2017年3月10日 (金)

昭和61年初場所初日観戦の思い出 その1

大相撲初場所で大関稀勢の里が優勝、場所後の1月23日第72代横綱に推挙され、綱打ち、1月27日明治神宮での奉納土俵入り、さらに2月9日茨城県民栄誉賞贈呈2月18日には地元牛久市でのパレード、さらに3月4日には大阪住吉大社での4横綱揃っての奉納土俵入りなどがあり、いよいよ3月12日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館の愛称が2015年9月1日からネーミングライツでこうなったそうです)で3月場所が幕を開けます。

860112 1986/1/12 両国国技館 蔵前国技館から両国新国技館に移って一年の頃でした。

私も今のところ一度だけですが、1986年(昭和61年)の初場所、初日(1月12日)を両国国技館で観戦しました。

860112_3 東前頭4枚目 逆鉾関(現、井筒親方)

860112_2 東前頭7枚目 寺尾関(現、錣山親方)

両国国技館に到着して、入口で待っていると続々と幕内力士が到着、入場して行きます。写真の逆鉾、寺尾は長兄鶴嶺山関と共に元鶴ヶ嶺の君ヶ濱部屋~井筒部屋の実子3兄弟として人気を博しました。元大関霧島(現、陸奥親方)も井筒部屋出身ですね。

860112_4 春日野理事長と横綱、大関以下三役力士による協会挨拶

観戦したのは2階の椅子席でした。

860112_5 初場所の初日で天覧相撲でもありました。
当時の春日野理事長(元横綱栃錦)が天皇陛下に付き添い説明をされていました。

860112_6 東幕内力士の天覧相撲での土俵入り 

860112_7 西幕内力士の天覧相撲での土俵入り 

通常の土俵上に丸く並ぶ方式だと天皇陛下にお尻を向けてしまうので、このようになるそうです。ひとりずつしこ名が呼ばれ立ち上がり、礼をして去って行く方式でした。

この場所の東西幕内力士(大関以下)は
         東               西

大関     北天佑            大乃国          
張出大関  北尾              朝潮 
張出大関  若嶋津
関脇     保志              旭富士     
小結     出羽の花           小錦
前頭1    琴ヶ梅            佐田の海
前頭2    巨砲                             闘竜
前頭3    陣岳             飛騨乃花
前頭4    逆鉾             三杉磯
前頭5    栃剣             多賀竜
前頭6    蔵間             大寿山    
前頭7    寺尾             玉龍
前頭8    麒麟児            隆三杉
前頭9    霧島             花乃湖
前頭10   前乃臻            大徹
前頭11   大錦             魁輝
前頭12   青葉城            高望山
前頭13   藤ノ川             板井
前頭14   益荒雄

860112_8
続いて東横綱 千代の富士の土俵入りです。土俵入りの型は雲龍型でした。

860112_9
そして西横綱 隆の里の土俵入りです。こちらは第53代横綱琴櫻以来の不知火型の土俵入りでした。前回の記事でも書きましたが、なんとこの土俵入りが現役場所での最後の土俵入りとなりました。

860112_10
昭和60年11月場所に優勝した横綱千代の富士による天皇賜杯の返還

860112_11
立て行司木村庄之助による二日目の取り組み披露
ちょうど隆の里 小錦の取り組みを示していますが、初日で隆の里が休場、引退となったためこの取り組みは小錦の不戦勝、幻の取り組みとなりました。

次回の記事に続く。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年1月26日 (木)

稀勢の里関、初優勝と横綱昇進おめでとう

既にご存知のように大相撲初場所で大関稀勢の里が14勝1敗で幕内最高優勝を飾り、昨年1年間の年間最多勝の安定性も考慮され、横綱に推挙され、1月25日の日本相撲協会理事会で第72代横綱昇進が決まりました。

私が最初にテレビで相撲をみたのが昭和35年名古屋場所だったのではと記憶しています。当時の番付を見てみると、横綱栃錦が夏場所限りで引退しており、若乃花朝潮が横綱で、大関に若羽黒、琴ヶ濵、そして柏戸が関脇、大鵬は小結でした。その後の秋場所で柏戸がまず大関に、大鵬は36年初場所大関に昇進しました。それ以降、昭和46年夏場所の大鵬の横綱引退までよく見ておりました。
大鵬に引導を渡したのが新鋭花田改め、貴ノ花でした。その時代は北の富士、玉乃島、改め玉の海の時代でしたが、秋場所後、玉の海が盲腸の手術で急死したのはショックでした。

その後は輪島、北の湖時代、千代の富士時代と見続け、初めて相撲を実際に観たのは昭和61年初場所初日で両国国技館の椅子席からの観戦でした。この日の一番で最も印象的だったのが西横綱だった稀勢の里の亡き師匠隆の里の現役最後の一番で後に北勝海(現理事長)となる当時の関脇保志との対戦で土俵上に転がされる一番でした。この一番の後、引退が発表されました。

その後、同年秋場所北尾改め双羽黒の横綱昇進、翌年には一度も優勝が無いまま廃業、1987年名古屋場所での北勝海、九州場所での大乃国の横綱昇進が続き、千代の富士の53連勝中は西ベルリンに留学中でした。平成2年秋場所では旭富士も横綱に昇進しますが、平成3年夏場所、確か信楽高原鉄道の事故と同じ5月14日に千代の富士が引退を発表し、その後、名古屋場所で大乃国、平成4年初場所で旭富士、春場所前に北勝海と相次いで引退発表がありました。その後、平成5年春場所が横綱に昇進するまでは横綱空位の時代が続きました。

この頃から相撲からは遠ざかっており、若貴時代に少し復帰しましたが、彼らの引退とともに相撲への興味が離れてゆきました。白鵬が横綱になる平成19年名古屋場所までは殆ど相撲を見ていなかったかなと思います。その後、同年代の北の湖、千代の富士が相次いで亡くなってしまったのは大きなショックでした。

さて、新横綱稀勢の里関ですが、
誕生 1986年7月3日 兵庫県芦屋市 血液型B型
出身 茨城県牛久市 ちなみに牛久が市になったのは1986年6月1日でした。
土俵入り 雲竜型

S
稀勢の里の大関昇進3場所前からこれまでの戦績を纏めてみました。

私自身、稀勢の里の四股名を最初に聞いたのは、関脇時代の平成22年九州場所2日目に白鵬と対戦し、64連勝を阻んだときでした。その後も。平成23年初場所で白鵬の連勝を23で止め、さらに平成25年名古屋場所でも白鵬の連勝を43で止めています。かつて双葉山の連勝を69で止めた安藝ノ海が後に横綱に昇進しましたが、白鵬を止めた稀勢の里もついに横綱になりました。

小さいですが、大関31場所で緑で示したように優勝次点が11回、平成26年初場所14日目に怪我で千秋楽休場、負け越しが一回ありますが、「や」がつく休みは一度もなく、9勝6敗は6回、あとはすべて2ケタ勝利以上という安定した成績であることが分かります。
中日勝ち越しも6回あります。

対戦相手を見ると、かつては琴欧州、把瑠都といった欧州勢を苦手にしていましたが、ここ数場所では栃ノ心が嫌な相手かと思います。昨年九州場所でも3横綱撃破のあと、栃ノ心に敗れ、優勝から遠ざかりました。

他の3横綱では白鵬、日馬富士を如何に攻略するかが今後の優勝回数にも大きく影響すると思われますし、新鋭の御嶽海、正代などに苦手意識を植え付けることも大事でしょう。これには同部屋の弟弟子高安を早く大関に引き上げ援護射撃してもらうことも重要かと思います。

かつて北の湖に北天佑、千代の富士に保志といった弟弟子の躍進があり、本割では観られない兄弟弟子の優勝決定戦での相星対決などもありました。

1月25日の伝達式に続いて、部屋では綱打ち、27日には明治神宮で奉納土俵入り、28日には故郷牛久市で駅前から市役所までパレードが行われるそうです。

これまでも新横綱はいろいろスケジュールが立て込んで稽古が疎かになるとか言われていましたが、本業に影響する過密スケジュールはいけませんね。

まずは来る春場所、万全の態勢で新横綱として臨んで欲しいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村