2018年5月 2日 (水)

京王2代目5000系を撮影

昨日の8000系高尾山ラッピングに続いて4月21日土曜日の京王線沿線巡りでの収穫から、今回は2017年から登場した2代目5000系の話題です。

Img_8725
Img_8726 2018/4/21 多磨霊園
初めて出会った5000系は第5編成でした。

先日の西武40000系の記事でも触れましたが、通勤の質の向上というか人口減の時代に対応して着席通勤に対応する車両として関東では東武東上線50090系、西武40000系に続き、座席指定列車ではクロスシート、それ以外ではロングシートとなる車両です。2017年9月29日から一般列車で使用開始され、2018年2月22日のダイヤ改正から京王ライナーでの運転が開始されました。

上記以外の特徴としては省エネルギー性の向上のため、編成中間の電動車に回生ブレーキ使用時に発生する電力を吸収する蓄電池が搭載されており、力行時に放電すること、停電時の非常用電源としても使用可能なこと、さらに蓄電池の電力で自走も可能なことです。

都営地下鉄新宿線にも乗り入れ可能なD-ATCを搭載しています。

2017年6月に第一編成が竣工してから、総合車両製作所で2018年1月までに5編成が製造されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年5月 1日 (火)

京王8000系8713編成 高尾山ラッピング車両を撮影

JR九州の813系の話題は一旦、置いておいて、4月21日土曜日、西武多摩川線で赤電とイエロー・ベージュの競演を撮影した後、白糸台から武蔵野台まで歩き、京王線の車両の撮影も楽しみました。

Img_8749
Img_8750
Img_8751 2018/4/21 明大前
新宿発3115レ 準特急高尾山口行に投入された8713F

まずは2015年9月30日から走り出した8000系8713編成に施された高尾山ラッピングです。

8713_100103 2010/1/3 分倍河原
6+4連 標準塗装時代の8713F

この車両は1992年から1999年にかけて244両、その後の事故廃車代替で2009年に1両製造された京王線初のVVVFインバータ制御方式の通勤用車両である8000系10連(元々は6+4連でしたが2011年8月25日から14編成すべての中間のクハ8700とクハ8750が形式変更されてサハ8500とサハ8750になりました)の1編成、8713Fに1957年から1983年まで運行していた2000系、当時はグリーン車と揶揄されていました、の塗装を模したラッピングを施し、高尾山の自然をイメージし、側面には高尾山の春、夏、秋、冬、若草の5パターンにイラストを配し、四季折々の高尾山を表現したそうです。
春 1/10号車 夏 2/9号車 秋 3/8号車 冬 4/7号車 若草 5/6号車

Img_8794
Img_8795
Img_8804
Img_88082018/4/21 分倍河原
折り返しは3134レ 準特急新宿行でした。ちょっと見にくいですが側面に車両毎に四季の高尾山の姿が描かれているのが分かります。

ラッピング車が運行された当初はTAKAOプロモーションのコミュニケーションロゴを使用したHMが装着、さらに中吊リ広告も高尾山関係のポスターだったどうです(関連記事)。

Dsc04930 2015/8/22 京王レールランド

ちなみに往時の2000系は京王レールランドに保存されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月14日 (木)

京王井の頭線 二代目1000系の時代6 六次車-2 1730F~1734F

京王井の頭線の二代目1000系、最後は六次車の残り、1730Fから1734Fです。

1730_170507 2017/5/7 高井戸 1730F 2009/10/2 竣工

1780_171113 2017/11/13 高井戸

1000系一次・二次車に関しては登場から20年以上の歳月が過ぎ、2018年度までにリニューアルが進行中です。

1731_171113 2017/11/13 高井戸 1731F 2009/10/22 竣工

1781_171113 2017/11/13 高井戸

その内容は

〇VVVFインバータ制御装置の換装
〇主電動機を全閉内扇形の三相誘導電動機に換装
〇細井忠邦さまのコメントにもありましたが、編成中間の3号車を付随車から電動車に改造(サハ1500形→デハ1050形)
〇2号車デハ1000形と3号車デハ1050形のユニット化

1732_170507_21 2017/5/7 高井戸 1732F 2009/11/12 竣工

1782_171113 2017/11/13 高井戸

〇車外および車内放送用スピーカーの交換
〇自動放送装置の設置
〇ロングシートの袖仕切の大型化
〇スタンションポールの取り付け

1733_171113 2017/11/13 吉祥寺 1733F 2010/1/21 竣工

1783_170213 2017/2/13 高井戸

〇カーテン、床敷物、化粧板の交換
〇車内照明をLED照明に交換
〇各車両の車端部にフリースペースを増設

1734_170507 2017/5/7 高井戸 1734F 2010/2/12 竣工

1784_170213 2017/2/13 高井戸

〇液晶式2画面の車内案内表示器を設置
〇乗降扉をJR東日本のE233系に似た複層ガラスのものに交換

といったものです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月13日 (水)

京王井の頭線 二代目1000系の時代5 六次車-11726F~1729F

京王井の頭線、二代目1000系六次車に分類されるのは2009年4月から2010年2月までに製造された1726Fから1734Fまでですが、今回は写真の枚数の関係から2009年度上半期に製造された1729Fまでを紹介します。

1726_170507_21 2017/5/7 高井戸 1726F 2009/4/27 竣工

1776_091010 2009/10/10 下北沢

1727_170507_21 2017/5/7 高井戸 1727F 2009/5/28 竣工

1777_170217 2017/2/17 新代田

1728_170217 2017/2/17 新代田 1728F 2009/6/29 竣工

1778_170217 2017/2/17 新代田

次の1729Fもレインボーカラーの規則に則って、当初はブルーグリーンでデビューしたようですが、2012年10月3日からはイメージカラーのレインボーカラーと沿線の名所や魅力、渋谷の忠犬ハチ公、井の頭公園、神田川、あじさい、さくらをあしらったステッカーを添付した特別ラッピング車両として運行されるようになりました。

1729_170217_21 2017/2/17 新代田 1729F 2009/8/27 竣工

1779_170217 2017/2/17 新代田 渋谷より先頭車は忠犬ハチ公のステッカーです。

1729_170218
1729_170218_2
1729_170218_3
1729_170218_4
1779_1702182017/2/18 高井戸
側帯色は写真のように5両編成に渡って徐々に変化してゆきます。

期間は1年間の予定でしたが、好評につき現在も継続中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月12日 (火)

京王井の頭線 二代目1000系の時代4 五次車1721F~1725F

再び。京王井の頭線で活躍中の二代目1000系の話題に戻ります。
2004年に1715Fが竣工後、まる4年の歳月が過ぎ、2008年、モデルチェンジした新車が登場しました。製造はすべて東急車輛製造です。

1721_171113 2017/11/13 高井戸 1721F 2008/10/10竣工

1771_170213 2017/2/13 高井戸

番号は21に飛び、まず先頭の形状が種別・行先表示装置と運行番号表示装置が一体化され、大きくなって上部に埋め込まれました。また前面扉の枠が黒く塗装されました。

1722_170217 2017/2/17 新代田 1722F 2008/11/25竣工

1772_171113 2017/11/13 高井戸

側面は9000系30番台と同様、ビートレス外板が採用されました。レインボーカラーのうち、従来のベージュは明度が低いため、オレンジベージュとパーシモンベージュの組み合わせに変更されました。レインボーカラーの規則は番号が飛んでも維持されています。

1723_171113 2017/11/13 高井戸 1723F 2009/1/22 竣工

1773_171113 2017/11/13 高井戸

内装も9000系30番台に準じ、7人掛け座席を3人4人に区分する握り棒は湾曲した構造となり、側窓はUVカットガラスとなりました。カーテンは廃止されました。

1724_170218 2017/2/18 高井戸 1724F 2009/2/12 竣工

1774_171113_21 2017/11/13 高井戸 

正面と側面の表示装置はフルカラーLEDとなり、車内表示装置として17インチワイドタイプの液晶ディスプレイが扉上部に設けられました。

1725_170217_21 2017/2/17 新代田 1725F 2009/3/16 竣工

1775_170217_21 2017/2/17 新代田

主制御器9000系と同様の2レベルPWM制御IGBTが採用され、主電動機出力は160kWになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月10日 (日)

京王井の頭線 二代目1000系の時代3 三・四次車1711F~1715F

井の頭線で活躍中の二代目1000系、三次車に分類されるのは2002年度製造、2003年1月24日に竣工した1711Fであり、

1711_170218 2017/2/18 高井戸 1711F

1761_171113 2017/11/13 高井戸

四次車は2003年度から2004年度に製造された1712Fから1715Fということになるのでしょうか。
1712F 2004/1/22
1713F 2004/2/26
1714F 2004/4/15
1715F 2004/5/20

これら5編成はいずれも東急車輌製造製です。
MT比は3M2Tに変更され、パンタグラフもシングルアーム式になりました。

9701_100103 2010/1/3 分倍河原 9000系第一編成
9000系は6000系の置き換えを目的に2000年に登場したVVVF制御車で5次車までは8連で登場しました。
1712_170217_21 2017/2/17 新代田

1762_170213 2017/2/13 高井戸

1713_170218 2017/2/18 高井戸 1713F

1763_171113 2017/11/13 高井戸

1714_171113_21 2017/11/13 高井戸 1714F

1764_171113 2017/11/13 高井戸

1715_170213 2017/2/13 永福町 1715F

1765_170213 2017/2/13 永福町

二代目1000系三・四次車では京王9000系の技術を取り入れ高性能化とコストダウンが図られました。制御方式はIGBTを用いたベクトル制御のVVVFインバータが導入され、1C4Mx1の一群制御と1C4Mx2の二群制御方式の両方が用いられ、サハ1500形に代わってデハ1050形が登場し、これまでデハ1000形に投入されていた補助電源装置はデハ1050形に移されました。
ブレーキは京王初の滑走制御装置が導入されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月 9日 (土)

京王井の頭線 二代目1000系の時代2 二次車1706F~1710F

今回の記事から再び、平常運転に戻ります。

1706_170507_21 2017/5/7 高井戸 1706F 1997/12/3 日本車輌製造製

1756_170213 2017/2/13 高井戸
製造当初はベージュ色で登場したそうですが、明度不足とのことで1721F登場時からオレンジベージュに変更となり、1706Fも現在はオレンジベージュになっています。

京王井の頭線、二代目1000系の一・二次車グループは基本的に京王線8000系に準じた仕様で製造されました。

8701_100103 2010/1/3 高幡不動 8000系の第一編成 

1992年3月3日の竣工で日本車輌製造製です。
クハ8700-デハ8000-デハ8050-デハ8100-デハ8150-クハ8750-クハ8800-デハ8200-デハ8250-クハ8850 といった番号構成の10連でクハはのちにサハ化され8500と8550に改番されました。

1707_171113 2017/11/13 高井戸 1707F 1997/12/12 東急車輌製造製
二代目1000系の場合、HMやワッペン等が装着されると番号が隠れてしまうのが難点かと思います。

1757_170213 2017/2/13 明大前

具体的にはバケットシートやフットラインの採用、運転台のモニタ表示装置とLED式表示板の設置も8000系譲りといえます。

1708_170217 2017/2/17 新代田 1708F 1998/2/2 日本車輌製造製

1758_170213 2017/2/13 高井戸

つり革は1000系の中ではこの一次・二次車が唯一丸型となっていますが、増設分は三角型になりました。さらにドアチャイムが設置されました。

1709_171113 2017/11/13 高井戸 1709F 1998/2/19 東急車輌製造製

1759_170217 2017/2/17 新代田

1710_170507 2017/5/7 高井戸 1710F 1998/3/7 東急車輌製造製

1710_171113 2017/11/13 高井戸

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月 4日 (月)

京王井の頭線 二代目1000系の時代1 一次車1701F~1705F

井の頭線で活躍した3000系、引退後の活躍はアルピコ交通、北陸鉄道などでも見られますが、まだ撮影していないので、訪問する機会があれば続編を記事にします。

続いては、現在、井の頭線で活躍中の二代目1000系の話題です。

1701_091010 2009/10/10 下北沢 1701F

1751_171113_21 2017/11/13 高井戸

二代目1000系は3000系以来、33年ぶりの新車として1995年に製造が開始され、1996年1月9日から、営業運転が開始されました。井の頭線としては初の20m級4扉車体でVVVFインバータ制御車両となりました。「京王帝都電鉄」最後の新規形式であり、「京王電鉄」と社名変更後も増備が続けられました。現時点までに3000系とおなじ29編成が登場しており、製造は東急車輌製造と日本車輌製造です。

1702_170217_21 2017/2/17 新代田 1702F

1752_170213 2017/2/13 高井戸

主要諸元

編成     5両 (2M3T→3M2T) 1701Fから1710Fまでは2M3T,1711F以降は3M2T
最高運転速度     90 km/h
設計最高速度     110 km/h
起動加速度     2.6(1710Fまで) km/h/s
3.3(1711F以降) km/h/s
減速度(常用)     3.7km/h/s
減速度(非常)     4.0km/h/s
編成定員     748
車両定員     143(先頭車)・154(中間車)
全長     20,000mm
全幅     2,864mm
全高     4,100mm
主電動機     かご形三相誘導電動機
主電動機出力     180 kW(4次車まで)
160 kW(5次車)
駆動方式     WNドライブ
歯車比     99:14=7.07:1
制御装置     VVVFインバータ制御
制動装置     回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置     京王形ATS

1703_171113 2017/11/13 高井戸 1703F

1753_171113_2 2017/11/13 高井戸

←渋谷方 1701F~1710F
               <            <             <
クハ1750ーデハ1100-サハ1500-デハ1000-クハ1700
 Tc1          M             T             M'          Tc2
  CP        VVVF SIV               VVVF SIV    CP

VVVFインバータ制御装置の制御素子は1710Fまでの奇数編成は東洋電気製造製GTOサイリスタ、偶数編成は日立製作所製IGBTです。

←渋谷方 1711F~1715F、1721F~1734F
               <            <             <
クハ1750ーデハ1100-デハ1050-デハ1000-クハ1700
 Tc1             M           M1            M2        Tc2
  CP        VVVF SIV               VVVF SIV    CP

1704_170213_21 2017/2/13 永福町 1704F

1754_170218 2017/2/18 高井戸

1711F~1715Fは東洋電気製造製IGBTでデハ1000形にはユニットを組むデハ1050形も制御するATR-H8180-RG682A-Mを、単独M車のデハ1100形はATR-H4180-RG683A-Mを搭載しています。1721F以降は日立製作所製IGBTでデハ1000形にVFI-HR2820Kを、デハ1100形にVFI-HR1420Tを搭載しています。

1705_170507_21 2017/5/7 高井戸 1705F

1755_170507 2017/5/7 高井戸

パンタグラフが3基搭載で、1710Fまではサハにも搭載されており、1710Fのデハ1010でシングルアームパンタが試験搭載された後、1711Fから新造時からシングルアーム式が搭載されました。

一次車は1995年度製造で、
1701F  1995/11/17  東急
1702F  1995/11/21 東急
1703F  1996/1/19  東急
1704F  1996/2/1     東急
1705F  1996/2/15   日車

本日から取り敢えず2泊3日で不在となりますので、その間updateは行えません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月 3日 (日)

京王井の頭線 その路線と3000系の時代 その6 伊予鉄道3000系

伊予鉄道株式会社は松山市に本社を置く、中予地方で鉄道、軌道、路線バス、貸切バス事業を展開する会社で、伊予鉄道会社として1887年に創立、民営鉄道としては日本で2番目の歴史を持つ老舗企業です。因みに最も古い民営鉄道会社は1885年設立の阪堺鉄道~南海電気鉄道です。

最初は松山の外港三津と松山を結ぶため、軌間762mmの軽便鉄道で1888年に開業しました。四国初の鉄道となりました。1892年には三津~高浜間延伸開業し、高浜線が全通しました。1893年には外側(現在の松山市)~平井河原が開業しました。その後、道後鉄道により、道後線、南予鉄道により、郡中線が開業、1900年にはこれらの会社を合併し、現在の路線体系が出来上がって行きました。

伊予鉄道路線データ
<高浜線>
路線距離(営業キロ):9.4km
軌間:1067mm
駅数:10駅(起終点駅含む)
複線区間:梅津寺 - 松山市間
単線区間:高浜 - 梅津寺間
電化区間:全線(直流600V)
松山市駅高浜方にあるき電区分所(直直セクション)から松山市駅構内の間は750V。
閉塞方式:自動閉塞式
最高速度:60km/h
車両基地:古町車両工場(最寄駅・古町駅)
最大連結車両数:4両
連結車両数(日中):2 - 3両
<郡中線>
路線距離(営業キロ):11.3km
軌間:1067mm
駅数:12駅(起終点駅含む)
複線区間:なし(全線単線)
電化区間:全線(直流750V)
閉塞方式:自動閉塞式
最高速度:65km/h
車両基地:古町車両工場(最寄駅・高浜線古町駅)
最大連結車両数:3両
<横河原線>
路線距離(営業キロ):13.2km
軌間:1067mm
駅数:15駅(起終点駅含む)
複線区間:なし(全線単線)
電化区間:全線(直流750V)
閉塞方式:自動閉塞式
最高速度:65km/h
車両基地:古町車両工場(最寄駅・高浜線古町駅)
最大連結車両数:4両

700_021222 2002/12/22 大手町 伊予鉄道700系

伊予鉄道がこれまでに多くの京王車両を譲受されています。古くはデハ1400形、デハ1800形、クハ1200形が1974年モハ130系として、1984年から1985年にかけて2010系が800系として、1987年から1994年にかけて初代5000系が700系として導入されてきました。そして2009年8月24日から3000系が800系や700系の一部を置き換えるために3000系として導入開始されました。改造は岳南電車と同じく京王重機整備にて主に下回りの改造が行われ導入されました。

Dsc03167 2014/12/20 大手町 3301F

種車は軽量車体で製造され、リニューアル工事を受けた第20-29編成のクハ3700形(Tc1)-デハ3000形(M1)-クハ3750形(Tc2)の3両ずつが、2009年度、2010年度に12両ずつ、2011年度に6両が導入され、上記の郊外線3線の車両のうち、6割が更新されました。

前面の普通鋼製のカラーマスクは全てアイボリーになりました。制御方式は界磁チョッパ制御からIGBT素子によるVVVFインバータ制御になり、軌道線ではモハ2100形がありますが、鉄道線では初となりました。

クハ3770-デハ3020-クハ3720 →クハ3301-モハ3101-クハ3501

        |                   |

クハ3779-デハ3029-クハ3729  クハ3310-モハ3110-クハ3510

3000141220 2014/12/20 大手町 3301Fと3303F

電気方式は直流600/750Vになっています。パンタグラフはクハ3300形に、車椅子スペースはクハ3500形に設置されています。

最高運転速度     65 km/h
設計最高速度     70km/h
起動加速度     2.4km/h/s
減速度(常用)     3.5km/h/s
減速度(非常)     4.0km/h/s
編成定員     395
車両定員     128(クハ3300)、138(モハ3100)、129(クハ3500)
車両重量     27.9t(クハ3300)、32.1t(モハ3100)、26.1t(クハ3500)
編成重量     86.1t
全長     18,500 mm
全幅     2,844 mm
全高     4,100 mm
台車     東急車輛製造製TS801B(モハ用)、TS821 (A?) (クハ用)
主電動機     かご形三相誘導電動機
東洋電機製造製TDK6333-A
主電動機出力     120kW
駆動方式     中空軸平行カルダン
歯車比     85/14=6.07
編成出力     120kW×4=480kW
制御装置     VVVFインバータ制御
東洋電機製造製RG6010-A-M
(IGBT素子)
制動装置     回生/発電ブレンディング併用HSC電磁直通ブレーキ
保安装置     ATS

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年12月 2日 (土)

京王井の頭線 その路線と3000系の時代 その5 岳南電車で活躍中の元京王3000系2 岳南8000形

昨日に続き、岳南電車(岳南鉄道)に譲渡された元京王3000系、今回は2連バージョンの8000形です。

Dsc09304 2017/3/10 岳南富士岡

7000形が1996年からの登場でしたが、その時には5000系は完全に淘汰されずに予備車として残っていました。その5000系を完全に置き換えるため、2002年11月16日から運転開始されました。

種車となったのはデハ3110+デハ3060の第10編成の一部で、元々は中間車に運転台を取り付けての導入となりました。ただ、7000形の時とは時期が異なり、運転台機器は京王6000系由来のものになったため、同鉄道としては初のワンハンドルマスコン方式となりました。

Dsc09308
運転台改造の工法も変更され、運転席後方の窓は連結面の小型窓を再利用しています。3060は1967年1月20日、3110は5連化に伴う追加で1972年11月15日竣工と製造時期が異なり、冷房機器なども2両で異なります。2002年という導入時期から、車椅子スペースも設けられ、バリアフリー対応が図られました。

Dsc09335 2017/3/10 岳南江尾

7000形との識別で緑の塗装、京王2700系などのグリーン車とは多少違う、になり、公募により、「がくちゃんかぐや富士」との愛称が与えられました。岳南線沿線は竹取物語発祥の地であることから、「かぐや」が入っています。

ちなみに日本各地に竹取物語発祥の地があり、
静岡県富士市
京都府向日市
奈良県広陵町
奈良県高取町
岡山県真備町(現、倉敷市)
京都府八幡市
京都府長岡京市
広島県竹原市
香川県長尾町(現、さぬき市)
鹿児島県宮之城町(現、さつま町)
滋賀県長浜氏木之本町   などがあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村