2019年11月 4日 (月)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 樟葉モールSANZEN-HIROBA

2019年10月20日、日曜日京阪全線乗り潰しの旅」最後は樟葉駅前に立地する「くずはモール」内のSANZEN-HIROBAのに保存されるかつての京阪特急3000系3505保存車両の紹介です。


Dsc04653 2019/10/20 京阪電車 樟葉駅

樟葉駅は昭和30年代は現在の駅から300mほど京都寄りにあり、乗客数も限られ、急行も停車しない小さな駅だったそうですが、昭和40年代に京阪が日本初の官民一体形のニュータウン「くずはローズタウン」を造成、1968年から分譲を開始すると利用者が急激に増加しました。駅は1971年に現在地に移転、1972年には日本住宅公団(現、都市再生機構)が男山団地を建設、入居が開始されると通勤通学客が一気に増加し、京阪では最初に自動改札機が設置された駅になり、現在では乗降客数が常にトップテンに入る駅となりました。


Dsc04608



くずはモール街は1972年4月に松坂屋、ダイエー、イズミヤの3店舗を核とし、150の専門店街と大駐車場を兼ね備えたオープンモールとして開設されました。その後、百貨店業界の低迷で松坂屋は撤退、京阪百貨店が入り、2005年4月14日に新生KUZAHA MALLとしてリニューアルオープン、さらに2014年には西館とKID館が建て替えられ、2014年3月12日にグランドオープンとなりました。


Dsc04609


2014年3月のグランドオープンに合わせて南館「ヒカリモール」に京阪ミュージアムゾーン「SANZEN-HIROBA]が設置されました。名前は京阪特急として1972年から製造された京阪3000系に由来し、3000系のなかでも最後まで残され、リニューアルの上、8000系30番台、8531として活躍、2013年に引退した3055が保存されました。


Img075
1981/8 地上線時代の四条駅 京阪3000系

Dsc04613 SANZEN-HIROBAに展示されている3505
京阪3000系に関しても別記事できちんと纏めるつもりです。

ということで10月17日から10月21にかけての関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅の概要報告を終わります。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年11月 3日 (日)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 交野線

順番は前後しますが枚方市から分岐する交野線の紹介です。


Dsc04658 2019/10/20 枚方市駅 駅名標

まず京阪電鉄の駅名には守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、交野市、八幡市(→石清水八幡宮に2019年10月1日に改称)と自治体の名称に市を付けるのが京阪の駅ネーミングのルールだそうです。阪急京都線にも摂津市、茨木市、高槻市と同様の駅名がありますが、これらも京都線は(新)京阪が建設したからだそうです。そういった○○市のひとつである枚方市駅から分岐しているのが交野(かたの)線です。

この線は元々、現在の近鉄生駒線(生駒~王寺間)を建設した信貴生駒電鉄が建設した路線で、京都方面から信貴山朝護孫子寺への参拝客輸送を目論んで計画され、枚方東口(現、枚方市)~私市(きさいち)間は1929年7月10日に開業しましたが、同年世界大恐慌が起こり、利用者の大幅な減少で経営難に陥り、私市~生駒間の建設は断念されました。枚方市~私市間は軌間1435mm、架線電圧600Vと京阪本線の支線のような区間で、同社は経営改善策として自前の電車は投入せず、京阪からの借り入れ車で対応していました。1931年には京阪に経営を委託しました。

1939年5月1日、京阪が100%出資した交野電気鉄道へ事業を譲渡、1945年5月1日京阪と阪急が国策で合併した会社、京阪神急行電鉄が同社を吸収合併しました。1949年12月1日、京阪神急行電鉄から京阪電気鉄道が分離して以降、京阪本線の支線として位置づけられています。


路線データ
路線距離(営業キロ):6.9km
軌間:1435mm
駅数:8駅(起終点駅含む)
複線区間:全線
電化区間:全線電化(直流1500V)
閉塞方式:自動閉塞式
保安装置:K-ATS
踏切数:15か所(すべて第1種甲)、うち12か所に踏切障害物検知装置が設置
最高速度:90km/h
最急勾配:33‰(河内森駅 - 私市駅間)


Dsc04655


当初から複線化、中間駅化を考慮して設計されたためか、駅はコの字型のホームとなっています。東北本線利府支線の利府駅と同じ構造です。

Dsc04656 交野線の車両はワンマン対応の10000系や13000系が投入されていました。

因みに難読駅である私市の由来は私部(きさべ:天皇の后のために農耕をした人々)というそうで日本書紀に出てきます。私部が住んだ村の中心が私部内でこれが転じて私市になったそうです。


京阪の路線は元々道路に軌道を敷くことを基本とした「軌道」で、カーブが多いのが特徴ですが、交野線はその歴史から分かるように地方鉄道法で建設された路線であり、線路は一直線に敷かれ、本線よりも立派と言われたそうです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年11月 2日 (土)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 宇治線

滋賀県の京阪線を堪能した後は来た道を戻ります。

三条からは8000系特急のプレミアムカーに乗車しようかとも思いましたが、中書島で宇治線、樟葉では樟葉モールのSANZEN-HIROBA、さらに枚方市では交野線に乗車しなくてはならないのでプレミアムカー乗車は次回に回し、来た電車で大阪方面に向かうこととしました。

Dsc04601 2019/10/20 中書島駅 駅名標

Dsc04600
2019/10/20 中書島駅で出発を待つ宇治線ワンマン仕様の10000系

軌道敷設免許は1907年1月に宇治川電気軌道によって取得され、1910年11月に京阪電気鉄道がその免許を譲り受けました。免許の内容は軌間1067mm、架線は複線式だったため、建設に当たりいくつかの変更が申請されました。ちょうどこの時期、1912年7月30日に明治天皇が崩御し、御陵は伏見桃山と発表、9月の「大喪の儀」の後の一般参拝では桃山一帯は混雑を極め、さらに1年後の7月30日には明治天皇崩御1年祭が予定されたことから宇治線の工事は突貫工事で進められ、4ヶ月で開通に至りました。

路線データ
路線距離(営業キロ):7.6km
軌間:1435mm
駅数:8駅(起終点駅含む)
複線区間:全線
電化区間:全線電化(直流1500V)
閉塞方式:自動閉塞式
閉塞信号機 22基
保安装置:K-ATS
踏切数:19か所(すべて第1種甲)、うち車が通行可能な17か所に踏切障害物検知装置が設置。
最高速度:80km/h
最急曲線:半径200m(観月橋駅 - 桃山南口駅間・木幡駅 - 黄檗駅間)
最急勾配:30‰(黄檗駅 - 三室戸駅間)

Dsc04603

Dsc04605
1991年12月から府道7号京都宇治線の拡幅に伴い、駅の移設工事が開始され、1995年6月に現在の場所に新駅が移設されました。この円を基調としたデザインは南海特急ラピートをデザインした建築家若林広幸によるもので1996年、私鉄の駅としては初めてグッドデザイン賞を受賞しました。

開業後、1917年には「大正大洪水」、1934年9月の室戸台風、1935年6月と8月の「鴨川水害」、1953年9月の台風13号、1959年8月13日の豪雨、1961年9月の「第2室戸台風」1965年9月の台風24号などで宇治川・山科川が氾濫し、特に中書島ー木幡間は浸水・不通を繰り返しましたが、1960年代に天ヶ瀬ダムの完成、宇治川・山科川の堤防強化、排水ポンプ場の設置で水害対策は完了しました。

駅番号は前の記事で紹介したように観月橋がKH71、宇治がKH77となっています。地図で見てもよく分かりますがJR奈良線とは全区間において並行しており、両線の利用者数は拮抗、乗り換えの便については考慮されていない、ライバル関係にあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年11月 1日 (金)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 びわ湖浜大津から石山坂本線

昨日に続いて京阪大津線です。大津線という名称は昨日の京津線と今回の石山坂本線を合わせたものです。漢字で書くと”いしやまざか”本線と読んでしまいそうですが、”いしやまさかもと”線です。大津市の石山寺駅と坂本比叡山口駅を結ぶ14.1kmの路線で軌道法が適用されている路線です。標準軌(軌間1435mm)の軌道としては石山寺駅が日本最東端、坂本比叡山口駅が日本最北端だそうです。

Dsc04518
2019/10/20 びわ湖浜大津 ホームから石山寺方向をみると京津線で到着した800形が折り返しのために中線に入り、その横を坂本比叡山口行きの600形が通過する光景が見られます。

路線データ

路線距離(営業キロ):14.1km
軌間:1435mm
駅数:21駅(起終点駅含む)
複線区間:全線
電化区間:全線電化(直流1500V)
閉塞方式:自動閉塞式
最高速度:70km/h

Dsc04523 坂本比叡山口に向かう車両からの後方展望 画面左手に琵琶湖の湖面が広がっています。

Dsc04529

左手のコニーデタイプの山が古事記、延喜式に記述があり、紫式部が「打ち出でて 三上の山を 詠れば 雪こそなけれ 富士のあけぼの」と詠んだ近江富士と言われている三上山(標高432m)

まずはびわ湖浜大津から北の坂本比叡山口を目指しました。びわ湖浜大津を出発してすぐは路面区間です。京阪大津京駅のそばでJR湖西線を潜り、JR西日本大津京駅がそばに見えます。近江神宮前駅には錦織車庫が隣接しており、石山坂本線の車両以外に京津線の車両もねぐらとしているのでここまでは京津線の800系が来ています。このあたりから琵琶湖西岸の山の裾野を走る直線区間となり、車窓からは近江富士をはじめ琵琶湖東岸の風景が楽しめます。びわ湖浜大津を出発して15分ほどで終点の坂本比叡山口に到着します。

Dsc04534
比叡山のケーブルに乗ることも考えましたが時間が押していたので、駅周辺を散策して折り返し電車で今度は石山寺方面に向かいました。坂本方面とは異なり膳所周辺は市街地の中を走行する感じでカーブの多い線形です。膳所、石山とJR西日本の東海道本線と連絡する駅があり、京阪石山辺りが琵琶湖の南端になり、瀬田の唐橋のそばの唐橋前、石山寺終点にびわ湖浜大津から17分ほどで到着します。

Dsc04565
唐橋前から徒歩で数分の距離にある瀬田の唐橋

Dsc04555 2019/10/20 石山寺終点

この路線は大津電気軌道により、1913年3月1日、大津(現、びわ湖浜大津)間が開業しました。開業当初は官設鉄道東海道線として建設され、前日まで大津線として営業していた路線を3線軌条化、電化したそうです。1914年6月4日には膳所から石山寺まで開業しました。一方、坂本(現、坂本比叡山口)まで全通したのは1927年9月10日のことでした。1931年10月5日には石山寺~坂本比叡山口間の直通運転が開始されました。1939年6月20日、浜大津駅の京津線との連絡線が開通、1943年、大津電気軌道は京阪神急行電鉄に合併され同社の路線となりました。1949年12月1日、京阪から阪急が分離した際に京阪電気鉄道の路線となり、1956年1月10日、石山線と坂本線が統合され石山坂本線となりました。

駅ナンバーは
OT01 石山寺 ~OT12 びわ湖浜大津 ~OT21 坂本比叡山口  となっています。
大津線の車両に関しては別の記事で触れる予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月31日 (木)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 三条から大津線

2019年10月20日日曜日京阪電車乗り潰しの旅、今回は三条駅で京都市営地下鉄東西線に乗り換え、御陵へさらにそこから京阪大津線でびわ湖浜大津へ向かいました。

Dsc04493

2019/10/20 三条駅 駅名標

Dsc04496

Dsc04500

京都市営地下鉄御陵(みささぎ)駅の路線案内図 ここで宇治の六地蔵方面に向かう線と浜大津に向かう線が分岐します。京都市営地下鉄線に京阪の800系4連が乗り入れています。

82-801211
1980/12/11 三条付近を行く82 80形

86-801211

1980/12/11 蹴上付近を行く 86

かつて三条~浜大津間が京津線で結ばれており、蹴上付近には碓氷峠並みの66.7‰の勾配区間がありました。

同線の歴史は
1906年に京津電気軌道株式会社、京都電気鉄道株式会社(のちの京都市電)ほか1社が内務省に軌道敷設を出願、1907年1月24日に軌道条例に基づいて京津電気軌道株式会社に対して三条大橋 - 浜大津間10.0kmの軌道敷設特許状、並びに命令書が下付されました。1912年8月15日、官設鉄道東海道本線を跨ぐ跨線橋の建設工事の遅れから三条大橋 - 上関寺仮乗降場間と上関寺 - 札ノ辻間が個別に開業しました。 同年12月13日三条大橋 - 三条間0.6kmの軌道敷設特許状、並びに命令書が下付され、翌12月14日には上関寺付近の跨線橋も竣工し、一体化されました。1919年5月29日には三条大橋~三条間が単線で開業、1923年2月20日、複線化されました。1925年2月1日、京津電気軌道株式会社と京阪電気鉄道株式会社は合併し、京阪電気鉄道株式会社 の京津線となりました。 同年5月5日には札ノ辻~浜大津間が開業し、全線開通となりました。
1934年4月2日、三条駅・三条大橋駅を経由する京阪本線・京津線の直通運転が開始、60型を使用した特急「びわこ号」により、天満橋~浜大津間が最速72分で結ばれました。1940年には戦時体制により、「びわこ号」の運転が停止、1943年10月1日、戦時下の企業統合政策で京阪電気鉄道株式会社が阪神急行電鉄株式会社と合併し、京阪神急行電鉄株式会社 になりました。 1949年12月1日、京阪神急行電鉄株式会社から京阪本線・交野線・宇治線・京津線・石山坂本線が分離譲渡され、資本金3億34万円で、(現)京阪電気鉄道株式会社が再発足し、再び同社の京津線となりました。そして1997年10月12日、京津三条 - 御陵間3.9km廃止。京津三条駅、東山三条駅、蹴上駅、九条山駅、日ノ岡駅を廃止し、現在の体制となりました。

1997年10月1日に京都市営地下鉄東西線が開通し、三条京阪~御陵間は地下化されました。地下化された際に京阪は三条京阪~御陵間の第二種鉄道事業免許を取得せず、通常の乗り入れ方式としたため、京阪本線と京津線の乗り継ぎ客にとってみれば運賃が別々に加算されることになり、乗り入れ前に比べて通貨運賃が大幅に上がることになりました。

Dsc04506

Dsc04507
四宮には車両基地が併設されています。

路線データ

路線距離(営業キロ):7.5 km
軌間:1435mm
駅数:7駅(起終点駅含む。地下駅1駅・地上駅6駅)
複線区間:全線
電化区間:全線電化(直流1500V)
閉塞方式:自動閉塞式
保安装置:京阪型速度照査ATS
最高速度:75 km/h[1]
最急勾配:61‰
最小曲線:半径40m

Dsc04587
浜大津の手前には路面軌道区間が残っており、琵琶湖に沿って走る石山坂本線と合流します。
Dsc04594 駅ナンバーは
T08 御陵
OT31 京阪山科 ~ OT35 上栄町 OT12 びわ湖浜大津 となっています。

ここからまずは坂本比叡山口に向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月30日 (水)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 淀屋橋から出町柳まで

2019年10月20日、昨日の記事で触れた京阪「ファミリーレールフェア2019」に参加する前に京橋から京阪本線の大阪方ターミナル淀屋橋に向かい、京阪線全線乗り潰しの旅を開始しました。

Dsc04306
2019/10/20 駅名標
Dsc04308 天満橋方の切り欠きホーム

淀屋橋駅は大阪市中央区北浜三丁目にあり、1963年7月1日京阪本線が天満橋から淀屋橋まで延伸開業した際に開業した駅です。因みに地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅は大阪市営地下鉄1号線梅田(仮)~心斎橋間が開通した1933年5月20日に開業しました。島式ホーム1面3線ですが、1番線には信号分割方式で2編成が縦列停車できるため、1~4番線まであります。2,3番線はホーム切り欠き部分にあります。

Dsc04320
駅名標

淀屋橋から天満橋まで乗車後、中之島線へ。2008年10月19日開業の中之島線は堂島川と土佐堀川に挟まれた中州である中之島を東西に貫く路線で営業キロ3.0km、駅は天満橋を含め5つあります。この路線を建設し、保有する中之島高速鉄道(京阪HD,大阪府、大阪市、金融機関などが出資する第三セクター)が第三種鉄道事業者、京阪電気鉄道が第二種鉄道事業者という位置づけになっています。列車は京阪本線と一体的に運行されており、同線内では全ての列車が各駅に停車します。

中之島駅も淀屋橋駅同様にメインのホームの天満橋よりに切り欠きがあり、3番線設けられています。

Dsc04322

さらにホーム終端部にはなにわ橋駅と大江橋駅間で実際に使用したシールドマシンのカッター部分の一部がモニュメントとして保存されています。

Dsc043362

2019/10/20 野江 複々線のうち、内側線が急行線 1500系急行

京橋以北の京阪本線複々線区間を通過する列車を記録する目的で野江駅で下車し、撮影しました。野江駅での撮影の後は各停、準急等を乗り継ぎ寝屋川市に向かいました。

Dsc04469
寝屋川市駅に進入する5000系 準急 出町柳行き

イベント参加後、寝屋川駅から乗車したのは全車5扉が話題の5000系でした。

5000系は架線電圧600V、編成両数7両、複々線は天満橋~守口市間時代の京阪本線において190%を超える混雑を緩和するために、普通列車の乗降時間短縮、輸送力確保のためのショートリリーフとして1970年から1980年にかけて7両編成7本が製造された系列でした。

Dsc04486
Dsc04490
中書島からは特急車両8000系で出町柳に向かいました。京阪本線は三条駅まで、そこから先は鴨川の東岸を走ることから鴨東線と命名された2.3kmの区間で三条、神宮丸太町、出町柳の3駅があります。鴨東線の免許は1924年京都電燈が取得しており、同社は1925年に叡山平坦線を開業しましたが、自然災害や京都の景観を損ねる等の議論があり、なかなか着工に至らず1972年に京阪電鉄が中心となって鴨川電気鉄道が設立され、鉄建公団により建設され、1989年10月5日に開業に至りました。

因みに駅番号は

 

中之島線 中之島KH54・・・なにわ橋KH51

京阪本線 淀屋橋KH01・・・天満橋KH03・・・枚方市KH21・・・中書島KH28・・・三条KH40・・・出町柳KH42

交野線                    宮之阪KH61・・・私市KH67                 

宇治線                            観月橋KH71・・・宇治KH77  

となっています。交野線、宇治線は大津線乗車の後に訪問しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月29日 (火)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その4 京阪ファミリーレールフェア2019に参加

2019年10月18日から20日までの関西旅行、今回の記事では20日、日曜日京阪電車寝屋川車両基地で行われた「ファミリーレールフェア2019」の話題です。沿線住民への感謝を込め、かつ京阪電車、京阪グループに対する理解を深めてもらう目的で2001年から開催し、今回は18回目になるそうです。

Dsc04672
20日はイベント参加のあと、阪急、阪神などと同様に全線を乗り歩くために各種のフリー切符の中から「京阪電車 大阪・京都・びわ湖1日観光チケット」¥1800を京橋駅の駅事務所で購入しました。この切符でフリー乗車できるのは、京阪電車全線(京阪線、大津線、石清水八幡宮参道ケーブル)そして京都市営地下鉄 三条京阪~御陵間です。

Dsc04670
京阪本線は淀屋橋駅~三条駅間49.3kmの本線、天満橋で分岐する中之島線、枚方市で分岐している交野線、中書島で分岐している宇治線からなっており、天満橋~京橋間は本線と中之島線が線路別複々線に、京橋から萱島までは方向別複々線に萱島で複々線区間は実質的に終了し、片方の複線は寝屋川信号所から寝屋川車庫に続きます。

Dsc04326
2019/10/20 中之島からの列車の後方展望 天満橋を出た先で左手、淀屋橋方面からの本線が中之島線をオーバークロスし、北側に出てきて方向別複々線となります。山手線、京浜東北線の品川~田町間と似た感じです。

Dsc04354
寝屋川車庫は大阪府寝屋川市木田元宮1丁目にあり、萱島、寝屋川市のほぼ中間位置しています。車庫へのアクセスは寝屋川市駅からです。

Dsc04356

車両工場も併設されており、69885㎡の敷地面積を持ち、5本の検査ピット、43本の留置線を持ち、車両の収容能力は340両になります。

Dsc04358
引き上げ線を中心に扇形に出入庫線、検査線、留置線が配置されています。

Dsc04369
このイベント最大の収穫は京阪60型電車びわこ号」を見ることが出来たことだと思います。
この車両は1934年日本車輛製造製で流線形、日本初の連接構造を持ち、大阪天満橋~三条~三条大橋~浜大津間の特急「びわこ」として運転された車両です。61,62,63の3編成が製造され、1967年に62、1968年に61、そして1970年に63が廃車となりました。「びわこ号」の登場から廃車までさらに63の復活に関しては別記事で触れる予定です。

Dsc04378
京阪70型電車
かつて京津線で活躍していた車両で「びわこ号」復活プロジェクトで60型をけん引する役割が与えられ「ワガヤネヤガワ号」という愛称が付けられたそうです。

Dsc04419
クレーンによる車体吊り上げ実演

Dsc04443 留置線には塗り替え作業中の8000系の姿もありました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:京阪電気鉄道 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 民鉄:阪急電鉄 民鉄:阪神電気鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村