2021年11月30日 (火)

武蔵小杉~羽沢横浜国大間 その2 武蔵小杉~鶴見間

2019年11月30日に開業したJR・相鉄直通線、武蔵小杉駅から羽沢横浜国大間は距離にして16.6km、所要時間は約18分かかります。

2000年1月27日の運輸政策審議会答申18号において神奈川東部方面線として二俣川~新横浜~大倉山間が位置付けられ、2004年9月に相鉄が西谷~羽沢間に新線を建設し、羽沢駅でのJR相互直通構想が発表されました。2006年には国・鉄道事業者・神奈川県・横浜市間で調整が行われ、整備構想を国が認定、2010年3月25日、起工式が行われました。

線路名称的には武蔵小杉~鶴見間は品鶴線、鶴見~羽沢横浜国大間は東海道貨物線です。品鶴線の開通は昨日の記事に既述したように
>東海道線の客貨分離のため、東海道貨物線として品川~新鶴見操車場~鶴見間17.7kmが1929年8月21日に複線で新設されました。

Dsc06825
2021/11/4 武蔵小杉駅から新川崎方向を見る

ちょうどE257系2000番台NA-04編成の特急「湘南」が接近してきていますが、新鶴見信号場までの複々線(旅客線(横須賀線・湘南新宿ライン)と貨物線)の合流地点です。後方の高架から来る線が新川崎からの旅客線です。

Dsc06834_20211129151501 2021/11/4 
旅客線、貨物線分岐
武蔵小杉を発車した列車は踏切を越えた直後、このポイントで貨物線に入ります。旅客線と貨物線の分岐点であり、直進する旅客線(横須賀線・湘南新宿ライン)は新川崎駅を通り、鶴見駅の西側を通過し、横浜駅に至ります。一方、貨物線は新川崎駅を通過、鶴見駅の東側を通過します。

Dsc06836 2021/11/4
右から合流する線路は武蔵野南線です。

Dsc06569 2021/10/23
新鶴見信号場に停車中のコンテナ貨物列車が見えますが、武蔵小杉発8:29の227Mから見えた貨物列車は宇都宮タ~東京タ行きの4072レで牽引機はEF65 2117号機でした。

Dsc06553 2021/10/23 新小平駅を通過する4072レ

Dsc06841 2021/11/4 新川崎駅横を通過

Dsc06843
2021/11/4 かつての新鶴見操車場の南のはずれを通過、

Dsc06844_20211129154601

並行する旅客線(横須賀線・湘南新宿ライン)は高架となり、南武線尻手駅方面の尻手短絡線が左に分かれて行きます。尻手短絡線は1973年10月1日に開業しました。

Dsc06847_20211129160001 2021/11/4 東海道貨物線との合流

やがて旅客線(横須賀線・湘南新宿ライン)をアンダーパスし、東海道本線をオーバークロスして、海側に抜けると鶴見川橋梁を渡り、東京貨物ターミナル、川崎貨物からの東海道貨物線と合流します。

この先は次回以降になりますが、ここまででも駅間はかなり長く、新川崎駅横、南武線尻手駅に通じる道路との交差付近、鶴見駅付近と新駅が3つくらい造れるのではと感じます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2021年7月 5日 (月)

2021年春、外房線~内房線を巡る旅 その14 御宿駅~勝浦駅

大原駅ではいすみ鉄道の沿線ガイドマップやキハ倶楽部の冊子なども手に入れ、次回の訪問の際の予習にと思いました。

Dsc03230 2021/4/7 大原駅 2233Mとしてやって来たのはE131系R05編成 この編成は安房鴨川発8:06、上総一ノ宮着9:12の3224Mの折り返しでした。

大原を9:41に出発する2233Mに乗車し、外房線を先に進みました。

Dsc03231

勝浦の手前、飛行機で言うと羽田のRWYに木更津方面から進入する際によく耳にする御宿ポイントの御宿駅から勝浦駅にかけては部分的に複線区間となっています。この複線は1995年11月26日に施工されました。

Dsc03232 御宿駅に到着する2226M R12編成 この編成は編成番号こそ通し番号ですが、現在、幕張車両センターに配置されているE131系編成の中で2本だけ80番台の編成です(詳細はこちら)。

Dsc03234 大原から15分で勝浦駅に到着です。

Dsc03235 2番線には特急「わかしお」10号E257系500番台が停車しています。

勝浦駅は1899年12月13日、房総鉄道が大原駅まで開業した後、地域の悲願として国や県に猛烈な陳情活動が行われ、それが1913年6月20日に実現しました。写真のように駅の構造は1面1線の単式ホームと島式ホーム1面2線の地上駅で、山側に留置線が2本あります。鉄道関連施設として、JR千葉土木技術センター勝浦派出および交通建設大網営業所勝浦派出所があります。

1998年12月7日までは総武快速線・横須賀線からの快速列車が乗り入れていましたが、翌日からは大原駅止まりとなり、それも2004年10月16日の改正で現在の上総一ノ宮止まりになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2021年6月29日 (火)

2021年春、外房線~内房線を巡る旅 その10 大原駅 JR編

上総一ノ宮駅駅にて4分の接続で231Mから乗り継いだE131系、2231Mは17分で大原駅に到着します。上総一ノ宮を出ると次の東浪見(とらみ)までは単線ですが、東浪見から太東、長者町までは再び、複線となり、長者町、三門、大原間は単線となります。

Dsc03174 2021/4/7 上総一ノ宮駅を出発した列車は単線区間に入ります。

Dsc03176_20210628135801 東浪見から長者町まではまた複線区間に戻ります。

Dsc03177 長者町を過ぎると再び単線区間になります。

大原駅はかつては大原町の中心駅でしたが、2005年12月5日に夷隅町、岬町と合併し、現在はいすみ市になっています。大原といえばテレビの旅番組などでもしばしば紹介されていますが、大原漁港沖合は日本最大級の岩礁群があり、イセエビ漁獲量日本一を誇ります。

1899年12月13日、房総鉄道が一ノ宮~大原間を開業した際に終着駅として開業しました。1907年9月1日、房総鉄道は鉄道国有法で官設鉄道に編入となり、1909年10月12日、国有鉄道線路名称制定で、千葉~大原間が房総線となりました。1912年12月15日千葉県営大原大多喜人車軌道が開業、後年、夷隅軌道となります。1927年8月31日、夷隅軌道が廃止となりますが、1930年4月1日、国有鉄道木原線が開業します。木原線は千葉県では唯一第一次特定地方交通線(40線)に指定され、1988年3月24日、第三セクター鉄道のいすみ鉄道に転換されました。

Dsc03178 右手から沿ってくるのはいすみ鉄道線

JR東日本大原駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の構造で、3番線の海側には4本の留置線があり、保線用施設もあります。

Dsc03181 駅名標

Dsc03179

Dsc031832231Mは大原駅にて東京行「わかしお6号」と交換します。E257系500番台。NB-02+NB-17併結編成でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2021年6月18日 (金)

2021年春、外房線~内房線を巡る旅 その5 蘇我駅と房総特急

蘇我駅で撮影した車両シリーズ、国鉄時代はこちらの方面に来ても蘇我駅で下車することも、撮影することもなかったので写真はありませんが、房総特急が現行の車両(255系E257系500番台)になってからはしばし撮影しています。

しかし、そう言われてて久しいですが、房総特急も以前に比べて随分、規模が縮小されました。2003年3月の時刻表と今年3月の時刻表を比較してみると
S_20210617081401 2003年3月時点と2021年3月改正後の内房線特急「さざなみ」の比較

1972年7月15日の総武本線東京駅乗り入れ(総武快速線開業)で183系による特急「さざなみ」の運転が開始され、1982年には房総地区の急行列車全廃で両国発の「さざなみ」も設定されました。1993年7月2日からは255系「ビューさざなみ」も誕生、E257系500番台が導入され、183系による運転が終了したのが2004年10月16日でした。このときに255系による「さざなみ」が「ビューさざなみ」に統一されました。しかし、それも長くは続かず、2005年12月10日の改正で「さざなみ」に統一されました。しかし、2010年代になると2007年7月4日の館山自動車道の全線開通(京葉道路接続部~富津竹岡IC)そしてそれに先立つ2004年5月29日の富津館山道路の全線開通(富津竹岡IC~冨浦IC)で1997年12月18日に開業した東京湾アクアラインと連絡した東京と館山方面を結ぶ高速バス路線が発展したことで、乗客を奪われ、現在は新宿発の季節列車と夕刻の君津までのホームライナー状態となっています。
 S_202106170841012003年3月時点と2021年3月改正後の内房線特急「わかしお」の比較

一方、外房線特急「わかしお」の方は運転区間が短縮された列車はありますが、本数的にもまだまだ2003年当時の勢力を残していることがわかります。

255-be01-120211 2012/2/11 255系Be-01編成

255-be03-081230 2008/12/30 255系Be-03編成

255系の運転開始は前述のとおり1993年7月2日で老朽化が進んだ183系の置き換えのため、651系・251系・253系の要素を融合し、東急車輛製造と近畿車輛が製造した系列で「Boso View Express」の愛称が与えられました。

E257500-nb04-090215 2009/2/15 E257系500番台 NB-04編成

E257500-nb06-120211-4 2012/2/11 E257系500番台 NB-06編成

E257系500番台は255系登場の11年後の2004年10月16日のダイヤ改正から営業運転が開始されました。「Boso Express」の愛称が与えられました。製造は日立製作所、近畿車輛、東急車両製造の3社が担当しました。

185系の老朽化による東海道線特急の置き換えで、2500番台化改造が秋田総合車両センターにて一部の編成に施工され、
NB-06→NC-31 NB-07→NC-32 NB-13→NC-33 NB-14→NC-34 となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2021年3月16日 (火)

2021年3月ダイヤ改正、おはよう新宿ライナー215系、185系から特急「湘南」E257系へ

今回のダイヤ改正では朝の東海道線通勤ライナーが廃止され、すべてE257系による特急「湘南」となりました。

ここ数週間、朝の原宿駅や恵比寿駅で湘南新宿ラインを新宿に向かう215系185系を撮影して来ましたが、3月15日からはこれらの列車は全てE257系になりました。

215-nl3-210301-2 2021/3/1 恵比寿 215系NL-3編成 8:25に通過

215-nl2-210308 2021/3/8 恵比寿 215系 NL-2編成 8:24に通過

215-nl3-210301-23 2021/3/1 恵比寿 上記の列車の折り返し回送列車は8:54頃、恵比寿を通過していました。

185-a8-210301-4 2021/3/1 恵比寿 185系A8編成による「おはようライナー」は8:54に恵比寿を通過していました。ちょうど215系の回送列車とすれ違うこともありました。まさに2021年3月改正で消える列車同士のすれ違いでした。

185-a7-210305 2021/3/5 原宿 185系A7編成

185-a6-210308 2021/3/8 恵比寿 185系A6編成

そしてダイヤ改正以降は
Dsc02598 2021/3/15 215系からE257系編成となった特急「湘南」 E257系2000番台NA-13編成(元M-116編成) 通過時間は同じ

Dsc02637 2021/3/15 恵比寿 E257系2000番台NA-06編成(元M-108編成) 改正前は185系編成だった列車 通過時間はほぼ同じ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2020年7月16日 (木)

伊豆方面特急に進出したE257系改造車

E257系はJR東日本が2001年から2005年にかけ、日立製作所笠戸事業所、近畿車輛、東急車輛製造に発注し、製造した系列で

E257-m101-131231-2
2013/12/31 甲府 M-101編成

E257-m201-070324 2007/3/24 塩尻 M-201編成

E2570

0番台は基本編成9両(5M4T)16本(M-101~M-116)、付属編成2両(1M1T)5本(M-201~M-205)が製造され、「あずさ」、「かいじ」、「中央ライナー」、「青梅ライナー」、松本~長野間の快速列車に使用されてきましたが、2019年3月16日のダイヤ改正で定期運用は終了しました。                        

Dsc06077 2020/1/11 西立川 定期運用終了後、JR東日本八王子支社による快速「成田山初詣青梅号」に使用されるM-105編成

定期運用終了後は基本編成3本(一時的に4本、M-102, M-105, M-107, M-111)が大宮総合車両センター東大宮センターに常駐し、関東地区の波動輸送に充当されるようです。

E257-n13-200420-2
2020/4/20 東京 NA-13編成による特急「踊り子7号」

E2572000

これら以外の編成は半室グリーン車サロハを全室タイプに改造、他の車両の機器更新、発電ブレーキの撤去、シート交換、コンセント新設等のリニューアルが行われ、2000番台に番号を改め、特急「踊り子」として運用されている185系・251系を置き換えて行く予定です。
転用改造は秋田と長野で進められており、これまでに
NA-09 (M-112), NA-03 (M-103), NA-10(M-113), NA-04(M-104), NA-06(M-108), NA-08(M-110), NA-07(M-109), NA-13(M-116), NA-05(M-106)が2000番台となっています。

E257系0番台の付属編成5本に関しては現在、運用に就く目途がなく、長野総合車両センターに留置されており、M-203編成は「譲渡車両の為、部品取り禁止」の張り紙があり、M-205編成は塗装試験なのか、黒色塗装され話題となっています。
(追記、2020/8/18 鉄道ダイヤ情報によるとM-201~205編成に関しては2020/6/15付で除籍となったそうです)。

E257500-nb01-090815 2009/8/15 成東 NB-01編成

一方、房総方面特急用として5両編成(3M2T)19本(NB01~NB19)が日立製作所笠戸事業所、近畿車輛、東急車輛製造で製造された500番台2004年10月16日のダイヤ改正から「さざなみ」「わかしお」に投入、2005年12月10日のダイヤ改正からは「しおさい」「あやめ」に投入され、それまで運用されていた183系、189系特急を置き換えました。

E257500

しかし、2015年3月改正で横須賀線のライナー廃止、北総特急「あやめ」の廃止、房総・北総特急「わかしお」「さざなみ」「しおさい」の本数見直しが行われ、9本が余剰となりました。同改正で総武線ライナーへの投入、255系機器更新の予備編成としての活用もありましたが、2018年3月から豊田車両センターの189系が担っていた河口湖方面への波動輸送を受け持つことになり、

Dsc06060
20201/10 新宿 幕張に籍を置いたまま豊田に常駐となり、中央線内でよく見かけるようになったNJB-10編成

NB-10~NB-12編成が所属は幕張センターのまま、豊田車両センター常駐となりました。

さらにこちらも伊豆方面特急に投入されることが明らかとなり、NB-07編成が秋田で2500番台転用改造され、オオNC-32編成として大宮総合車両センターに転属しました。NB-06編成も同様も転用のためか、秋田に入場中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2018年9月 1日 (土)

速報版 信州公園保存車両巡りの旅 その1 

8月も終わり、2018年のこの狂ったように暑い夏はどうなるのか、ここ数日はゲリラ豪雨が各地で発生し、ここ数年の気象状況の異常さを痛感しています。

さて、以前コメント欄でも書きましたが、31日金曜日から2泊3日の予定で中央線から信州へ、長野電鉄に乗り、帰りはしなの鉄道から軽井沢、碓氷峠、信越本線、高崎線と廻る旅をしています。

表題にもあるように今回は長野県内に保存してある車両を見て回るのがメインです。

Dsc07084 2018/8/31 茅野駅東口 C1267号機

初日は茅野駅東口のC1267号機を皮切りに

Dsc07132

Dsc07164 今年4回目の花火大会の準備で忙しい、諏訪湖畔のD51824号機
上諏訪駅から歩いて10分ほどでした。

Dsc07165
駅に戻るとE353系のS114編成の試運転に遭遇。早くも14編成目まで登場という感があります。

Dsc07196
続いて下諏訪駅から歩いて8分ほどの町役場横のあすなろ公園に保存されているC12171号機

次のターゲットまでは駅まで戻ること無く直接行った方が早そうなので歩くことに

Dsc07221

ここからが今日の長距離歩行の始まりで、諏訪湖岸の岡谷市民総合体育館側に保存されているD51349号機
北海道特有の切り詰めたデフレクターとギースルエジェクターが特徴の機関車でした。

Dsc07217

この辺りから左手に見えるのが上諏訪の方向、天気が良ければ富士山も見えるそうですが
因みに諏訪湖1周は16kmだそうです。

Dsc07241 釜口水門

さらにおよそ1.6km、諏訪湖から天龍川が流れ出す釜口水門まで歩き、

Dsc07250
水門建設工事でのトロッコ輸送に活躍したプリムスも記録

この辺りで雨がかなり降り出しましたが岡谷駅まで無事到着。
ここら辺は中央東線の単線区間なので1つの列車が遅れるとそれが上下列車に波及して行きます。

Dsc05631
塩尻駅から歩いて5分ほどの市役所構内に保存されているD51155号機を記録
この頃には天候も回復して夏の太陽が照りつけていました。駅の側で昼食後、篠ノ井線の松本行きに乗車

Dsc05659
E257系あずさ、かいじからの撤退が発表されており、松本でしか見られないこの姿も貴重な記録かと

Dsc05685
つづいて明科駅から歩いて8分ほどの安曇野市龍門淵公園に保存されているC56124号機

Dsc05709 桑原信号所で上りしなのの通過待ち

またぞろ、雨が激しくなり、姨捨、桑原信号所でのスイッチバック運転は大雨の中となりましたが、運転士が反対側の運転台に移動すること無く逆行運転するのは初めて見ました。

Dsc05732
最後はちょっと分かりづらい場所にあり、日没との競争で慌てましたが、篠ノ井支所(旧篠ノ井市役所構内)のD51921号機を撮影して、本日の予定は無事消化できました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年8月31日 (木)

小湊鉄道キハ5800形公開イベント その1 五井まで

8月26日の東京総合車両センター公開に続き、8月27日日曜日は青春18切符、最後の1枚を使って、市原市五井まで足を伸ばし、小湊鉄道のイベント、「キハ5800形気動車公開」に行ってまいりました。

以前、木更津まで出かけた際に五井で小湊鉄道の気動車を撮影したことはありましたが、小湊鉄道のイベント参加や乗車のための五井訪問は初めてでした。

E257500_nb12_170827
170827 2017/8/27 錦糸町

行きの行程。錦糸町での乗り換えの際に「新宿さざなみ1号」といった特急も見かけました。愛称に「新宿」と着く房総特急は同3号の他、「新宿わかしお」もあるようですね。

かつて千葉方面各線へのDC急行は新宿や両国発だったなとふと思い出し、

58_7403 1974/3 錦糸町

183 撮影年月日不詳 錦糸町

かつて錦糸町駅で撮影した列車を思い出してしまいました。
錦糸町から内房線君津行き快速で48分で五井に到着。

Dsc08188 五井駅はJR改札の中に小湊鉄道の改札があり、3,4番線がホームとなっています。今日はこちらへは向かわず、

Dsc08186
JRの改札口を出て、山側に向かいます。

170827_2
跨線橋からは小湊鉄道五井機関区の全景を見ることができます。左から2両目の庫の中にいる車両が本日公開されるキハ5800です。

170827_3
五井駅東口、かなり時代を感じさせる佇まいです。

170827_4
この案内に従って進むと既にかなりの長い列が

170827_5
170827_6
列は2段構成になっており、最初に記帳の列にならび、名前、住所、人数、このイベントを如何にして知ったかに答えて、入場券購入の列に並びます。

Photo
入場券は2つの図柄の硬券があり、2枚とも購入し、入場しました。
続きは明日の記事にて。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年7月 1日 (土)

速報版 秋田旅行 その1 「あずさ2号」で東京駅へ

6月30日から、7月2日までの予定で、秋田県に旅行に来ています。

今回の旅行は、家内と家内の母(87歳)の3人連れの旅行です。

初日は東京駅までの朝の中央線快速の混雑を考慮して、国分寺から立川まで一旦戻り、「あずさ2号」で東京へ、東京から「はやぶさ・こまち13号」(東京発10:20)で秋田へ(14:08着)、といった行程でした。

能代が私の父親の郷里であり、秋田へは1996年5月以来となりますが、これまでは秋田空港を利用しておりましたので、秋田新幹線を利用しての来秋は初めてとなりました。

初日は秋田駅でのレンタカーを借りだし、横手、湯沢方面へドライブと考えていたのですが、疲れもあり、ホテルへ直行、私は秋田駅にスポッティング、家内は先週公園散歩、義母はホテルで休息となりました。

<一橋学園から東京へ>

私ひとりの旅行だったら、中央線快速の混雑など気にせずに東京駅に向かうのですが、87歳の義母の体力を考慮しての行程、国分寺から一旦、立川に向かい、立川で8:41発の「あずさ2号」(5052M)で東京に向かうことにしました。この列車、松本を6:08に出発して、新宿に9:12、東京に9:26に到着する中央線の上り1番列車の長距離列車で、E257系9連に2連の付属編成を連結した11連で、

E257m112_2_170630
自由席は3,4,5号車でした。立川駅から乗車する人も結構あり、自由席は立川出発時点で満席、デッキにも立ち客がいるほどでした、家内と義母には追加料金を払い、2号車指定席に移って貰いました。

E257m112_2_170630_2_2
新宿駅でかなりの人が下車したので、新宿~東京間は私も着席することが出来ました。

E257m112_2_170630_2  
E257m112_2_170630_10
私も立川~東京間で特急車両に乗車するのは初めてで、さらにE257系も今回初めての乗車となりました。

中央快速線内で線路内に落としものがあり、その回収のために前を走る車両が遅延し、東京着は10分ほど遅れての到着となりましたが、まずは問題なく、東京駅新幹線ホームまで到着となりました。

E257_m103_160418 2016/4/18 千駄ヶ谷

東京駅に到着したE257系11連は、折り返し運用には入らず、三鷹あたりまで回送されるようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年2月15日 (水)

幕張車両センターフェスティバル(マリフェス)2016 その2 E257系500番台

2016年11月26日、JR東日本幕張車両センターで開催された通称「マリフェス」、第2回は2004年10月16日のダイヤ改正から、183系、189系に代わって投入されたE257系500番台について触れようと思います。

E257_nb13_161126_3 2016/11/26 幕張車両センター NB-13編成

イベントでは3編成、NB13, NB02, NB11編成を見ることが出来ました。

現在、幕張車両センターには19編成のE257系500番台が所属しています。普通車のみの5両編成で、

←銚子・館山・安房鴨川          東京・新宿→

      5           4           3          2          1
     10           9           8          7          6
クハE257  モハE257 モハE256 モハE257 クハE256
  -500           -500         -500       -1500       -500
    52             72             64            54            64
トイレ                       トイレ  車椅子対応
洗面所           洗面所 座席・トイレ
                TEL   洗面所
                    社販準備室
                    多目的室

CP      VVVF PT VVVF/SIV  VVVF/PT SIV/CP

構造は「あずさ」や「かいじ」に使用される0番台を基本としているものの、車内設備や搭載機器に違いがあり、MT比は地下トンネル内の勾配区間対応で3M2Tとなっているため、500番台と区分されました。

E257_nb02_161126_2 NB-02編成

車体カラーはホワイト:房総の浜辺の白砂、ブルー:太平洋、イエロー:明るい陽光と菜の花を基調にしました。

E257_nb11_161126 NB-11編成は休憩用車両となっており、車内を見学することができました。

E257_nb11_161126_2 ガラス越し写真ですが、運転席

E257_nb11_161126_2_2 客室内

E257_nb11_161126_7 座席

E257_nb11_161126_4 タッチセンサー方式のドア

E257_nb11_161126_2_3 床下機器類

補助電源用210kVAのSIVとVVVF

E257系基本番台の方はE353系の投入により置き換えが報道されています。500番台の方は2015年3月14日のダイヤ改正で千葉・房総地区の特急列車が削減されたことで9本の余剰車が発生しているそうです。ホームライナーに2本使用されるため、7本の今後の活用に関しては未定とのことです。

E257_pbcap_161126_2
最後はおまけでペットボトルのキャップで点描法式に描いたE257系500番台の顔です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス モノレール 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:京阪電気鉄道 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:山陽電気鉄道 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 民鉄:阪急電鉄 民鉄:阪神電気鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000系 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 気動車キハE200系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨車・貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF67 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車383系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車5000系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車8000系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車8600系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E129系 電車E131系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E261系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村