2019年12月 5日 (木)

相鉄・JR直通 羽沢横浜国大駅~西谷駅

昨日の記事に引き続き、羽沢横浜国大駅を出発した列車は4分ほどで西谷駅に到着します。この間がまさに今回、相鉄が建設した区間で、短距離の新線を整備し、近くを走る貨物船に乗り入れることで都心まで行けるようになったというストーリです。

Dsc05313_20191204202001
2019/12/2 駅名標

Dsc06155
2018/9/24 工事真っ盛りの西谷駅 線路の両側に新線トンネルの抗口が見えます。

西谷駅は1926年12月1日(大正天皇が崩御する3週間ちょっと前)、神中鉄道が星川(現在の上星川)~二俣川間を開通させた時に駅も開業しました。当初は下り方面単式の2面3線ホームでしたが、1966年 5月1日の橋上駅舎完成でホームは2面4線となりました。しかし、2010年3月15日、当駅から相鉄新横浜線の都市計画決定がなされ、2010年4月から下り1番線が使用停止、線路が撤去、そして2012年4月からは上り4番線も使用停止、線路撤去となりました。

Dsc05345 羽沢横浜国大方面への新線

Dsc05316

右の線路が羽沢横浜国大からの新線

1,4番線が直接新線に繋がる線路となりました。

Dsc05328

Dsc05329橋上駅の改札付近には横浜方向、JR線直通方面の列車時刻が表示されています。2年後に東急連絡線が開通したときにはもっと複雑になるはずです。

因みに 
羽沢横浜国大駅から 武蔵小杉駅まで距離は16.6kmで運賃は308円(IC乗車券)、一方 鶴見駅までは武蔵小杉まで行って、湘南新宿ラインあるいは横須賀線で横浜へ、さらに京浜東北線というルートを採って38.6km(乗り換え時間も含めずに37分)乗車し、なんと鶴見駅のそばを2回素通りしますが、運賃は168円です。武蔵小杉から南武線で川崎、そこから京浜東北だと27.6㎞、乗り換え時間を含めずに32分となります。

まさに今回のルートにおける珍現象と言えるかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年12月 4日 (水)

相鉄・JR直通 大崎駅~羽沢横浜国大駅

2019年11月30日土曜日に相鉄・JR直通運転が開始され、12月2日月曜日は初めての平日ダイヤでの運行となりました。私は、小平からつくばに戻る際に寄り道し、新宿から早速、直通線に乗車してみました。

Dsc05299
Dsc05296

Dsc05298
新宿へ向かう相鉄12000系
Dsc05306 海老名へ向かうJR E233系7000番台

2019/12/2 大崎

まずは大崎駅、JR埼京線のE233系7000番台が、定期列車として、ここから品鶴線を走る湘南新宿ラインに入るのは初めてですが、相鉄直通線は5番線に発着するようで、番線表示、さらに足元の表示にも相鉄線直通の表示があります。面白いのは湘南新宿ラインとは編成の号車番号が逆向きになっていることです。

大崎を出発し、武蔵小杉に停車、武蔵小杉を出発するとすぐに3086列車などが分岐する新鶴見信号所への分岐を渡ります。武蔵野南線からの線路と合流し、新川崎駅の横を通過します。このまま、先日の矢向第一陸橋を潜り、鶴見駅の南側を通過します。以前、武蔵野線からの「快速かまくら号」に乗車した際にはここで、東海道本線に合流しましたが、今回はそのまま進み、京浜急行生麦駅付近からトンネルに入ります。住宅地の地下を西方に進み、横浜線大口駅付近ではシェルターに覆われた高架を進み、東急東横線とは妙蓮寺付近、横浜市営地下鉄ブルーラインとは岸根公園駅付近で交差し、西南西に進路を取り、トンネル区間が終わり、東海道新幹線の南側に沿い、第三京浜国道を潜り、横浜羽沢貨物駅の前から、再びトンネルに潜り、羽沢横浜国大駅に到着します。この間、武蔵小杉から約17分間のノンストップ運転となります。

Dsc05311
Dsc05310_20191203192901
2019/12/2 羽沢横浜国大

羽沢横浜国大駅の線路、武蔵小杉よりは既に日吉方面に向かう東急連絡線のトンネルに線路が伸びており、JR方面との連絡列車はその線路の外側に分岐する形で羽沢貨物線と連絡しています。将来、東急連絡線が開通しても線路構成は変わらず、JR直通列車も東急直通列車も同一ホームから出発することになるのかと思われます。
東急東横線に直通するということは、あくまで妄想ですが、横浜中華街まで相互直通運転が行われている、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ副都心線の車両がこの連絡線を走って、相鉄線内を走る日が来るのでしょうか?

羽沢横浜国大駅では乗務員交代などがあるためか、数分停車し、西谷駅に向けて出発します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年12月 1日 (日)

2019年11月30日 JR・相模鉄道相互乗り入れ運転開業風景を矢向第一陸橋で撮影

これまで首都圏の私鉄で有りながら東京都心への乗り入れがなかった相模鉄道が、西谷駅から分岐して羽沢横浜国大駅に至る新線を開業し、JR東海道本線の貨物支線(羽沢線)と羽沢横浜国大駅を結ぶ線路を整備、これにより相模鉄道線とJR線の直通運転が可能となりました。実質、2km程度の新線を開業することで相鉄は、新宿、さらに埼京線を通って、大宮、川越まで乗り入れが可能になりました。


Dsc05276 2019/11/30 尻手駅、川崎駅方向に通じる県道140号が品鶴線、湘南新宿ライン、横須賀線をオーバクロスする陸橋が矢向第一陸橋

たまたま娘一家が横浜市鶴見区矢向に住んでおり、11月に第2子が誕生したこともあり、矢向の家を訪問する際に矢向第一陸橋から、これまでは殆ど貨物列車しか通過しなかった新鶴見信号所~鶴見間の複線区間を通過する相鉄の12000系、そして埼京線のE233系7000番台を撮影しました。


Dsc05274
相鉄 JR相互乗り入れ用12000系第2編成 143M

Dsc05275
陸橋の下辺りで140M 12000系第4編成とすれ違い

相鉄・JR直通線の現在のダイヤでは
大崎駅の時刻表で見ると
土曜・休日                 
海老名方面           
 7時 10 38 53        10 37 53
 8時 04 20 34 50      04 20 34 49
 9時07 41                               07   41  51
10時 07   25 34 47                05   25   47
11時 07   31   50                      07   31   50
12時 14   44                             14 44
13時 14   44                             14 44
14時 14 44                             15   44
15時 14 44                             14   44
16時 15 46                             15 46
17時 05 25 50                       05   25   50
18時 08 28 47                       08   28   47
19時 10 30 50                       10   30   49
20時 06 30 49                       06   29   50
21時 07 29 47                       07   29   47
22時 07 30 50                       07   30   50
23時 04 26                             03   26

赤字は特急
行き先は海老名

昼間の時間帯(12時台から16時台)は1時間に2本の頻度で、観察していると矢向第一陸橋付近で上り下りがすれ違うダイヤであることも分かりました。

Dsc05282
約30分後、今度はJR埼京線のE233系7000番台 130編成が通過
  Dsc05281
その直後、E233系7000番台125編成が通過

この相互乗り入れに関しては品鶴線から、(へ)の分岐(合流)は新鶴見信号所北部で行われています。したがって、新川崎駅は貨物線を通るため、武蔵野線のむさしの号が西浦和駅を通過するのと同じようにホームが無いため、停車することが出来ません。

相鉄は羽沢横浜国大駅から線路を東海道新幹線新横浜駅経由で東急東横線日吉まで延長し、全長10kmの相鉄・東急直通線の開業を2022年度下期に予定しています。そちらの開業も楽しみです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 2日 (日)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その1 概要

関東地方が梅雨に入る前の5月末のこの時期、京急久里浜、大宮車両センター、高崎鉄道ふれあいデーなどの鉄道系のイベントが週末各所で開催されます。わたしも今回はこれまで参加したことのなかった5月25日、海老名電車基地内の特設会場で開催された「小田急ファミリー鉄道展2019」に参加しました。

Dsc01148
2019/5/25 愛甲石田 駅構内に掲示されたイベントのポスター

なんといっても今回の目玉は海老名車両基地に保存されている3000形SE,SSE初代ロマンスカー編成が5両編成の状態で最後の公開となることです(2019年度中にスペース確保の関係で中間車2両は解体されるそうです)。小田急電鉄は私にとっては殆ど縁のない鉄道で、これまでの拙Blogの記事でも小田急線内での撮影の記事はありません。最近はまだ記事にはしてませんが、箱根登山鉄道の写真撮影、相鉄の写真撮影、東京メトロ千代田線内を走行する小田急 の写真などで触れる機会も多くなってきました。

Dsc00956
2019/5/25 府中本町 南武線上りホームから武蔵野線電留線を 武蔵野線の車両も最近、205系が大分少なくなり、手前の209系500番台E231系を多く見るようになりました。

週末でしたので新小平からJR武蔵野線で府中本町、JR南武線で登戸、そこから海老名へと向かいましたが、その僅か数日後、登戸駅そばでスクールバス待ちをしていた小学生19名が刃物を持った人間に襲撃され、外務省職員と11歳の女児が死亡し、多く人間が傷害をを負う凄惨な事件が発生しました。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、負傷された方々の一刻も早い完治を願う次第です。

Dsc00961

海老名では小田急のホームの横に相鉄のホームが併設されており、同線の主力の11000系が入線していました。そして車両基地の方に目を転じると

Dsc00964

最新鋭のロマンスカーGSE70000形とSSE3000形の姿が

Dsc00973

海老名駅西口から、いよいよ車両基地へ
今回の展示車両はSE,SSE3000形、1000形(箱根登山鉄道乗り入れ編成)、EXE30000形、MSE60000形、事業用車(マルチプルタイタンパー、軌陸車)でした。また歴代のロマンスカー車両の写真展示なども非常に興味深く拝見しました。

以降の記事ではこれら車両別に触れて行こうと思います。なお、イベントの後は、2駅先の愛甲石田からバスで森の里に向かい、同所の若宮公園に静態保存されているD511119号機を見学しました。同機関車は現役の際に追分で撮影している機関車です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:京阪電気鉄道 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:山陽電気鉄道 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 民鉄:阪急電鉄 民鉄:阪神電気鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000系 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車5000系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車8000系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車8600系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村