2018年2月13日 (火)

2017年10月の福岡旅行 7 新幹線博多総合車両所公開 その4

2017年10月15日の新幹線博多総合車両所の公開の話題、今回は昨日のWIN350 500-906のすぐそばに展示されていた22-1047の話題です。

Dsc00393 2017/10/15

これまで各地で保存展示されている0系新幹線も先頭車を見てきましたが、この車両、22-1047は編成表示からも分かるように最後は4両編成Q3編成の4号車(新大阪方先頭車)として活躍した車両です。

製造は28次車として1979年8月から1980年3月までの間に89両、22形先頭車として1040から1047までの8両が製造されました。用途は3~5次車の置き換え用で車掌室付25形1200番台と売店車25形1400番台が新登場し、将来の2+2化対応のため床構造を変更しました。

・緊急ブレーキ又入スイッチをバネ復帰形に変更
・将来の2+2化対応のため床構造を変更  といった特徴がありました(参考元)。

Dsc00396
Q編成は小倉~博多間の輸送力適正化のため、ひかり用NH23編成の先頭車等を利用した4両編成が1997年3月から登場、初めはR51編成でしたが、1997年11月29日のダイヤ改正からQ編成となりました。

ちなみに四国鉄道文化館(西条市)にはQ2編成の先頭車21-141が保存されています。

2001年10月1日のダイヤ改正で営業運転から退いた後、Q3編成は新下関駅近くの新幹線乗務員訓練センターで教材として使用されました。但し、3号車はビュッフェ車の37-1505に置き換えられました。私も写真は撮っていませんが新下関駅でこの教習用編成を見たのは憶えています。

Dsc00395
今回は通常の0系の姿で公開されていましたが、2014年の同所の公開ではドラマ撮影用に1000形試作車B編成を模した姿で公開されたそうです(関連記事)。

B編成と言えば私も小学校2,3年の頃、あこがれの「夢の超特急」の姿であり、1964年10月の開通後、0系量産車の姿(当時は0系とは言いませんでしたが)を見て、前照灯の形や厳めしいスカートの排障器のスタイルなどに違和感を感じたものでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年12月30日 (金)

東海道新幹線開業から50年 その38 保存されている新幹線車両 6 京都鉄道博物館 0系トップナンバー編成

1964年10月1日の東海道新幹線開業から52年3ヶ月が経過し、北海道から鹿児島まで新幹線が繋がっている時代となりました。2014年10月の開業50周年から、東海道・山陽新幹線で活躍した車両、保存されている車両を見てきましたが、今回からは今年9月に訪問した京都鉄道博物館の新幹線関連の展示に触れようと思います。

0_211_160902
0_211_160902_2 2016/9/2 京都鉄道博物館

0系4両は京都鉄道博物館、入口を入ってすぐのプロムナードの部分に展示されています。

京都鉄道博物館の新幹線関係の実車展示は

           車両番号
0系 21形       1
   16形       1
   35形       1
   22形       1

100系 122形   5003

500系 521形     1           です。

21-1, 22-1, 16-1の3両は1964年3月に落成した1次車の先行製造車、鴨宮モデル線C編成6両(←新大阪 21-1+26-1+35-2+16-1+25-2+22-1 東京→) のメンバーで、35-1は営業運転編成が12両となったため、1964年8月に落成した2次車です。

0_161_160902_2
0_161_160902 0_161_160902_3
0_351_160902_3
0_351_160902_2

0_221_160902_2 22-1

朝日新聞社刊世界の鉄道’79の記事でご紹介したように、1978年3月にはこれらの車両はすべて引退し、1978年4月13日、保存のため大阪市港区交通科学博物館に陸送されました。現役時代の総走行距離は約600万kmでした。

2007年8月には機械遺産(11番)として認定され、2008年10月にはJR西日本より、鉄道記念物に指定され、2009年10月には重要科学技術史資料(第00045号)(未来技術遺産)に指定されました。2014年4月に交通科学博物館が閉館となり、京都鉄道博物館に保存されることになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月16日 (金)

東海道新幹線開業から50年 その35 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part8 922系電気・軌道総合試験車

2016年の夏も終わり、秋らしくなってくると新幹線開業から50年とはという気分ですが、先日、訪問した京都鉄道博物館にも新幹線関連の展示がありますので、しばらくこのシリーズを続けます。

今回はリニア鉄道館に保存されていた922系電気・軌道総合試験車(ドクターイエロー)T3編成です。

92226_140812_3

92226_140812_2 2014/8/12 リニア・鉄道館 車体番号は922-26

新幹線の事業用車の歴史

東海道・山陽新幹線の場合、電気・軌道試験車は921形から始まりました。
編成ではなく、在来線の試験車のように単独のタイプで、開業前は試験編成1000形に、開業後は911形ディーゼル機関車に牽引され、登場時は4000形4001と呼ばれた921-1921-2の2両が存在しました。車体は丸みを帯びた箱型で前面は非貫通3枚窓で、測定機器の電源用にディーゼル発電機を搭載していました。921-1は1978年5月より、東北新幹線先行試験区間の小山試験線に投入され、各種試験・測定に使用され、1980年に廃車・解体されました。921-2は旧形客車マロネフ2911から改造され、測定項目は921-1より少なく、車長も若干短いものでした。1975年末に廃車となり、1976年、浜松工場の車体解体設備で解体されました。軌道検測車、921-11は後述の922形10番台(T2編成)に、921-21は922形20番台(T3編成)に組み込まれました。

92226_140812

941形は鴨宮モデル線区で運用されていた1000形A編成2両編成を1962年8月に電気試験車、さらに1964年に救援者に改造したものです。1号車は資材室に、2号車は救援要員用座席40席と工具棚がセットされていました(関連ブログ記事)。

922形0番台1000形B編成4両編成を電気・信号系の測定車に改造したもので、後にT1編成と呼ばれました。1975年に廃車解体されました(関連ブログ記事)。

92226_140812_4 7号車922-26は元来休憩室でした。

922形10番台1974年に0番台の老朽化と博多開業が迫る中、新製されました。T2編成と呼ばれ、922形11-16の6両に921-11を組み込んだ7両編成で測定を行いました。0系16次車との同時発注のため、側窓が大窓となっています。

922系20番台はT2編成の増備として1979年に新製されました。T3編成と呼ばれました。T2編成が検査、入場中に運行ダイヤに影響を及ぼすことなく測定・検測を行うため製造されました。0系27次車と同時発注のため、側窓は小窓となっています。2005年9月30日にT5編成に置き換えられ、廃車となりました。

92226_140812_5

    1号車:通信・信号・電気測定車
    2号車:データ処理・架線摩耗測定車
    3号車:電源車(観測ドームあり)
    4号車:倉庫
    5号車:軌道検測車(921形、3台車で短車体)
    6号車:救援車(観測ドームあり)
    7号車:休憩室

92226_140812_6

展示の922-26は廃車後も博多総合車両所に保管されており、リニア・鉄道館に保管されることになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年8月11日 (木)

東海道新幹線開業から50年 その35 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part7 食堂車36形

リニア・鉄道館に保存されている新幹線車両、営業用車両としては、今回も中間車、食堂車36形(-84)を紹介します。

3684_140812 2014/8/12

以前の記事でも触れましたが、0系製造過程で食堂車が登場するのは1975年3月10日の博多開業に向けた17次車の製造時でした。27形と36形というユニットで登場し、H編成の7号車に27形、8号車に36形が組み込まれました。

食堂車ということから36形は屋根、床下に水タンクを搭載しているため、本来M'車に搭載するCPや主平滑リアクトルはこのユニットに限って、M車の27形に搭載されています。

その後の製造を追ってみると

0番台大窓車で96ユニット

17次  -1~-64       1974/4~8
18次    -65~-74      1974/8~12
19次    -75~-86      1975/1~3
20次  -87~-92     1975/6~7
21次  -93~-96     1976/6~7

1000番台小窓車3ユニット製造されています。

22次  -1001~-1003  1976/9~1977/3

17次車からはMGの容量が35kVAにアップされ、20次車からは食堂入口表示及び案内が取付けられ、21次車では料理室機器使用表示灯新設などの変化がありました。

3684_140812_5
山側に通路を設置し、室内は山側2列、海側1列、左右7テーブルが設置されました。下り方は仕切りで区切られました。上り方海側には厨房があり、冷蔵庫や大型電子レンジ、食器洗浄器などが設置されました。さらにその付近に機器搬入のための扉があります。

3684_140812_2

上り方連結面にある窓付きの扉は客用ではなく業務用でした。食堂定員は42名でした。当初は通路との仕切り壁に窓がありませんでしたが、風景が見られるよう、1979年 から窓が取り付けられました。

3684_140812_4 テーブル上にセットされた食事もなかなかリアルです。

1986年には3両が26形1900番台に改造されました。 JR西日本「ひかり」アコモ改善に伴い、36-1と56が食堂内を「グランドひかり」並に改造されました。しかし、0系「ひかり」減少の中、改造は2両に留ま り、この2両も改装後の活躍は短いものでした。1995年1月16日に食堂の営業は終了し、その後も編成中に連結され続けました、1999年に最後の1両が廃車と なりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年7月19日 (火)

東海道新幹線開業から50年 その34 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part6 ビュッフェ車37形

リニア・鉄道館に保存されている新幹線車両、営業用車両としては、今回も中間車ですが、ビュッフェ車37形2523号車が保存されています。

372523_140812 2014/8/12 リニア・鉄道館

新幹線0系のビュッフェ車・二等客室の合造車は当初、35形でした。1972年度製の第13次車まで、150両製造されました。

出入り台は東京寄り1カ所のみで、山側に窓、テーブルと椅子、通路があり、富士山の眺望が楽しめる配置でした。調理室は海側でした。

ビュッフェと言えば「こだま」形151系モハシ150形急行形サハシ153形など、椅子の無い立食スタイルでしたが、0系では窓側のテーブルにFRP製の椅子が13脚設置され、手洗い器、エアタオル、速度計と列車位置情報装置も壁に装備されていました。

151系や153系のビュッフェ車同様、編成中に2両組み込まれ、向きは同じ向きでしたが、東京寄り(12両編成で)9号車は壁がサーモンピンク、テーブル上面が黒、椅子が黄色と朱色であったのに対して、新大阪より5号車は壁がグレーチェック、テーブル正面がバーミリオン、椅子がクリームと青と意匠が変えてありました。

372523_140812_2 説明板

0系が小窓車にモデルチェンジした1976年度製の第22次車からは新形式の37形が製造されるようになりました。番号も普通車にあわせて、1000番台から始まり、第27次車から1500番台、30次車から2500番台となり、36次車まで合計139両が製造されました。

0_371000 37形1000番台 枇杷島

普通席の区画のサイズが大きくなり、ビュフェ部分は縮小され、椅子も無くなりました。レイアウトも変更されましたが、壁の速度計は存置されました。

37形、1500、2500番台では電話室も廃止され、ビュフェ内に電話が設置されました。

ビュッフェのサイズは1500番台(29両)では幾分拡大され、側窓の数は5個から6個に増加しました。客室は定員が43名から38名に減少しました。しかし、シートピッチ拡大の2500番台(42両)では再び窓は5個に戻りました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年6月26日 (日)

東海道新幹線開業から50年 その33 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part5 グリーン車16形

リニア・鉄道館に保存されている新幹線車両、営業用車両としては、中間車ですが、グリーン車16形2034号が保存されています。

162034_140812 2014/8/12

16形M'sでパンタグラフ、主変圧器、整流装置、CPを搭載し、おなじグリーン車形式の15形とは異なり、客用乗降扉が両端2カ所に設置されていました。
基本0番台車が143両、1000番台車が41両、2000番台車が35両製造されており、2034番はラスト-1番でした。

162034_140812_3 貫通路からずらっと並ぶシートを眺めると不思議と旅情がかき立てられます。

2000番台は6-12次車の置き換え用に1981年から1986年まで製造され30-38次車として投入されました。当時量産中だった200系に準拠し、内装等を大きく変更したため新番台となったものでした。
グリーン車においてはシートピッチの変更はありませんでしたが、客用窓周りがFRPユニット化され、客用窓が850mmから900mmに拡大されました。

162034_140812_2 2034号は1986年、日本車輌製造で落成しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年4月26日 (火)

東海道新幹線開業から50年 その30 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part2 100系

このシリーズは2014年10月の東海道新幹線開業50周年を記念に始めましたが、すでに1年半が過ぎてしまいました。前回に続き、保存車輌編、名古屋のリニア・鉄道館に保存されている100系です。

1231_140812_5 2014/8/12 リニア・鉄道館

1231_140812
この保存車両は123形の1号車で、100系量産第一陣として1986年6月に日立製作所で竣工しました。初代G1編成の大阪方先頭車としてまずは「こだま」で活躍を開始し、同年10月に2階建て車両を含む4両が竣工するとX2編成の先頭車として東京~博多間の「ひかり」運用を担当するようになりました(関連記事)。

1231_140812_2
しかし、時代の流れは100系の後継者300系を誕生させ、1997年末ごろから東海度「こだま」の役割を担うようになり、2000年にはX編成は全廃となり、123-1は浜松工場で保存されるようになりました。

1231_140812_6 0系と並ぶと100系先頭車の尖がりぶりが一層目立ちますね。

1689001_140812 123-1の後ろには二階建て食堂車 168-9001も保存されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年4月 9日 (土)

東海道新幹線開業から50年 その29 保存されている新幹線車両 4 リニア鉄道館 part1 0系

全国に保存されている新幹線車両、今回からは名古屋のリニア・鉄道館です。

新幹線車両といえばリニア・鉄道館というだけあって、ここにはいろいろなタイプの車両が保存・展示されています。

0系の試作1000形の模型
0系 16-2034 21-86 36-84 37-2523 
100系 123-1 168-9001
300系 322-9001
700系 723-9001
955形 300X 955-6

2186_140812_3

2186_140812_5
21-86 2014/8/12 リニア・鉄道館

21形86号は12次車として、1971年11月から1972年2月にかけて増備された64両(21形では86,87の2両)です。この増備でこだまもビュッフェ車が1両に、またこだま変則編成がひかり編成になりました(関連記事)。

また12次車としての改良点は

長大トンネル対策準備(換気装置の耐気密形換気送風機準備工事、難燃化対策)MF化
グリーン車棚に整風板取付(風が直接当たらないようにするため)
グリーン車客室前後の仕切壁にマガジンラック設置
ATC装置記録器を多情報高速印字形に変更
カーテンの難燃化 などです(情報はこちらから)。

2186_140812_4最後はK17に組み込まれていたようですが、

手元にある1979年のJRR編成表ではK46編成に組み込まれており

 1   2    3    4     5    6     7    8    9   10   11  12  13   14   15  16
Mc M'  M    M'   Mk  M'   M    M'  M   M'   M   M's  Mb  M'   M  M'c  幹オサ

86 171 171 371 427 372 246 781 546 782 746  81  63  172  172 86

といった編成でした。

廃車は1991年でした。

リニア鉄道館への搬入の様子や公開前のようすがこちらのサイトに記録されています。

2186_140812_6

0系、100系、300系とこれまでの東海道のスターが並ぶ姿は壮観です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年3月22日 (火)

東海道新幹線開業から50年 その28 保存されている新幹線車両 3 鉄道博物館

全国に保存されている新幹線車両、今回は大宮の鉄道博物館に保存されている21-25です。

0_2125_140524 2014/5/24 鉄道博物館 

ヒストリーゾーン1階にカットモデルとして展示してあります。運転室も3分間の入替制ですが、見学できるようです。

-25は第一次車30両の内の一両として、1964年4月28日、日立製作所で落成しました。長らくH25編成の先頭でr活躍し、1978年3月に廃車になりました。

浜松工場で車体を切断し、トラックで当時、万世橋にあった交通博物館に運ばれ、展示されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年3月 3日 (木)

東海道新幹線開業から50年 その27 保存されている新幹線車両 2 青梅鉄道博物館

このシリーズ、2014年10月の東海道新幹線開業50年から、新幹線の車両を見てきました。最近は保存されている新幹線車両を見ていますが、今回は青梅鉄道公園に保存されている0系22形-75です。

2275_150815 2015/8/15 青梅鉄道公園

22-75は0系10次車として1969年7月から1970年2月大阪万国博覧会を前にした時期に「ひかり」の16両編成化を進めるために増備された車両です。先頭の21,22形は-73~-77が同じ時期に製造されています。-75は汽車会社の製造です。

ちなみに21-73は大阪府摂津市、新幹線公園に保存されており、反対側の22-73は沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)に保存されていましたが1998年12月末に解体されたそうです。22-77は福岡県福岡市早良区 さつき幼稚園に保存されているそうです。

10次車では後部標識灯の赤色フィルターが回転式に、乗務員室シートの改良、売店車(25形-400番台の新製、中間普通車の洋式便所設置、上屋根板の板厚を増し、点検用の歩み板を新設などの変化がありました。1等車がグリーン車、2等車が普通車と変更されたのもこの頃でした。

2275_150815_2 引退後、1985年3月、浜松工場からこちら、青梅鉄道公園に運ばれた様です。
わたしも小さい頃は親に連れられて、小学校の遠足などで数回、青梅鉄道公園を訪問していますが、昨年夏、久しぶりに訪問し、この車体を見ました。

2275_150815_4 このシンプルな流線型が我々にとっては新幹線として頭に描くイメージです。

2275_150815_3 車内もあの頃のままの状態で保存されており、東京駅で乗り込んだときのワクワク感が思い出されます。

2275_150815_3_2 海側座席の転換クロスシート B席の窮屈感が思い出されます。

2275_150815_2_2 山側座席 自由席で富士山を見たいときはこちらに座ったものでした。

2275_150815_7 運転席も開放されています。

2275_150815_12 連結面や連結器が見られるのも保存車ならではです。

2275_150815_9 22形 東京寄り先頭車ですから、号車札は16かと思いますが・・・
あのころの0系の雰囲気が良く残されています。

2275_150815_6 TADA氏のサイトの情報によれば、JR発足後、東北・上越新幹線の200系塗色になったこともあったそうですが、やはりオリジナル塗色が似合います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村