと提携し、ハローキティの塗装の機体を就航させています。次回以降の記事で登場するA330-300タイプでも数機、そういった塗装の機体が登場します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年5月17日 (水)

日曜日は羽田空港でSpotting 1 海外の航空会社編

5月13日は関東地方は大雨に見舞われましたが、14日日曜には雨も上がり時頼、日差しもさす陽気となりましたので、また羽田空港、国際線ターミナルでSpottingしました。
4月15日から、何回か訪問、Spottingしており、飛来機のパターンもだいたいわかってきたので、今回はいつも朝、写しそこなっていたBritishAirwaysや帰ってから来ているVietnum航空なども狙ってみました。

さて収穫は

Gstbi_boeing_777336er_43702_1171_17 2017/5/14 HND 以下全て同じ G-STBI Boeing 777-336ER 43702 1171

到着したとき、まさにゲートアウトした直後でした。成田には787-9、羽田には777-300と使い分けているのでしょうか?

Hstgg_boeing_7474d7_33771_1337_1705 HS-TGG Boeing 747-4D7 33771 1337

最近、国際線の747もすっかりマイナーとなり、思わず撮影してしまいます。タイ国際航空の新塗装の747ですが、レジを確認するとHS-TGG、12日の成田も同じ機体で、日本線専用機になっているのでしょうか?

Rpc7774_boeing_7773f6er_3556_1056_1 RP-C7774 Boeing 777-3F6ER

以前は747-200Bで乗り入れていたフィリピン航空ですが、最近は777-300ERAirbus A330-300のようです。

Daihc_airbus_a340642_523_170514_hnd D-AIHC Airbus A340-642

Dabyf_boeing_747830_37830_1456_1705 D-ABYF Boeing 747-830 37830 1456

羽田にデイリーでミュンヘン便A340-600とフランクフルト便747-8で乗り入れているルフトハンザ

B6506_airbus_a330343x_936_170514_hn B-6506 Airbus A330-343X 1705

中国東方航空が新塗装になっているのを知ったのも4月の羽田再訪以来でした。

B6528_a330223_cn_1202_170514_hnd8 B-6528 A330-223 1202 

中国南方航空スカイチーム塗装機、一度2011年8月に北京で目撃していましたが、日本でみたのは初めてでした。

Vna892_airbus_a350941xwb_086_170514 VN-A892 Airbus A350-941XWB 086

12日の成田ではBoeing 787-9を見かけ、こちらではA350-900XWBと経済成長著しいベトナムの翼の躍進が伺われます。

N29968_boeing_7879_60141_516_170514 N29968 Boeing 787-9 60141 516

同じアメリカの航空会社でもアメリカン航空デルタ航空777でやってきているのに、ユナイテド航空787-9という点が面白いです。

明日の記事では日本の航空会社について触れます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年5月16日 (火)

走り梅雨の前の好天の成田空港でSpotting 5/12 Friday

5月13日からの週末は天気があまり芳しくないとの予報もあったので、5月12日金曜日、つくば~小平移動の経由地に成田空港を選択しました(笑)。

さすがに連休に訪れた際は満席だったターミナル1のデッキも空いていました。

さて収穫は、

Vna865_boeing_7879_38761_380_170512 ベトナム航空 VN-A865 Boeing 787-9 38761 380
到着したときにはすでに正面を通過した後でしたが、成田には787-9、羽田にはA350-900XWBと最新鋭機材を投入している感があります。

Phbva_boeing_777306er_35671306er_17 KLM PH-BVA Boeing 777-306ER 35671 694

2016年6月
デビューで成田初飛来は2016年6月22日だったそうです。特別塗装のきっかけは2015年4月27日、アレクサンダー国王の誕生日にKLMがSNSで「来年のキングズ・デイに機体をオレンジ色に塗りましょうか」と尋ねたら大反響があり、1年後に実現したそうです。

N237nw_mcdonnell_douglas_dc1030_478
N237nw_mcdonnell_douglas_dc1030_4_2 1998/1/6 NRT N237NW McDonnell Douglas DC-10-30 47844 336

私はこのオレンジと青の2色、20年くらい前に登場したノースウエストがスターアライアンスやワンワールドに対抗してKLM-NWアライアンスをアピールするために登場させたDC-10の胴体を半分ずつ、赤と青に塗った特別塗装を思い出しました。

Ohlwg_airbus_a350941xwb_051_170512_ FINNAIR OH-LWG Airbus A350-941XWB cn051

日本から一番近い、ヨーロッパとしてDC-10、MD-11、A330、A340などで就航してきたフィンエアーですが最近はA350XWBでも来ているようです。私はこれがA350XWBの初撮影となりました。

最初は不覚にもBoeing 787-9なのかと思いましたが、ウイングレットからA350XWBと分かりました。XWBはExtra Wide Bodyの略で当初、A330をベースにA350を提案したものの、評判はあまり芳しくなかったので胴体を太くし、広く快適なキャビンであることアピールしたそうです。

ちなみに私もフィンランドは学会でタンペーレに2008年夏に参りましたが、あのときは便の都合(曜日の関係)でパリ経由となり随分時間がかかりました。

Oykbm_airbus_a340313x_450_170512_nr スカンディナビア航空 OY-KBM Airbus A340-313X 450

Oykdh_boeing_767383er_24358_263_000
Oykdh_boeing_767383er_24358_263_0_2 2000/5/20 NRT OY-KDH Boeing 767-383ER 24358 263

SASと言えば創世期のスターアライアンスメンバーで胴体輪切り塗装と言われた767-300 OY-KDHの塗装を思い出します。このパターンのSAS機は初めて見ました。

同機は折り返し、出発せずに牽引されて駐機場に向かいました。

B16331_airbus_a330302x_1254_170512_ EVA Air B-16331 Airbus A330-302X cn1254

羽田にはサンリオの「ドリームジェット」が連日、飛んできているエバー航空、この日の成田には3月4日にデビューした「バッドばつ丸ファントラベルジェット」がやって来ました。

Uk67006_boeing_76733per_40535_1054_ ウズベキスタン航空 Boeing 767-33PER 40535 1054

成田就航は2002年からだそうですが、週2便の運航だったせいか、なかなか撮影の機会がなく、今回初めて撮影することが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年4月23日 (日)

2週連続の羽田、今度は国際線ターミナル part1

4月22日土曜日は先週に続き、羽田空港に参りました。前回はTerminal2でのスポッティングでC-RWY(16L/34R)の離陸を眺めましたが、今回は2010年10月の開業以来、初めての国際線ターミナルでのスポッティングです。
国際線ターミナルといえば、成田が開港する前と成田開港後、政治的理由で中華航空だけが使用する国際線ターミナルの時代は何度が撮影しましたが、現在のターミナルになってからは初めてとなります。
特徴はなんと言っても展望デッキも含めて24時間オープンであることでしょう。

先週の分と含めて、いくつかのテーマについて触れて行くことにします。

Img_9628 2017/4/22 HND
RWY34エンドのJALハンガーの前に駐機していた政府専用機 手前が20-1101奥が20-1102 その後、1102がハンガー内に

まず、22日のトピックと言えば34エンド寄りのハンガーエリアに政府専用機747-400(20-1101、20-1102)が2機駐機していたことです。JAL、ANAが747の運航をしていないことから747-400の政府専用機の運航も2018年までで、それ以降は現在ボーイングエバレット工場で最終仕上げ段階の777-300ERに置き換えられる予定で、整備は全日空に委託されるとのことです。

Img_9696 JA802A Boeing787-881 cn34497 ln 24

ANAのBoeing787-8の初号機(JA801A)と2号機(JA802A)はこのカラースキームで導入され、JA801Aの方は2月28日に伊丹空港MRO Japanでのリペイント作業が終了し、通常塗装になり、このJA802Aも来月、リペイントされる予定ですが、22日は上海浦東からの便で早朝羽田に到着、羽田から10:11発台北松山空港行きの便で出発するところを撮影できました。

Img_9997 B-16332 Airbus A330-302X cn1268

こちらは2017年4月10日に羽田で披露されたEva航空の特別塗装機「ドリームジェット」で羽田/台北・松山線などに投入されるそうです。
11:14 台北松山空港からの便で到着、12:34 折り返し台北松山行きで出発して行きました。なお、22日は私が見た限りではRWYオペレーションは北風パターン、34Landing/Take off, 23-Take offでした。

Img_0496 B-KPB Boeing777-367ER cn35299 ln 670

さらに、こちらはキャセイパシフィック航空2013年12月9日に公開された「Spirit of Hong Kong」の第3弾で110人のシルエットが描かれているそうです。CX548便で13:55に到着しました。

あと、ANAのStar Wars R2-D2 ANA JET (JA873A)の出発シーンやJAL、JTA, SKY Markの特別塗装機も飛来しました、それらは明日以降の記事で。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2015年2月 9日 (月)

San Diego Lindbergh空港でのSpotting 1 Hawaiian航空

San Diego Lindbergh空港でのスポッティングの話題、今回取り上げるのはHawaiian 航空です。

N581ha_boeing_76733aer_cn_28141_ln8
N581HA Boeing 767-33AER cn 28141 ln 853 2008/1/18 SAN

ハワイ州オアフ島ホノルル空港をハブとするハワイ最大の航空会社で、アメリカ国内でも8位に位置する航空会社です。西海岸のいくつかの都市、さらにニューヨークJFK空港まで運航しています。

1929年1月30日インターアイランド航空として設立しました。運航開始は10月6日で、Bellanca CH-300という単発水上機を用いての定期観光飛行が始まりでした。諸島間の飛行は双発のSikorsky S-38により、11月11日から開始されました。

1941年に社名を現在のハワイアン航空(Hawaiian Airlines)に改めています。この年の8月Douglas DC-3が導入され、1968年11月まで飛び続けました。1942年には貨物輸送も開始しました。その後、与圧設備の整ったConvair340が導入されたのは1952年のことで、1959年から60年にかけてConvair440が導入されました。

ジェット機の導入は1966年Douglas DC-9が初めてで、1984年DC-8によるチャーター便が南太平洋に飛ぶようになり、国際便の就航がサモア・トンガに就航しました。
1985年
ロッキードL-1011トライスターにより初めてアメリカ西海岸路線が開設されました。1994年にはトライスターに代わってDC-10が導入されました。

2003年3月21日、航空不況により倒産の危機が訪れ、連邦倒産法第11章適用申請がなされます。2006年12月には日本支社も閉鎖に追い込まれますが、2008年3月、国際線としてマニラ線が開設されます。

N582ha_boeing_76733aer_cn_28139_ln8
N582HA Boeing767-33AER cn28139 ln 857 2008/1/18 SAN

2010年11月19日、日本支社も再開設され、羽田便が就航となり、2012年6月4日にはニューヨークJFK便も就航します。2014年3月11日、子会社のオハナが運航を開始しました。

創業以来、現在に至るまで乗客の死亡事故は起こしていない航空会社であり、定時出発立においても全米一位の航空会社です。

N586ha_boeing_7673g5er_cn_24259_ln2
N586HA Boeing 767-3G5ER cn 24259 ln 268 2005/1/21 SAN

機材は

ATR42-500 3機 子会社のOhana航空名でEmpire Airlinesが運航
Airbus A330-200 19機 長距離用
Boeing 717-200 18機 諸島間用
Boeing 767-300および-300ER 10機 現在、A330への置き換えが進行中

A321neo 発注中 2017年から導入予定
A330-800neo 発注中 2017年から導入予定

N391ha_airbus_a330243_cn1399_150115
N391ha_airbus_a330243_cn1399_1501_2
N391HA A330-243 cn 1399 2015/1/15 SAN

SANではこれまでBoeing 767-300ERしか見ていませんでしたが、今年はA330-200を初めてみました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2014年7月31日 (木)

ニューヨーク州イサカへ その2 まずは成田空港デッキで2

シカゴまでのNH012便搭乗前の成田空港、第一ターミナル展望デッキでのスポッティング、今回はその後編です。

Ja18jj_airbus_a320232_cn_5796_14072 JA18JJ Airbus A320-232 cn 5796 2014/7/22 NRT

Ja08jj_airbus_a320232_cn_5492_14072 JA08JJ Airbus A320-232 cn 5492 2014/7/22 NRT

まずはJetstarA320が2機通過、カンタス航空がバージン・ブルーに対抗するために設立したLCCで、日本を拠点とするのがこのジェットスター・ジャパンです(2012年7月就航)。他に、シンガポールを拠点とする、ジェットスター・アジア、ベトナムを拠点とするジェットスター・パシフィックなどがあるそうですが、今回初めてこれらの機体にお目にかかりました。

B6847_airbus_a320214_cn_4895_140722 B-6847 Airbus A320-214 cn 4895 2014/7/22 NRT

続いて塗装が昔から(私が頻繁に撮影していた頃から)変わっていないAir ChinaのA320

B5329_boeing_73786n_cn_35222_ln_246 B-5329 Boeing 737-86N cn 35222 ln 2463 2014/7/22 NRT

さらにB737がタキシングでRWY16Rエンドへ。

Pkgpf_airbus_a330341_cn_153_140722_ PK-GPF Airbus A330-341 cn 153 2014/7/22 NRT

続いて降りてきたのはガルーダ・インドネシア航空のA330-300で塗装はメタリックのスカ-チーム塗装ですが、レジは昔から見覚えのありそうなレジです。月刊エアライン誌によればガルーダ・インドネシア航空がスカイチームに加盟したのはつい最近のことだそうですね、

Hl8257_airbus_a321231_cn_5173_14072 HL8257 Airbus A321-231 cn 5173 2014/7/22 NRT

次にアシアナのA321がタキシングして行き、

Pkgif_boeing_7773u3er_cn_29148_ln_1 PK-GIF Boeing 777-3U3ER cn 29148 ln 1203 2014/7/22 NRT

続いてガルーダの通常塗装のトリプルセブン、通常塗装といえども私にとっては初物の新塗装です。

Fgzne_boeing_777328er_cn_37432_ln_7 F-GZNE Boeing 777-328ER cn 37432 ln 790 2014/7/22 NRT

さらにもう一機メタリックのスカイチーム塗装のトリプルセブンが降りてきましたが、今度がエール・フランスでした。

ここで時間も迫って来たので、搭乗口からセキュリティ検査を通って、出国審査場へ。

Ja807a_boeing_787881_cn34508_ln41_1 JA807A Boeing 787-881 cn34508 ln41 2014/7/22 NRT

その前に、セキュリティを通ったところで南ウィングのスポットに駐機するANAのBoeing 787を撮影。実はBoeing 787をカメラに収めたのも初めてでした。

9vsww_boeing_777312er_cn_42237_ln_1 9V-SWW Boeing 777-312ER cn 42237 ln 1184 2014/7/22 NRT

最後にシンガポール航空のトリプルセブン-300を撮影して搭乗口へ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

2014年7月30日 (水)

ニューヨーク州イサカへ その2 まずは成田空港デッキで1

成田空港から搭乗するのも久しぶりのことでしたので、チェックイン後、ターミナル1の展望デッキに上がってみました。

やはり、しばらく航空機撮影をしていないとRWY16Rに降りてくる、あるいは離陸する機体も初めてのものが多く感じられました。

Fojse_airbus_a330202_cn_510_140722_ F-OJSE Airbus A330-202 cn 510 2014/7/22 NRT

デッキの正面に駐機していたのはAircalinA330-202でした。フランス領ニューカレドニアの国際線運航の航空会社で本社とハブ空港はヌメアにあります。1983年創設で現在のフリートはA330-202型が2機(F-OHSD, F-OJSE) とA320-232が1機(F-OJSB)です。F-OJSEは2002年12月13日にAircalinに納入された機体です。

Bhur_boeing_747444bcf_cn_24976_ln_8 B-HUR Boeing 747-444BCF cn 24976 ln 827 2014/7/22 NRT

続いて貨物エリアの方にゆっくりとタキシングしていったのはAir HongkongのB747-400貨物機でした。香港を拠点として貨物便チャーター輸送を行っている会社で設立は1986年です。香港の大手財閥スワイヤー・グループの傘下のキャセイパシフィック航空の子会社となっています。塗装からも分かるようにDHLとも業務提携をしています。現行のフリートはAirbus A300 9機 Boeing 747 3機で、このB-HURはZS-SAVとして南アフリカ航空1991年1月19日に納入され、2006年6月30日にCathay Pacificが貨物機として購入し、2011年9月8日にAir Hongkongに移っています。

N360up_boeing_76734afer_cn_37496_lnN360UP Boeing 767-34AFER cn 37496 ln 1057 2014/7/22 NRT

続いてRWY16Rに降りてきたのはUPSのB767で、アメリカの貨物運送会社で設立は1907年、1929年に空輸事業を始めますが、恐慌のために撤退し、1953年に再開しています。現時点では238機の航空機を運航しており、その内訳はAirbus A300 52, Boeing 747 13, Boeing 757 75, Boeing 767 60, McDonnell-Douglas MD-11 38 となっています。N360UPは昨年7月30日に納入されたまだ若い機体です。

Vna378_airbus_a330223_cn_1019_14072 VN-A378 Airbus A330-223 cn 1019 2014/7/22 NRT

続いてRWY16Rに降りてきた機体はベトナム航空のA330-223です。

Gvwkd_airbus_a340642_cn_706_140722_ G-VWKD Airbus A340-642 cn 706 2014/7/22 NRT

日本線は就航以来、A340がやってくるのが英国のVirgin Atlantic航空です。個人的には現行の旅客機のなかでスタイル的にもっとも好みなのがこのA340です。

今回はここまでに致しますが、Aircalin, Air Hongkongの黄色塗装、そしてVirginのA340-600は初めての撮影で、如何にブランクが長かったかを如実に感じた瞬間でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村